« 待月橋と「たんころりん」の絵 | トップページ | 香嵐渓のカタクリの花(2007/03/29) »

2007.03.28

三州足助屋敷いろりの会

足助を訪ねてくださった方といっしょに三州足助屋敷に行く機会が結構あるので、「いろりの会」に入会してみました。

▼三州足助屋敷
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~yashiki/

▼いろりの会(三州足助屋敷)
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~yashiki/irorinokai/

年会費2,000円 (入会金なし)で、三州足助屋敷の入館が無料になります。三州足助屋敷の年間パスポートというわけですね。

さらに、豊田市民の場合は年会費が1,500円に割引されるんですよ!

07032802_1

07032803_1

07032804

会員特典は以下の通りです。

-----
[特典]
(1)足助屋敷入館が無料になります!
(2)足助屋敷主催のイベントに優先的に参加できます。
(3)足助屋敷つうしん(月刊)など、 旬の情報を定期的にお届けします。
(4)会員向けイベントのご案内や、ちらしを送付します。
-----

足助屋敷によく行かれる方にはオススメですね!


三州足助屋敷サイトに「足助屋敷誕生物語」(PDFファイル)があるのを見つけました。

詳細は、下記の資料(PDF)に記載されています。

▼足助屋敷誕生物語(PDF)
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~yashiki/aboutus/monogatari.pdf

1980年の開館で、総工費は1億2千万円だそうです。

「工事に携わった職人の数は、のべ100人。ほとんどの者が赤字だったが、みんな大満足だった。「また、こういう仕事がしたみたい」、若い大工がこう言った。」

の一説には、ちょっと涙が出そうになりました。
このようなストーリーは感動的ですね。

そういえば、先日たまたま見つけたのですが、人力検索はてなで、町おこし施設の成功事例として百年草と三州足助屋敷が紹介されていてうれしかったです。

▼町おこしのための推進施設や施設を利用した企画があると思いますが、
成功した事例・失敗した事例がありましたら、教えていただけませんか?
(人力検索はてな)
http://q.hatena.ne.jp/1102605892


先日はじまった「三州足助屋敷Blog」は、「へぇー、そうなんだー!」と思うような話がいろいろ出てきていておもしろいですよ!

ちょっと、最近の記事からピックアップしてみましょう。

▼コーヒー豆の焙煎中です。
http://www.hyakunensou.co.jp/yashikiblog/2007/03/post_14.html
↑足助屋敷で焼いた炭で焙煎しているとのこと。
 お店の名前はかたくりの花の古語からきているそうです。

▼囲炉裏のいろは。
http://www.hyakunensou.co.jp/yashikiblog/2007/03/post_13.html
↑松竹梅になっているそうです。

▼炭材運搬車・大活躍!
http://www.hyakunensou.co.jp/yashikiblog/2007/03/post_9.html
↑炭焼きさんの山仕事の様子

▼茅葺き屋根の葺き替え作業です。
http://www.hyakunensou.co.jp/yashikiblog/2007/03/post_8.html
↑食事処「おちべ」の茅葺き屋根葺き替えの様子

▼はじめチョロチョロ・・・
http://www.hyakunensou.co.jp/yashikiblog/2007/03/post_6.html
↑「足助屋敷の昼食は、水車でついたお米を、
 クドで炊くというなんとも贅沢な方法で、
 漬物だけで3杯はおかわりできます。」だそうです。

▼足助屋敷のアイドルです。
http://www.hyakunensou.co.jp/yashikiblog/2007/03/post_4.html
↑「じつは妊娠中で、8月に出産予定です。」とのこと。

|

« 待月橋と「たんころりん」の絵 | トップページ | 香嵐渓のカタクリの花(2007/03/29) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

特典として、もし叶うのなら、駐車場代金も無料になるようにしてほしいです。
また、アミューズメントとして、上州三日月村の木枯し紋次郎の宿場の再現やグッヅの販売もして欲しいです。新しい会の発足を楽しみにしています。

投稿: 愛知洋兒 | 2010.01.28 15:32

愛知洋兒さん こんにちは!

そうですね。もっといろいろと特典があるとうれしいですね。

直接、足助屋敷に要望を出してみてはどうでしょう?

投稿: Key(Takaki) | 2010.01.28 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/14440353

この記事へのトラックバック一覧です: 三州足助屋敷いろりの会:

« 待月橋と「たんころりん」の絵 | トップページ | 香嵐渓のカタクリの花(2007/03/29) »