« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.26

あすけ通信:足助地域会議からの提言

豊田市役所足助支所からの依頼で、「あすけ通信」のボランティア編集委員をやることになりました。

「あすけ通信」は足助出身者が足助とつながりを持ち続けるための情報誌で、平成24年度から期間を3年間とした、足助地区地域予算提案事業です。

この事業は、第3期足助地域会議からの提言で、実施することになりました。(私自身は第3期足助地域会議委員ではありません。)

▼足助地域会議(豊田市サイト)
http://www.city.toyota.aichi.jp/chiikikaigi/asuke/index.html
↑豊田市では、豊田市地域自治区条例に基づき、
 地域社会の住民自治力(地域力)を高めるため、
 市民とのパートナーシップのもとで最も効果的、
 効率的に地域課題の解消を図り、自信と誇りの持てる地域づくりを目指し、
 地域会議を設立しました。

その背景、位置づけなどが足助地区まちづくり・地域づくりイベント「シャングリラ足助2012」での発表資料に記載されていますので、紹介いたします。

▼シャングリラ足助2012のUSTREAM配信
http://asuke.air-nifty.com/blog/2012/04/2012ustream-441.html
↑シャングリラ足助2012の様子はUSTREAMで配信しています。

----- 以下、「シャングリラ足助2012」の発表資料です。-----

■足助地域会議からの提言

来年度から新たに始める提言事業についてご説明します。
若者が住み続けられる足助をめざすというテーマについてですが、昨年度から取り組んでいるテーマです。
これまで説明してきた事業では、それぞれ、生活環境の改善、移住者の受け入れの仕組みなど、人口増を根底のテーマとしています。
第3期地域会議では、若者をターゲットとし、若者のUターン、Iターンを促進させる事業を検討してきました。
12062601


しかし、そもそも、何故若者定住を促進しているのでしょうか。
12062602

こちらのグラフをご覧ください。
こちらのグラフは、豊田市における各年代の人口が総人口に占める割合をグラフ化したものです。
そして、この折れ線グラフに足助のグラフを重ね合わせます。
豊田市の年齢構成と大きな差を作っている年代が3つあることに気づきます。
まず、1つ目は、20代から40代までの年代です。2つ目は、10代以下の子どもの年代です。
そして、3つ目が、70代以上の高齢者の年代です。
いかがでしょうか。今後の足助を担う20代から40代の世代が低く、少子化と高齢化が一層進展していくことが予想されるのではないでしょうか。
12062603

こちらの表をご覧ください。
足助における平成15年と平成23年での人口の比較です。8年間でおよそ千人の人口減少が起こっています。毎年、約120人もの人口が減り続けています。
12062604


次に人口減少の内訳を見てみましょう。
なんと、14歳までの人口が、減少の4割以上を占めています。足助で生まれ、育つ子どもがどんどん減っています。
今、足助では若年層の劇的な減少が起こっており、このまま推移すると足助地区の将来がたいへん憂慮されます。
この減少を食い止めるためにも、20代、30代の若者が足助に住み続けられるようなまちづくりが必要です。
12062605


そして、昨年度、若者たちが何を考え、何を思っているかを確認するため、若者と懇談会をしたり、新成人を対象としたアンケート調査を行いました。
12062606


この若者との意見交換を通じて、若者が足助に戻ってこれるためのアイデアを、5つの視点で考えてみました。
「地域の魅力」、「つながり」、「住宅」、「買い物」、「働き場」という5つの視点です。
これらの視点から前回のシャングリラ足助では、幾つかの事業の素案を提示し、地域づくり懇談会を行いました。
12062607


昨年度開催しました地域づくり懇談会では、足助に住む若者をパネラーとして呼んで、魅力的な足助にするにはどうしたら良いかを語り合いました。
また、会場の皆さんからも大変活発にご意見が出されました。
そして、外にいる若者との「つながり」の継続、若者が転入してこられる「場所」、帰ってこられる「場所」をつくることが大事ではないかというまとめとなりました。
12062608


