« 「好きな景観&残したくない景観」募集 | トップページ | 蔵の中ギャラリー »

2006.12.11

山と海の小学校ブログ

先日参加した日本財団の「第2回ブログ祭り」では、第1部で「CANPANブログ大賞2006」の発表があり、続いて審査委員長の久米信行さんと3賞受賞者によるパネルディスカッションが行われました。

▼『第2回ブログ祭り』開催しました!
(ブログ道場オフィシャルブログ)
http://blog.canpan.info/blog_dojo/archive/31

▼CANPANブログ大賞2006受賞作に見る公益ブログの可能性
(久米信行さんの「企業に活かすブログ道:日経ITpro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20061204/255729/

受賞された方々の活動はすばらしく、また、ブログがきっかけで寄付が集まるなど、公益活動におけるブログ効果の具体例を目の当たりにしました。

みなさんのお話は感動的であり、私自身も元気をいただきました。

このパネルディスカッションのときに、団体ブログ賞を受賞された「佐多岬ウォータージュニア」の代表者の方に、「うちの地元の小学校でもブログをやっていただいているので、アドバイスをお願いします。」という形で質問させていただき、第2部終了後に名刺交換をさせていただきました。

▼佐多岬ウォータージュニア
http://blog.canpan.info/odomari-es/

その後、佐多岬ウォータージュニアのブログと、うちの地元小学校のブログ「教務日記」とが、お互いの記事へのコメントという形でつながるようになりました!

下記の記事には、佐多岬の先生から、「すごい。背景が全部違う! よく準備されましたね。」とか、「学芸会大成功おめでとうございます。」、「これからも暖かく,ほのぼのと日本を明るくするような記事をアップしましょう!」など、あたたかいコメントが書き込まれています。

▼学芸会予行演習終了(教務日記)
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/
e/e06bd80e12a096bdf09ede15ae2c35e2

▼心無いホームページの事件から(教務日記)
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/
e/4eb9ffe254c56ed5d667330838004988

うれしいですね!!


下記のブログ記事で取り上げられていますが、教務日記には全国の先生方から、メッセージが届いています。見ているだけで感動してしまいます。

▼学芸会がんばれ!-ブログを通して-(教務日記)
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/
e/0161edd27c48846ff484e9908640e72e

また、下記の記事へのコメントからは、「記事のアップを待ってました 」、「わたしも、日曜日に何度クリックしたことか。」と、学芸会の記事を心待ちにしてくださっている様子が伝わってきます。保護者の一人としてうれしい限りです。

▼がんばった学芸会(教務日記)
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/
e/cb43af842acb41f5e9612323978ecc61

↑私も朝7時から並びました。
 人数が少ないため、うちの子は「鈴木正三物語」で3役
 掛け持ちでした。せりふを覚えるのにちょっと苦労したみたいです。
 「鈴木正三物語」の脚本はすばらしいものでした。名作ですね。

06121101

06121102
↑担任が先生が作られた正三坐像も名作です!

|

« 「好きな景観&残したくない景観」募集 | トップページ | 蔵の中ギャラリー »

学校行事」カテゴリの記事

コメント

takakiさん、こんにちは
大変丁寧な紹介をしていただきありがとうございます。
今回、ブログの読者と本校の子どもたちをつなぐという視点を学びました。

本校の子どもたち、そして保護者の方に喜んでいただき、何よりです。

息子さん、熱演でしたね。

投稿: カワセン | 2006.12.17 11:01

カワセンさん こんにちは!

>本校の子どもたち、そして保護者の方に喜んでいただき、何よりです。

小学校の情報をありがとうございます。
いつも楽しみにしています。

投稿: Key | 2006.12.20 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/13033886

この記事へのトラックバック一覧です: 山と海の小学校ブログ:

« 「好きな景観&残したくない景観」募集 | トップページ | 蔵の中ギャラリー »