« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.29

考えすぎて動けない人のための「すぐやる!」技術(久米信行さん著)

メール道、ブログ道著者、久米信行さん(久米繊維工業(株)代表取締役)の新著、「考えすぎて動けない人のための「すぐやる!」技術」(日本実業出版社)が発売されました。

新著発売、おめでとうございます!

▼拙著「すぐやる!技術」発売の瞬間@有隣堂アトレ恵比寿店
 (久米さんの社長ブログ)
http://kume.keikai.topblog.jp/blog/114/10010576.html

考えすぎて動けない人のための 「すぐやる!」技術考えすぎて動けない人のための 「すぐやる!」技術
久米 信行

日本実業出版社 2008-08-22
売り上げランキング : 44
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久米信行さんは、昨年の2月に足助商工会青年部ブログ道研修会の講師として、足助に足を運んでくださったんですよね。

▼久米信行さんのブログ道研修会当日!
http://asuke.air-nifty.com/blog/2007/02/post_94d7.html

▼足助の想ひ出(壱) 玉田屋旅館と「たんころりん」(久米さんの社長ブログ)
http://kume.keikai.topblog.jp/blog/117/10003548.html

先日、足助商工会青年部の研修旅行で、久米繊維工業(株)の見学にうかがわせていただいたときにも、大変お世話になりました。

▼足助商工会青年部で久米繊維工業見学
http://asuke.air-nifty.com/blog/2008/07/post_a3cb.html

▼日経ITProサイトに足助.tvの「おぅやま君」登場!!
http://asuke.air-nifty.com/blog/2008/08/itprotv_a19b.html

今回の「考えすぎて動けない人のための「すぐやる!」技術」は、大学の講師として学生さんたちの考え方や行動様式に触れ、なぜか「すぐできない」ことにショックを受け、アドリブ的に伝えてきた「すぐやる技術」を1冊の本にまとめたものだそうです。

私も、社会人になってから「すぐやる」ことの利益の大きさを実感し、「すぐやる人」をめざしました。

転職するときに、後輩たちに贈った言葉のひとつが「すぐやる」だったのですが、本書にもある通り、社会人であっても、その多くは「すぐやる人」ではなかったりしますね。

一応これでも、前の職場では「すぐやる人」ということで通っていたんですよ。このところ、「すぐやる度」としては、ちょっと低下している気もしますけど。

この本を読んで、私自身も「すぐやる度」をもっとアップしたくなりました。

本書の「はじめに」にもある、社会人のうちの8割の「動けない人」、「動かない人」は、本書に背中を押してもらいましょう。
社会人のうちの2割の「すぐやる人」は、本書を「すぐやる度」アップのきっかけにしましょう。

そして、うちの子供にも、是非読ませたい1冊です。


新著に合わせて、「日本初?!」の特別なTシャツ、「すぐやる!技術マスターTシャツ」を作成されたそうですよ!

▼自己変革ツール?!「すぐやる!技術マスターTシャツ」をamazonで
(久米さんの社長ブログ)
http://kume.keikai.topblog.jp/blog/101/10010672.html

「すぐやる!」技術Tシャツ
「すぐやる!」技術Tシャツ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『「すぐやる!」技術』応援ブログもできていますね!

▼『考えすぎて動けない人のための「すぐやる!」技術』応援ブログ
http://blog.canpan.info/suguyaru/

▼祝増刷! Amazonキャンペーン&すぐれものレビューキャンペーンのお知らせ
http://blog.canpan.info/suguyaru/archive/11
↑早くも増刷が決定!
 8月27日(水)~9月2日(火)の期間限定で、Amazonキャンペーン
 (「すぐやる! Tシャツ」を抽選で50名にプレゼント)

下記によると、セブン・アンド・ワイのビジネス・経済部門売上ランキング(8月27日付)で第1位を獲得したそうですよ!

凄いですね!!

▼セブン・アンド・ワイで第1位になりました!
http://blog.canpan.info/suguyaru/archive/14


以下、久米さんのこれまでの著書に関するページを紹介します。

▼メール道到着!
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/post_12.html

▼「メール道」出版記念パーティ
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/07/post_21.html

▼「メール道Tシャツ」到着!
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/06/post_16.html

▼久米信行さんの「ブログ道」
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/01/post_ad9a.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.08.26

足助町観光協会が花の観光地づくり大賞を受賞!

