« 正三ふるさとまつり2006 | トップページ | 香嵐渓の紅葉(11/18) »

2006.11.17

「還らざる道」(内田康夫著)に足助登場!

ミステリー小説「還らざる道」(内田康夫著)に、足助が登場しています!

還らざる道
還らざる道内田 康夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日、たまたま足助の「マンリン書店」で、「還らざる道 浅見光彦、足助に登場!」というチラシをみかけて、この本のことを知りました。

06111701

その後、ちょっとコーヒーを飲んで行こうと立ち寄った「蔵の中ギャラリー」のほうにも、この本が置いてあったので、思わず手に取ってみたところ、面白そうだったので購入してきました。

▼蔵の中ギャラリー・マンリン書店(足助)
http://kuranonakagallery.com/

ミステリー小説ですので、「本作品はフィクションであり、実在の個人・団体などとは一切関係がありません」とあります。

しかし、足助で土蔵のお店(書店&ギャラリー)をはじめた深見さんとか、「三州足助屋敷」を造成した観光カリスマが登場してたりするので、足助を知る者としては、なんだかうれしくなってしまいました。

ときどき、ノンフィクションかような錯覚にも陥ったりして...

足助のことが結構いろいろと書かれていて、豊田市への合併に対する深見さんの思いみたいなことも綴られていたりします。


ミステリーは久しぶりに読んだ気がします。ゆっくり読もうと思っていたのですが、ストーリーに惹きこまれて、一気に一晩で読んでしまいました。

おもしろかったです。

ミステリー小説なので内容の詳しい紹介はやめておきましょう。以下、本の帯の紹介文を抜粋しておきます。

+++

渾身の書き下ろし長編
旅情あふれる文芸ミステリー誕生!

被害者の消された「故郷」とは!?
男が辿った道を求めて、
浅見光彦、三州、吉備、木曾へ!
推理の旅から浮上する過去の秘密

+++


ちょっと検索してみたら、YOMIURI ONLINEのベストセラーランキング総合6位(2006.11.3~2006.11.9 日販調べ)
でした!!

▼ベストセラーランキング(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/book/ranking/

単行本フィクションでは3位ですね!

(2006.11.20追記)

|

« 正三ふるさとまつり2006 | トップページ | 香嵐渓の紅葉(11/18) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久しぶりです!某パーソナリティの「かる」です。笑。小説に地元が登場するなんて、めちゃめちゃおもしろいでしょうね!時間ができたら読んでみたいです。
ぼくも、フィクションで「たんころりんラブストーリー」でも書いてみようかな。笑

投稿: かる | 2006.11.18 14:26

松平交流館で『香嵐渓殺人事件』というノベルがありました。
題名は不確かですが。
インターネットの香嵐渓ライブ映像も登場しました。


投稿: カワセン | 2006.11.18 19:51

これでした。
奥三河香嵐渓殺人事件
http://www.futabasha.co.jp/?isbn=4-575-51090-4

投稿: カワセン | 2006.11.18 19:53

かるさん お久しