« 私の作業記録:MyRecV0.16 | トップページ | 「坂東英二の虹スタ!」で足助の「中馬のおひなさん」 »

2007.02.24

わくわくシンポジウム2007

2月17日(土)に豊田市市民文化会館で、「わくわくシンポジウム2007」が開催されました。

私も足助地域会議委員として参加要請がありましたので、行ってきました。

内容は以下のとおりです。(豊田市サイトに掲載されていた案内ページから転載)

+++

わくわくシンポジウム2007

-ひろげよう!つなげよう!私たちのまちづくり-

現在、市内の各地域では、地域会議(関連ページ「豊田市の地域会議」を参照ください)を中心とした多様な取り組みやわくわく事業(関連ページ「わくわく事業」を参照ください)の実施など、多くの住民参加によるまちづくりが盛んに行われています。

こうした地域活動の取り組み状況の発表や地域間の相互交流を通して、地域会議をはじめ自治区・地区コミュニティ会議・まちづくり団体など市民一人ひとりが共に学び、連携し、さらに市民と行政による共働のまちづくりを推進するため、「わくわくシンポジウム2007」を開催します。

魅力ある心豊かなまちづくりを目指して、多くの皆さんのご来場をお待ちしています。

●とき
2月17日(土曜日)午後1時~5時(午後0時30分開場)
※展示室A、市民ロビーは正午開場

●ところ
市民文化会館

●内容

■基調講演
「地域が主役のまちづくり-誇りある楽しい地域を目指して-」(講師/伊藤光造氏)

■オープニング
竹楽器楽団演奏(地域の竹を活用する会・旭地域)

■郷土の芸能タイム
和道山囃子演奏(広久手町和道山囃子保存会・逢妻地域)

■わくわく事業事例発表会
枝下町自治区/猿投台地域、広瀬愛護会/石野地域
NPOグループころころ/若園地域
創造会(つくるかい)/藤岡地域
木製ランプシェード「中馬のあかり」を灯す会/稲武地域

●そのほか
わくわく事業実施団体パネル発表、地域会議・区長会・市民活動団体ブースなど

●参加費
無料

関連ページ

■豊田市の地域会議
http://www.city.toyota.aichi.jp/tiikikaigi/main.htm

■わくわく事業
http://www.city.toyota.aichi.jp/wakuwakujigyou/main.htm

+++

読売新聞サイトの下記ページで当日の様子が紹介されています。

▼「わくわく事業」 地域の活動紹介
http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/news_toyota/toyota070219_1.htm
↑2005年4月、周辺の6町村と合併した豊田市が、
 地域支援のために行う「わくわく事業」のシンポジウムが、
 同市小坂本町の市民文化会館で開かれた。
 約700人が参加し、各地域の活動事例を発表した。
 この事業は、5人以上のグループで取り組む公益性のある
 地域活動に対して最大で500万円を補助する制度。
   :


わくわく事業がうまくまちづくり活動に活用されているようですので、まずはよかったなと感じました。

「木製ランプシェード「中馬のあかり」を灯す会/稲武地域 」で取り組んでいる間伐材利用のランプシェードは私も作ったことがありますよ。

▼間伐材ランプシェード製作教室
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/06/post_ebea.html

絵柄を切り抜くのは、一般の人でもやれますが、中心をくりぬいて、円筒状にするのは、そうとうな修行が必要でしょうね。

|

« 私の作業記録:MyRecV0.16 | トップページ | 「坂東英二の虹スタ!」で足助の「中馬のおひなさん」 »

足助地域会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/14033406

この記事へのトラックバック一覧です: わくわくシンポジウム2007:

» ランプシェードで雰囲気作り [ランプベルジェの宿〜フォグ・アロマ・シェードからアンティークなステンドグラスまで]
部屋の雰囲気を作る照明は、デザインにもこだわりたいものですね。華やかな花のようなガラスシェードは洋室におすすめ★和室には陶器や和紙のアンティークなランプシェードは、いかがでしょうか。手作りの感じやオレンジ色の優しい明かりが、癒しの部屋を演出してくれるでしょう。... [続きを読む]

受信: 2007.03.02 02:53

« 私の作業記録:MyRecV0.16 | トップページ | 「坂東英二の虹スタ!」で足助の「中馬のおひなさん」 »