足助町観光協会が日本観光協会主催の「平成20年度 花の観光地づくり大賞」に選ばれたそうです!

▼足助観光協会が花の観光地づくり大賞受賞
(2008年8月14日 豊田市 報道発表資料)
http://www.city.toyota.aichi.jp/pressrelease/1418894_19137.html
↑足助観光協会が(社)日本観光協会主催の
「平成20年度 花の観光地づくり大賞」に選ばれました。

▼花の観光地づくり大賞に足助の協会(YOMIURI ONLINE)
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_kan/kan080817_4.htm
↑豊田市の足助観光協会(小沢庄一会長)が、
 社団法人「日本観光協会」が主催する「花の観光地づくり大賞」
 (国土交通省など後援)に選ばれた。

カタクリの育成、景観保護活動が認めらたんですね!

おめでとうございます!!

07032902

07032903

カタクリの育成活動も、もう20年にもなるんですか。ほんと、凄いことだと思います。

「カタクリは種子から開花までに7、8年を要し、発芽率は10分の1以下といわれており、自然植栽が大変難しい貴重な花です。」とのことですから、地道な活動を続けられた成果ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.25

姪の「たんころりん」づくり

妹の娘が夏休みの工作で「たんころりん」をつくりたいと言うので、先日うちで「たんころりん」づくりの指導をしました。

せっかくの機会ですので、まず「たんころりん」のことを良く知ってもらうために、パワーポイントを使って、「たんころりんの会」、「たんころりん」、「たんころりん作り」について説明しました。

08082601

▼説明資料(PDFファイル)
http://asuke.air-nifty.com/blog/files/080826.pdf

その後、妹と姪とそれぞれ1つずつ「たんころりん」の竹カゴ作りを体験してもらいました。

ちょっと指導しただけで、あとは、自分たちで上手に編んでいました。

できあがりも、きれいでしたよ。

P1050490_2

後日、自宅で和紙に絵を描いたそうです。うちに持ってきて見せてくれました。

きれいな、マイ「たんころりん」ができましたね。

P1050499

きっと、夏休み明けに小学校へ持っていったときにも注目の的でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.21

お宝体験隊2008情報

お宝体験隊サイトに「お宝体験隊2008」の情報が掲載されました!

▼お宝体験隊2008
http://www.asuke.biz/

イベント概要は以下の通りです。

-----

■足助のお宝体験隊2008

-今年のテーマは“「足助のお宝新聞」記者(レポーター)体験”-

・開催日:2008年9月28日(日) 8時30分受付開始, 9時30分スタート

・体験内容:「足助のお宝新聞」記者(レポーター)体験、
      消防自動車に乗ろう、しおりをつくろう、
      弓矢で的あて、五平餅を焼こう、うちわをつくろう、
      おはぎをつくろう など

・応募:原則4人1組(成人1人以上を含む) 3人・5人可

・参加料:お一人につき1000円(当日受付にてお支払いください)

・持参するもの:筆記用具・デジタルカメラ(携帯電話でもOK)
        ※記者体験用

・受付方法:お宝体験隊2008サイトhttp://www.asuke.biz/
      申込みフォームからお申込みください。
      ※9月1日(月)受付開始

・締切:9月19日(金) ※定員になり次第締切(先着100組(400人))

-----

こんな、「足助のお宝新聞」をつくってみましょう!

P1050378

P1050385

9月1日(月)受付開始です。

みなさんの、お申込みをお待ちしてます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.09

こんな時こそ足助夏祭り!

08080601

いいポスターですね!!

+++++

■たんころりんの夕涼み
8月2日(土)~15日(金)日没後~21:00
足助の古い町並みにて

■足助川万灯まつり
8月13日(水)・14日(木)18:00~22:00
足助川遊歩道にて

■花火大会
14日(木)20:30~21:00
足助グラウンドより打ち上げ

■地蔵まつり・灯篭流し
15日(金)18:30頃~21:00頃
香嵐渓・巴川にて

▼足助夏まつり(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/natsumatsuri/natsumatsuri.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.08

日経ITProサイトに足助.tvの「おぅやま君」登場!!

最近、商工会青年部のキャラクター、おぅやま君が足助商工会横に登場しているのですが...