そこで、まず「つながり」の大切さに注目しました。
話を聞いた若者の多くは、足助から積極的に出て行きたいというわけではありませんでした。
若者たちは、足助の仲間とのつながりを保ちたいという思いを持っています。
しかし、進学、就職、結婚などの人生の節目毎につながりがどんどん薄くなっていき、やがてはつながりが無くなってしまうという状況がよくあるのではないでしょうか。
つながりがなくなってしまうと、帰ろうとしたときに帰りづらくなってしまうものです。
つながりを継続することで、足助に帰る若者、足助に気楽に訪れる若者が増えれば素晴らしいことではないでしょうか。
そこで、考えた事業が足助通信です。
12062609


足助通信によるUターン促進事業では、足助出身の若者を対象として足助の情報誌を送付します。
足助の懐かしい話題、心温まるような出来事や同世代で足助に住んでいる若者がどのように足助に暮らしているかなどをお知らせするものです。
外にいても足助との関係を継続させ、若者が足助に戻ってきやすくする試みです。
また、足助通信の紙面を利用して同窓会の開催連絡を行ったり、同窓会の連絡ハガキを郵送したりなどを行い、同窓生同士のつながりを強めます。
さらに、足助通信の内容をメールマガジンなどの若者に身近な媒体を利用して、より足助を身近に感じられるようにしていきます。
来年度から事業実施予定です。是非、この事業にご賛同いただき、ご協力いただきますようお願いします。
12062610

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.07

笑顔のキップ:震災を経験した子どもたちに

今、足助交流館、足助商工会、お菓子司風外さん、モグモグキッチンさん、カットスペースシブヤさんなど、足助の各所で小冊子「笑顔のキップ」を配布してもらっています。

12051601

12060710

これは、Tシャツ型の画用紙に絵やメッセージを描いて展示する、震災応援イベント「笑顔の展覧会」を、被災地で開催した際、チーム3ミニッツのスタッフが現地で復興にがんばっている人たちから伺ったお話をまとめたものです。

赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」の助成を受け、被災を経験した子どもたちに、10年後に読んでもらいたい本として作成したそうです。

みかけたら、是非、手にとってみてくださいね!

▼笑顔の展覧会
http://www.t3m.asia/
↑「笑顔のキップ」のPDFファイルが
 ダウンロードできます。

▼足助交流館
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~ph-asuke/

▼足助商工会
http://akibito.jp/shokokai/

▼お菓子司風外
http://asuke.info/modules/gnavi/index.php?lid=68

▼モグモグキッチン
http://mogmog.jp/

▼カットスペースシブヤ
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/amago2/


「笑顔のキップ」を追加でもらえないかという、うれしい連絡が予想以上にあって、チーム3ミニッツに相談したのですが、本部には残っていないとのことでした。

しかし、配布先に連絡をとってくださり、福島県男女共生センターにある分から送ってもらえることになりました。

▼福島県男女共生センター
http://www.f-miraikan.or.jp/pub/top.aspx

福島県男女共生センターには、東京在住の弟が寄付してくれたガイガーカウンターをお送りしています。

▼ガイガーカウンター
http://bit.ly/LufXFX

それを、現地でしっかり活用してくださっていると、福島男女共生センターのスタッフの方からうれしいメールが届きました。

一部を抜粋して紹介させていただきます。

----- メール紹介ここから -----

 お世話になっております。
 先日はガイガーカウンターを
 お送りくださりありがとうございました。
 しっかり活用させていただいております。
  :
 笑顔のキップを、高木様に(お教えいただいたご住所に)
 お送りいたします。
  :
 
 震災から1年が経ちました。
 福島県は放射能の関係で、雇用や生き方など
 多方面で問題が出て きている中、
 高木様や太田さんのように、
 本当に心からの支援を
 いまもお送りいただき大変感謝しています

----- メール紹介ここまで -----

私など、ほんとにわずかな行動しかできておりません。

このようなメールをいただくことに、こちらこそ感謝したい思いです。

また、その後いただいたメールには、「いち福島県民としての声を皆さんにお伝えできるのでしたらとても嬉しく、大変ありがたいです。」とありましたので、引き続き紹介させていただきます。

----- メール紹介ここから -----

 私たちは、日本全国の皆さんからたくさんのことを
 していただいていますが、
 御礼の一言もお伝えできていないです。

 お送りしたメールの内容が、御礼を申し上げたことには
 ならないことは重々承知して いますが、
 いち福島県民としての声を、高木様を通じて
 皆さんにお伝えできるのでしたらとても嬉しく、
 大変ありがたいです。

 いろいろとありがとうございます。
 
 福島の人たちは、見えない大きなものを
 抱えたような気持ちで、日本全国の他の地域の
 皆さんたちと変わらず、怒ったり悲しんだり
 喜んだり笑ったりして暮らしています。

-----

 当センターのホームページリンクまでしていただいて、
 ありがとうございます!

