« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.25

足助商工会ホームページ研修会

足助商工会ホームページ研修会の講師を務めさせていただきました。

無事、終えることができ、ホッとしました。

P1000660

参加してくださったみなさん、ありがとうございました!!


昨年私は、足助商工会の紹介で、あいち産業振興機構のBtoBWebマスター養成講座を受講しました。

08120901

▼BtoB Webマスター養成講座
http://www.aibsc.jp/tabid/457/Default.aspx
↑講師は株式会社創の村上肇さん

▼受講風景
http://www.aibsc.jp/joho/B2Bsemina/20B2B/9.25.htm
↑上から3枚目の写真に写っています。

▼懇親会風景
http://www.aibsc.jp/joho/B2Bsemina/20B2B/11.14sinboku.htm
↑上から3枚目の写真に写っています。

その成果として、下記のサイトを立ち上げています。

▼多軸同期.COM
http://www.tajiku.com/

この過程で学んだこと、実践したこと、そして、これまでにブログやメルマガ発行を通じて体験したことなどをベースとして、以下のような内容で、1時間ちょっとの間、お話をさせていただきました。

-----

■足助商工会ホームページ研修会

◎ホームページで誰に何を伝えるか
 ホームページの設計と運営

 ホームページを自分たちで作るにしても外注するにしても
 デザインや制作技術が優れているだけではダメ
 ホームページを商売に役立てるには内容が問題
 特に誰に何を伝えるかが大切
 それを人に考えてもらっていてはダメ
 自分たちの商売なんだから自分たちで考えなきゃ
 自分たちの商売のことは自分たちが一番知っていないと

1.ホームページを商売に役立てよう
 ホームページの活用にはまだまだ大きな可能性がある
 ホームページは有名企業か、中小企業か、個人かなんて関係ない

2.誰に何を伝えるか
 お客さまに、役立つ情報を伝える
 どういうお客さまに、どういう役立つ情報をつたえるの?
 お客さまの困りごとを解決して自分たちもハッピーに!
 ホームページは将来のお客さまによろこんでもらうように作る

3.ホームページの設計
 ホームページの骨子を作る/サイトマップを作る/ラフスケッチを作る
 ホームページ設計のポイントはお客さまの視点で考えること

4.ホームページの運用
 アクセス解析/キーワード/アクセスアップ

-----

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.03.10

香嵐渓のカタクリの花が開花!

足助観光協会ブログによると、香嵐渓のカタクリの花が開花しているそうです!!

3月7日で20輪咲いていたとのことですので、例年に比べてずいぶん早めの印象です。

09031001

▼カタクリの花 開花!!(足助観光協会ブログ)
http://www.hyakunensou.co.jp/asuke/2009/03/post_27.html
↑2009年3月07日 「飯盛山の北斜面に1、2輪、西斜面
(太子堂を少し登った斜面)に大体20輪くらい咲いていました。」

▼カタクリの花は今・・・(足助観光協会ブログ)
http://www.hyakunensou.co.jp/asuke/2009/03/post_30.html
↑2009年3月10日 「ぱっと見た感じでは、西斜面に関しては、
 1割程度の開花です。」

昨年はどうだったかなと、振り返ってみると、3月15日の時点で、「花が咲きだすのはもう1週間から10日ほどでしょうか。」ということでした。

▼香嵐渓カタクリの花情報(3/15)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2008/03/315_a95c.html
↑2008年3月15日「花が咲きだすのはもう1週間から10日ほどでしょうか。」

一昨年はというと、3月9日に「3、4株開花」でした。

▼香嵐渓カタクリの花開花情報
http://asuke.air-nifty.com/blog/2007/03/post_c9ad.html
↑2007年3月9日 3、4株開花

2005年、2006年は、3月中旬が開花となっています。

▼カタクリの花咲き始め
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/03/post_cb15.html
↑2006年3月15日開花

▼カタクリの花開花!
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/03/post_15.html
↑2005年3月18日 2輪開花

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.09

季節外れのクワガタ虫

薪割りをしていたら、中からクワガタ虫が出てきました!