▼暗闇に浮かぶ影・・・
http://asuke.tv/master/2008/08/post-29.html

▼おぅやま君豆知識
http://asuke.tv/2008/08/post_112.html

この、おぅやま君と足助.tvのことが、日経ITProサイトのコラム「企業経営に生かすBlog道」に、本日登場しました!!

▼パペットが語るブログのすすめ ~ 足助.tv「おぅやま君」に学ぶ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20080806/312258/
↑久米信行さん(久米繊維工業社長)のコラムです。

まず、「足助商工会青年部の「ブログ勉強会」に講師として招かれ,すっかり足助のファンになったのです。 」と、久米さんご自身の足助への思いを綴ってくださっているのがうれしいです!!

そして、足助商工会青年部部長、森瀬さんの「パペットブログ」のアイデアを絶賛してくださっています。

あの、「ブログ道」著者の久米さんが、「森瀬さんのブログは,すぐに弊社の全ブロガーに回覧されました。このブログをヒントに,弊社にもパペットブログを作るように伝えたのです。 」という行動をされたそうですよ!!

足助商工会青年部に属するものとして、うれしい限りです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.07

新盛里山耕流塾in足助 山遊びコース参加者募集

豊田市役所足助支所地域振興担当の方から、「新盛里山耕流塾in足助 山遊びコース参加者募集」の、ご案内メールをいただきましたので紹介させていただきます。

----- いただいた依頼メールここから -----

■新盛里山耕流塾in足助
 山遊びコース参加者募集web掲載について(依頼)

高木 様

市役所足助支所地域振興担当 ○○ですが、始めまして。
高木様のブログを見て足助地区へ定住したい希望者ほか、
いろいろ反響をいただいています。

また、以前、新盛耕流塾(野林)の開催案内を紹介いただき、
ありがとうございました。

件名についてですが、引き続きメールマガジン等で
情報提供していただけませんでしょうか。

内容については下記のとおりです。
よろしくお願いします。

◇新盛里山耕流塾 in足助 「山遊びコース」開催!!

豊田市新盛の菅田和地区で里山のありのままの
暮らしの良さを学ぶ「新盛里山耕流塾」が開催されています。

9月からは、「山遊びコース」と題して、山を楽しむ
全5回の講座が開催します。

すべてに参加できる人が対象で「森歩き」「秋の収穫祭」
「森から木を切り出しての遊び場づくり」「竹工作」
「むささびナイトウォッチチング」
「きのこの菌打ち」などを体験。

森林に関心のある人や家族連れ、女性グループも歓迎。
あたたも一緒に自然の中で遊びませんか?

●日時/9月23日(祝)、10月19日(日)、11月16日(日)、
    12月7日(日)、3月15日(日)
    9:00~15:00
(12月7日はむささびナイトウォッチングツアーのため20:00頃まで)

●場所/愛知県豊田市新盛菅田和地区を中心とした森

●参加費/大人1万円 中学生未満無料(※材料費は別途)

●定員/10名程度(小学生以上)

●問い合わせ先 豊田市足助支所 地域振興担当電話0565-62-0601

●申し込み方法
 9月1日(月曜日)までに、ハガキかファックス、Eメールで〒住所、
 参加者全員の氏名、年齢、性別、電話番号、ファックス、Eメール、
 受講に対する意気込み(100字以内)を足助支所(〒444-2424 
 足助町宮ノ後26-2 FAX:0565-62-0606 Eメール:
 asuke-shisho@city.toyota.aichi.jp)

●URL
  ちらし・申し込み書
 http://www.city.toyota.aichi.jp/ex/jouhou/0801/1417187_16916.html

 新盛里山耕流塾について
 http://www.city.toyota.aichi.jp/division_n/
ad00/ad07/tanto/shinmorisatoyamakouryujuku/index.html

----- いただいた依頼メールここまで -----

080701

▼募集チラシ(PDF)はこちら
http://www.city.toyota.aichi.jp/ex/jouhou/0801/1417187_16916.pdf

+++++

「高木様のブログを見て足助地区へ定住したい希望者ほか、いろいろ反響をいただいています。」には、ちょっとびっくりでした。

「へぇ~、そうなんだ~!」って感じです。

定住を希望する方にとって、少しでも役立つ情報を提供できたというのは、私としてもうれしい限りです。

新盛里山耕流塾の活動の様子は、『NEWS☆もりの里』で報告されていますね。

▼7月6日『新盛里山耕流塾』第5回を開講しました!(PDF)
http://www.city.toyota.aichi.jp/division_n/
ad00/ad07/tanto/shinmorisatoyamakouryujuku/200808.pdf