 ご存じかと思いますが、センターでも
 笑顔の展覧会を継続展示中でして、その様子も紹介しています。
 http://www.f-miraikan.or.jp/pub/topics/svTopiDtl.aspx?servno=1323

 センターには、全町避難となった
 浪江町の役場が移転しておりまして、
 その関係で浪江町の方が毎日大勢いらっしゃり、
 多くの浪江町の方が、作品をながめているのです。

 ですので、浪江町役場があるうちは
 ずっと展示したいなと、太田さんに相談しまして、
 OKいただいてい継続展示しています。

 高木さんには、県外の全国の皆さんとの
 つながるきっかけを作ってくださって
 ありがとうございます。

 なお、ブログの足助の紅葉の風景、とても綺麗ですね!
 太田さんが「足助は素晴らしい」とおっしゃったことが
 とてもよくわかりました。

 今後ともどうぞよろしくお願いします。
 
----- メール紹介ここまで -----

笑顔の展覧会の、継続展示、大変うれしいです。
毎月のように入れ替えてくださっているんですね。

大勢のみなさんに作品を見ていただけていることを実感できました。
ありがとうございました!!

チーム3ミニッツの太田空真さんは、昨年5月に足助ではじめて「笑顔の展覧会」を開催する際に、手伝いに来てくださって以来、何度も足を運んでくださっています。

▼笑顔の展覧会@足助(5/15)の様子
http://asuke.air-nifty.com/blog/2011/05/515-c703.html

いつも「笑顔の展覧会」のときなので、何のおかまいもできずにおりました。

それでも、「足助は素晴らしい」と言ってもらえて、よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.05

ラファエル・ナバス展 蔵の外

先日伺った、マンリン蔵の中ギャラリーでは、「ラファエル・ナバス展 蔵の外」が開催中でした。

▼ラファエル・ナバス展 蔵の外
 (蔵の中ギャラリー)
http://kuranonakagallery.com/kikaku.html
↑2012年5月25日(金)~6月20日(日)
 スペイン生まれで常滑に暮らすラファエル・ナバスさん。
 どんな素材も自由自在。
 多彩な技で、ドローイング、版画、ガラス絵、布オブジェ、
 鉄、木工作品、陶芸など、
 楽しくてユニークなアートの世界を生み出します。
 そんな色々が、ナバスさんの頭から蔵の中へ、
 いえいえ、蔵の外まで出ていきます。
 お楽しみに!

12060501

企画展のタイトルが「蔵の外」となっていたので、どういうことなんだろうと思っていましたが、作品が展示されているのは、やっぱり「蔵の中」でした。

「楽しくてユニークなアートの世界を生み出します。そんな色々が、ナバスさんの頭から蔵の中へ、いえいえ、蔵の外まで出ていきます。」ということだったんですね。

ほんと、さまざまな素材を使った楽しい作品がいっぱいでしたよ!!

12060502

12060503

12060504

12060505

12060506

12060507

12060508

三河の山里だよりでも、紹介されていますね!

▼足助のマンリン書店で「ラファエル・ナバス」展が
 開催されています(三河の山里だより)
http://yamazato.aichi-kouryu.jp/2012/06/navas/
↑いつも季節に合わせて、オリジナリティあふれる
 展示をされているマンリン書店さん。
 今回は強くなった日差しに良く似合う陽気な作品が魅力の
 「ラファエル・ナバス」さんの作品です。
 香嵐渓も緑の鮮やかさが一層美しくなり、
 木蔭を歩くのが楽しい季節となりました。
 新緑の間を通ってくる涼しい風を感じた後には
 アートに触れてひとやすみ。
 自分だけのお気に入りを探しに、蔵の中を覗いてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »