« 足助夏まつり2013 | トップページ | 香嵐渓の灯篭流し »

2013.08.21

トム・ヴィンセントさんが足助に!

先日、日本のすばらしさを海外に発信してくださっている、トム ヴィンセントさん が足助にきてくださいました!

▼トム ヴィンセントさん(colocal)
http://colocal.jp/topics/think-japan/innovators-intaview/20120302_4641.html
↑日本のいいもの、面白いものを世界に発信する
 「トノループネットワークス」代表を務める
 トム・ヴィンセントさん。
 イギリス出身のトムさんは、経済産業省の
 地域活性の政策に関わるなど、
 これまでさまざまな地域の活動に携わってきた。

▼トノループ
http://www.loopto.com/jp

今回は竹をテーマにということでしたので、竹に縁のある方々のところを中心にご案内しました。

まずは、たんころりん仲間の玉田屋旅館さんへ。竹の話をしていたら、そういえば昔竹ヘルメットを作る工場をやっていたという話題が飛び出してきました!!

これがその竹ヘルメット。当時、製造方法の特許を取得されていたそうです。

13081801

ほぼ日でも話題になっています!

▼江戸が知りたい。
 東京ってなんだ?!(ほぼ日刊イトイ新聞)
http://www.1101.com/edo/2003-10-24.html

続いて、たんころりんのお菓子を作っていらっしゃる風外さんへ。パッケージが竹カゴなんですよね。

13081802

そして、たんころりんの会会長を訪ね、たんころりんの本拠地へ!みんなで毎晩、賑やかに活動している場を、トムさんも大変気に入ってくださった様子でした!!

13081803

ここからさらに、たんころりんの会のたまり場でもある、さかたやさんに場所を移し、たんころりん談義に盛り上がりました。

どこに行っても、予想以上に話が盛り上がったため、広瀬重光刃物店さんにはお昼を過ぎた頃に伺うことになりました。ナタなど、竹を加工するのに使う工具をいろいろと作っていらっしゃるのですよね。

13081804

そんなわけで、そのまま場所を2階に移して、ランチはライブカフェ足助のかじやさんでいただきました。

オーナーが、K.ヤイリギター「足助のかじやさんモデル」で「たんころりんの町」を歌ってくださるというサプライズもありました。ありがとうございました!!

ここではトムさんから、イギリスと日本の文化の共通点など、興味深いお話を伺いました。

イギリスにも土壁があり、茅葺き屋根とほとんど同じような屋根の作り方があるのだそうです。しかも調べてみると使う道具が同じだとか。偶然の一致なのでしょうかね?


その次は、足助商工会青年部部長としてがんばっていらっしゃる加東家さんへ。直接竹と関係があるわけではないのですが、足助でがんばっている若い人たちとつながってもらえると良いなと思ったので。

13081805

最後はいろは竹工所さん。日本の竹文化の象徴とも言える、矢について詳しくお話を伺うことができました。

私自身も、いろはさんから弓矢の仕事について詳しいお話を伺うのははじめてだったので、良い刺激を受ける機会になりました。

13081806

今回のトムさんの足助訪問は、大変急な話だったのですけど、みなさん快く時間を割いて対応してくださいました。

ありがとうございます!!

トムさんには、「足助を好きになった。」と言っていただいて、うれしかったです!

また、ときどき来てくださるそうですので楽しみにしてます!!

|

« 足助夏まつり2013 | トップページ | 香嵐渓の灯篭流し »

足助暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/58033677

この記事へのトラックバック一覧です: トム・ヴィンセントさんが足助に!:

« 足助夏まつり2013 | トップページ | 香嵐渓の灯篭流し »