▼『新盛里山耕流塾』第4回を開講しました!(PDF)
http://www.city.toyota.aichi.jp/division_n/
ad00/ad07/tanto/shinmorisatoyamakouryujuku/200807.pdf

▼『新盛里山耕流塾』第2回、第3回を開講しました!(PDF)
http://www.city.toyota.aichi.jp/division_n/
ad00/ad07/tanto/shinmorisatoyamakouryujuku/200806.pdf

▼農ある暮らし開講!(PDF)
http://www.city.toyota.aichi.jp/division_n/
ad00/ad07/tanto/shinmorisatoyamakouryujuku/200805.pdf

たくさんの写真から、耕流の様子がよくわかります。とっても楽しそうですね。

山里に受け継がれている知恵袋を紹介するコーナー「山里暮らしの知恵袋」には、私にとっても新発見がありました。こうした知恵袋を後世に伝えていきたいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.06

ICLSシンポジウムBLS・AED講習会(心肺蘇生講習会)のご案内

名古屋大学の杉浦さんより、9月13日(土)にミッドランドホール(名古屋ミッドランドスクエア5F)で開催される「第4回ICLSシンポジウム 市民AED講習会」(心肺蘇生講習会)のご案内をいただきましたので、紹介させていただきます。

杉浦さんからいただいた、紹介依頼メールは以下の通りです。

----- いただいたメールここから -----

【心肺蘇生活動ご協力のお願い】

  高木伸泰様

 初めまして、名古屋大学で医師をしております杉浦と申します。

お忙しい中、突然メールを差し上げて大変申し訳ございません。
実はご相談があり、メールさせて頂きました。

 私たちALS推進プロジェクトは心肺蘇生を広め、心肺停止に
なった患者さんが一人でも多く社会復帰できるように
活動をしております。

本年はミッドランドホールにて一般の方を対象に心肺蘇生と
AEDを使った講習会を開催の予定としております。

 しかし、蘇生のインストラクターに関しては広報するのは容易
ですが、一般の方にはHP以外お知らせする手段がございません。

そこで大変お手数ですが、高木伸泰様のメールマガジンで今回の
心肺蘇生講習会のご案内をして頂けませんでしょうか?

 厚かましいお願いとは重々承知しております。
何卒ご助力頂けますよう宜しくお願い申し上げます。
 下記に概要を記載させて頂きます。


             <開催概要>

【会  名】:第4回 ICLSシンポジウム BLS・AED講習会
【日  時】:平成20年9月13日(土) 10:00~11:30(開場9:50)
【場  所】:ミッドランドホール http://www.midland-square.jp/
【参 加 費】:2,000円(テキスト代含む、事前登録のみ)
【開催責任者】:小林修一先生(豊田厚生病院救命救急センター長)
【共  催】:第4回ICLSシンポジウム事務局
【H  P】:http://icls-sym.com/bls_aed.aspx

 直接参加登録される方は、
 https://ssl.formman.com/form/pc/jyovJWRY4s2OsCX6/
上記サイトよりご参加の登録を何卒、宜しくお願い申し上げます。

 それでは、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

          ICLSシンポジウム事務局補佐 杉浦立尚
                  共催:ALS推進プロジェクト
            お問い合せ:ICLSシンポジウム事務局
〒135-0063 東京都江東区有明3-1-25有明フロンティアビルB棟9階
Tel:(03)5530-8697/ Fax:(03)5530-8698 HP:http://icls-sym.com

----- いただいたメールここまで -----

メール本文にある通り、「はじめまして」でしたので、「豊田市内で情報を発信しているということで、依頼いただいたのでしょうか?」とお尋ねしたところ、「はい、まぐまぐで拝見させて頂きメールさせて頂きました。今回は加茂病院の救急センターの小林先生が講習会のTOPを務められていることも関連してお願いさせて頂きました。」とお返事をいただきました。

いつも発信している情報とは分野が異なりますが、少しでもお役に立てる可能性があるということならと思い、当方のブログやメルマガで紹介させていただくことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »