« 「足助の町並みのデザインを考える」連続講座 | トップページ | 豊田市美術館たんころりんワークショップ本日受付開始! »

2013.08.06

足助病院で河合正嗣さんの絵画展開催中

8/31(土)まで、足助病院で河合正嗣さんの絵画展が開催中です。

13080601

▼河合正嗣 絵画展 2013
http://www.xn--2013-4j1gi2h9zq4k4amqcd95a4vu.net/

▼Masashi Kawai OFFICIAL WEB SITE
http://www.masashi-kawai.jp/

▼足助病院
http://www.jaaikosei.or.jp/asuke/

一般公開鑑賞については、事前予約が必要だそうです。

8/5(月)~8/9(金)まで、下記のページで一般公開第2次予約を受付中です。

▼『河合正嗣絵画展2013』 一般公開 第2次予約申込み
https://business.form-mailer.jp/fms/5f31fcc524454


朝日新聞DIGITALに、関連記事が掲載されていました。

13080605

▼筋ジスの河合正嗣さん、60人「ほほ笑み」絵画展 愛知
 (朝日新聞DIGITAL)
http://www.asahi.com/national/update/0801/NGY201308010001.html
↑全身の筋肉が衰えていく難病の筋ジストロフィーと向き合う
 河合正嗣さん(34)=愛知県豊田市羽布町=が描いた
 60人の「ほほ笑み」の肖像画など80点を紹介する絵画展が、
 足助病院(同市岩神町)で始まった。
 タイトルは「その現実、受け容(い)れませんか?」――。


7/4(木)には、EテレのハートネットTVで、ドキュメンタリー映像が放映されました。

13080604

▼SMILE ―河合正嗣さん一家の記録―
 (EテレハートネットTV)
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2013-07/04.html
↑文化庁芸術祭を受賞し国際エミー賞にノミネートされた
 「この世界に僕たちが生きてること」から7年、
 続編のドキュメンタリーを制作することになりました。
 その人の描くほほえみの鉛筆画は限りなく薄いけれど、
 柔らかく輝きに満ちています。

足助病院については、下記のページで、「「医療に特化するのではなく、住民の生活全般を支える病院でありたい」と早川院長は語る。」と紹介されています。

▼【JA愛知県厚生連足助病院】「生き方」が地域をつくる
http://www.jacom.or.jp/tokusyu/2013/tokusyu130726-21751.php
↑・生活全般を支える病院に
 ・折り合いを付ける生き方
 ・病院は「楽しい場所」
 ・どこで最期をどう迎えるか

こういう病院が、この地域にあり続けてくれることに感謝!


|

« 「足助の町並みのデザインを考える」連続講座 | トップページ | 豊田市美術館たんころりんワークショップ本日受付開始! »

足助暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/57937377

この記事へのトラックバック一覧です: 足助病院で河合正嗣さんの絵画展開催中:

« 「足助の町並みのデザインを考える」連続講座 | トップページ | 豊田市美術館たんころりんワークショップ本日受付開始! »