« 香嵐渓の待月橋解体工事 | トップページ | 三州足助屋敷のブログ »

2007.03.11

純米大吟醸 「空」の酒粕

先日、足助の村定酒店さんの前を通りかかったら、賜冠(しかん)の初しぼりが入荷しているという貼り紙が貼ってありました。

▼純米大吟醸 「空」のUSBメモリ
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/10/_usb_05c9.html
↑村定酒店さんの生原酒量り売りなどの話題

賜冠の初しぼりは、昨年、村定酒店さんのオススメで飲んでみたのですが、とってもおいしかったので、その味が忘れられず、つい立ち寄ってしまいました。

07031101

それと、外に「「空」ほうらいせん大吟醸 酒粕量り売りしています」という貼り紙があったので、「「空(くう)」の酒粕だとやっぱり味が違うの?」と聞いてみました。

「そりゃあ、味も香りも違うよ。お味噌汁にちょっと入れるとおいしいよ。」とのことでした。

07031102

早速うちで、空の酒粕を使った大根汁や味噌汁を作ってもらいましたが、おいしかったですよ。

「空」の酒粕は、今は売り切れてしまっているようですが、また入荷したら貼り紙が貼りだされるのではないかと思います。


足助の銀座のブログでは、梅村酒店さんの紹介ページで「隣町(旧旭町)の地酒『賜冠』の初しぼりなど時期によっては、面白いものが見つかるかも?」と紹介されていますね。

▼梅村酒店(足助の銀座より)
http://blog.goo.ne.jp/asuke-ginza/e/8528768a1599ab64182ad5c694284c74

ちょっと検索してみたところ「賜冠」の情報が下記で紹介されていました。

▼三河の地酒 清酒販売川上商店
http://shop.aichiskr.or.jp/tokusan/kawakami/
↑わき水を利用し幻の名酒と呼ばれる「賜冠」
  :
 賜冠(しかん)中垣酒造 株式会社
 日本酒全体の嗜好が辛口傾向にあるなかで、
 蔵独自の個性を一貫して「端麗にして甘口(日本酒度マイナス8度)」の
 味を守り続ける地元の銘酒です。

▼日本酒日記
http://homepage1.nifty.com/OOSAWA/DOOR310001.htm
↑部杜氏が仕込んでいる賜冠は、甘口で、
 時流には乗っていないかもしれませんが、
 やみつきになる味です。
 特にこの初しぼりは人気が高く、
 地元でも手に入りにくくなってきいます

|

« 香嵐渓の待月橋解体工事 | トップページ | 三州足助屋敷のブログ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私も本当は日本酒大好き男です。
ただ、次の日を考えると焼酎にしてしまいます。
2~3年前までは村定さんの常連でした。

また、量り売りの酒で一杯やりましょう!

投稿: ふくちゃん | 2007.03.11 23:15

こんにちは懐中電灯です
名前が「空」とはよい名前ですね。美味しそうです。昔東北で「瞑想水」という名のお酒を戴いたことがあります。
瞑想を覚えたての頃で、飲むとしっかり酩想になっていました。
 お酒の量り売りは、子供の頃のとても懐かしい思い出があります。父親は貧乏職人でしたが、
月に一度、母親から一合瓶を持たされて、お酒を買いに行きました。「せめて給料日ぐらいお酒を」という配慮だったのでしょう。
僕はいつも酒屋から出ると、早速瓶を逆さにして、コルク栓についたお酒を舐め舐め、家に帰ったものでした。
近所のおばさんが、その姿を見のでしょうか、母親にひどく怒られた記憶があります。
 昔を思い出すと、今の日本は、毎日盆と正月が一緒にきたような生活ですが、
「せめて給料日くらいお酒を」という時代もあったことは忘れてはいけないことと思っています。

投稿: 懐中電灯 | 2007.03.12 11:24

ふくちゃん コメントありがとうございます!

>2~3年前までは村定さんの常連でした。

そうでしたか!
私もときどきうかがっています。

>また、量り売りの酒で一杯やりましょう!

そうですね!

投稿: Key | 2007.03.13 18:09

懐中電灯さん こんにちは!

>お酒の量り売りは、子供の頃のとても懐かしい思い出があります。

そうでしたか。今、身近にこういうお店があることをうれしく思います。

>「せめて給料日くらいお酒を」という時代もあったことは忘れてはいけないことと思っています。

確かに、物があふれるほどになってしまった現在の日本では、忘れてしまいそうになりますが、そうなってしまってはいけないですね。

現在の生活を見ていると、ふと、物がありすぎて何が幸せかを感じられなくなるより、「特別な日の楽しみ」を感じる心を持っているほうが、もしかしたら豊かなのかもしれないという気もしてしまいます...

投稿: Key | 2007.03.13 18:17

こんばんは
おいしそうなお酒ですね!
義理の父がお酒が好きなので、情報を伝えておきます!

投稿: kazu-m | 2007.03.13 20:00

「空の酒粕」を、はじめて知りました。美味しそうですね。ぜひ入手したいものです。

投稿: tuna | 2007.03.14 11:33

kazu-mさん こんにちは!

>おいしそうなお酒ですね!
>義理の父がお酒が好きなので、情報を伝えておきます!

はい、おいしかったですよー。
是非、お伝えください。

投稿: Key | 2007.03.14 17:26

tunaさん コメントありがとうございます!

>「空の酒粕」を、はじめて知りました。

そうなんですか!
私も今回はじめて知りました。

投稿: Key | 2007.03.14 17:27

賜冠(中垣酒造:豊田市有間町)は、笹戸温泉の2㎞位上流にある造り酒屋さんです。「藤兵衛」とういう純米吟醸がありますので飲んでみてください。

投稿: AND | 2007.03.15 09:01

ANDさん こんにちは!
情報ありがとうございます。
今度、飲んでみたいと思います!

投稿: Key | 2007.03.16 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/14223587

この記事へのトラックバック一覧です: 純米大吟醸 「空」の酒粕:

» 大根の漬物 漬物一つとっても・・・ [成功と健康の2重螺旋]
私が良く作っていた大根の漬物は「シンプルご飯の思想」という本に出ていた即席漬け。大根の漬物も最近は乳酸菌の漬物や糠漬けが健康に良いと言われますが、簡単な大根の漬物の作り方なので作ってみました。この即席漬けの作り方は非常に簡単ですが、本のレシピによる... [続きを読む]

受信: 2007.03.11 15:58

« 香嵐渓の待月橋解体工事 | トップページ | 三州足助屋敷のブログ »