ひとまず、虫かごの中へ。

P1000595

安眠を妨げてしまったようですね。

もうちょっとあたたかくなったら、山に帰してやろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.08

新盛里山耕流塾のご案内

足助の新盛里山耕流塾関係者の方から、来年度のコースのご案内が届きました。

お名前を掲載しなければOKということで、メール全文についての転載許可をいただきましたので、以下に紹介させていただきます。



----- いただいたメールここから -----

■ご案内とお願い(新盛里山耕流塾について)

高木様

はじめまして。
私、足助の新盛里山耕流塾のお手伝いをさせていただいている
○○と申します。

いつも「足助からの便り」を楽しく拝見させていただいています。
薪ストーブの様子はおいしそうで・・・
(また、足助のことを知るのに、高木さんのブログを
よく参考にさせていただいていました。)

さて、件名についてですが、
以前、足助支所の方から新盛里山耕流塾の山遊びコースについて
ご案内をお送りし取り上げていただいたのですが、
また、来年度も引き続きいくつかのコースを開催する予定です。
 
よければ、高木様のブログやMLで発信していただけると
嬉しいです。
 
よろしくお願いします。
 
尚、新盛里山耕流塾の実行委員会(地元の方)が発信するブログも
昨年12月より立ち上げております。
 
そちらもよければご笑覧いただければと思います。
http://sinmori.exblog.jp/
 
以下転送歓迎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地域の人と農作業を楽しみ、食を楽しみ、自然を楽しむ
新盛里山耕流塾2年目開講!
http://sinmori.exblog.jp/
 
☆もりの里市民農園+もりの里農業塾 
☆旬裁食~耕作から学ぶ食育~  の2コース参加者募集   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~市民農園については3月15日に現地説明会を開催!~
 
里山と都市の耕流を通して、
21世紀の里山づくりを実践する新盛里山耕流塾ですが、
現在、下記の2コースの参加者を募集しています。
 
☆☆もりの里市民農園+もりの里農業塾☆☆
田んぼと畑の市民農園を開設します。
 
■所  在:豊田市新盛町
■利用期間:平成21年4月12日(日)~平成22年2月28日(日)
■対象者 :おいしいお米と野菜を食べたい人
      又は農ある暮らしに本気で取り組みたい人
■募集区画:畑15区画(約50平方メートル)
      田5区画(約380平方メートル1区画、約270平方メートル4区画)
■利用料:畑2,500円(1平方メートル50円)、田9,500円~6,750円(1平方メートル25円)
■備  考:
農機具レンタル、管理サポート制度、農業勉強会(各有料)あり。
地元との交流イベントも予定しています。
◎もりの里農業塾
■場 所:扶桑館(座学)・菅田和地区(実習)
■対象者:
もりの里市民農園入園者、及び田畑について基礎を学びたい人
■募集区画:畑コース20名、田コース10名
■参加費:1,000円(各回)
■備 考:
各講座とも応募者多数の場合は、
もりの里市民農園入園者又は全講座参加者を優先させていただきます。
※詳細は愛知交流居住センター↓
http://www.aichi-kouryu.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=156
掲載のチラシをご参照ください。
 
■申込み締め切り:4月3日(金)(もりの里☆市民農園・農業塾とも)
====================================================
もりの里☆市民農園 現地説明会開催!!
日時:3月15日(日)
時間:(1)11:00~ (2)13:00~ (1時間程度)
場所:扶桑館(豊田市新盛町)
申し込み:3月12日(木)までに足助支所地域振興担当まで
     ご連絡ください。
====================================================
 
☆☆旬裁食~耕作から学ぶ食育~☆☆
地元の方の畑にお邪魔して、耕作と食を通しての
一年間の里山暮らしが経験できます。
 
■ところ:新盛町住民の田畑、屋外施設
■対象:原則全てに参加でき、里山暮らしを楽しみたい方。親子歓迎。
■定員:大人20名程度、子供10名程度(定員を超えた場合は抽選)
■参加費:大人(中学生以上)1万3千円、小学生5000円
    (※全回通した金額です。)
■講師:新盛地区住民
■講座内容:
4月~2月までの全13回。田畑の耕作体験と収穫物の調理体験です。
詳しい日程とプログラム内容はこちら↓
http://toyotashokuiku.blog44.fc2.com/blog-entry-19.html
をご参照ください。
■申込み締め切り:4月8日(水)
 
