« あすけウオーク「足助の古い町並みと中馬のおひなさん」の様子 | トップページ | 愛を知る絆~命の尊さ~復興支援講演会(3/6) »

2012.02.21

足助のかじやさんでクワを修理

足助のかじやさん:広瀬重光刃物店で、クワを修理してもらいました!

12022101

こうして修理してもらえば、いつまでも使い続けられますね。
ありがとうございます!

広瀬重光刃物店さんは、昭和27年に政府依頼の講和記念の日本刀を作られたそうですよ!

▼広瀬重光刃物店
http://www.kajiyasan.com/hamonoten.html
↑江戸末期より190余年、6代続く鍛冶屋の老舗。
 鉈や鎌、鍬など山仕事で使われる野鍛冶として始まり、
 代々受け継がれた技は刀匠としても指折りで、
 昭和27年には政府依頼の講和記念の
 日本刀もつくるなど大仕事もしてきた
 (銘:長運斎重光 通称・足助重光)。
 現在は、5代目雄一と6代目明史の手によって
 包丁、ナイフ、鉈、鎌などの手打刃物の
 製作、又農具などの修理、刃物の砥ぎ・修理
 なども行っている。

足助のかじやさんの出張販売で購入した鎌を使用中の母は、「適度に重さがあって、よく切れる。前の鎌に戻る気になれない。」と言ってました。

さすが、刃物職人の製品ですね!!

足助観光協会Blogには、足助屋敷で職人技を披露する、若き7代目鍛冶屋さんを撮影した動画が公開されています!

▼三州足助屋敷では????(足助観光協会Blog)
http://www.hyakunensou.co.jp/asuke/2012/02/post_243.html

Untitled from asuke_kankou on Vimeo.



現在に至るまで、鍛冶屋の職人技を、こうして引き継いてくださっていることに感謝です。

-----

広瀬重光刃物店さんの、店内をパノラマ写真で撮影させてもらいました。

▼広瀬重光刃物店(360度パノラマ)
http://www.pixeet.com/pano/EEDX9D7C
12022102

中馬のおひなさんで店内に展示中のおひなさんは、60年前のものだそうですよ!

12022103

|

« あすけウオーク「足助の古い町並みと中馬のおひなさん」の様子 | トップページ | 愛を知る絆~命の尊さ~復興支援講演会(3/6) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/54042328

この記事へのトラックバック一覧です: 足助のかじやさんでクワを修理:

« あすけウオーク「足助の古い町並みと中馬のおひなさん」の様子 | トップページ | 愛を知る絆~命の尊さ~復興支援講演会(3/6) »