【申込先方法】
ハガキ、ファックス、Eメールで以下の内容をご記入の上、
足助支所地域振興担当までお送りください。
(1)代表者氏名、年齢、性別 (2)連絡先(住所、電話番号、Eメール、FAX)
(3)希望コース (4)参加人数(旬裁食は参加者全員の名前と年齢)
(5)受講に対する意気込み(100字以内)
 
【申込み・問い合わせ先】
豊田市役所 足助支所 地域振興 担当
〒444-2424 足助町宮ノ後26-2
TEL:0565-62-0601、FAX:0565-62-0606
e-mail:asuke-shisho@city.toyota.aichi.jp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----- いただいたメールここまで -----



私のメルマガや、ブログをみてくださっているんですね。

ありがとうございます!!

薪ストーブはあったかいし、楽しくていいですよ!

今シーズンは、あとわずかとなってしまいましたが、週末ごとに、薪ストーブ料理を楽しもうと思っています。

以前、豊田市役所足助支所地域振興担当の方からのメールを紹介させていただいたのは、下記ページですね。

▼新盛里山耕流塾in足助 山遊びコース参加者募集
http://asuke.air-nifty.com/blog/2008/08/in_78cb.html

新盛里山耕流塾ブログを拝見させていただきましたが、すばらしい活動を展開されていますね!

▼新盛×耕流×里山 in 足助
http://sinmori.exblog.jp/

受講生のみなさんも、受け入れ側のみなさんも、非常に有意義な時間を過ごされたことだろうと思います。

これからも、耕流の輪が、どんどん広がっていくといいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.07

シャングリラ足助2009チラシ

3月14日(土) 午後1時から足助交流館で、シャングリラ足助2009が開催されます。

開催案内のチラシを紹介させていただきます。

09030701

以下、チラシから抜粋して転載します。
-----

■地域力アップ大作戦 シャングリラ足助2009

平成21年3月14日(土) 午後1時スタート
足助交流館 飯盛座

13:00 オープニング
・三州足助太鼓&明和太鼓「響」の演奏
・豊田市民の誓い唱和
・主催者あいさつ

13:25 地域づくりの足跡
・足助地区コミュニテイ会議活動報告
・わくわく事業実践発表【椿立地域づくり推進委員会】

14:00 地域づくり講演会
豊重哲郎氏(鹿児島県鹿屋市串良町柳谷町内会長)
『感動と感謝の地域づくり~主役は住民みんな』

15:30 地域づくり懇談会 ~ みんなで考えよう!足助の未来~
  ●地域会議の提言事業の実現状況
  ●新たな課題を解決するためのアイディアを考えよう!
   みなさんのご意見をお聞かせください。

 今年も豊田のお笑い劇団「笑劇派」が登場。
 提言内容やみなさんの意見交換を楽しく盛りあげてくれます!
 ぜひ、ご参加ください!

同合せ 豊田市足助支所地域撮興担当62-0601
主催 / 豊田市・足助地域会議・足助地区コミュニテイ会議・足助地区区長会


今年は、主催者に足助地区区長会が加わっているんですね。

足助地域会議・足助地区コミュニテイ会議と足助地区区長会の連携が強まるのは良い方向ですね。

昨年の「シャングリラ足助2008」の様子は、下記ページで紹介しています。

▼シャングリラ足助2008
http://asuke.air-nifty.com/blog/2008/03/2008_a49d.html

このとき私は、足助地域会議委員でしたのでスタッフ側でした。

当日は、地域会議の新たな提言「あすけ住暮楽夢(スクラム)プラン」の説明を担当したんですよね。

▼地域会議提言書「あすけ住暮楽夢(スクラム)プラン」
http://asuke.air-nifty.com/blog/2008/03/post_020a.html

この定住をテーマとした提言書「あすけ住暮楽夢(スクラム)プラン」は、着々と具現化されているとのことですので、大変うれしく思っています。

今回のシャングリラのプログラムにも「地域会議の提言事業の実現状況」とあるので、実現状況の報告を楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »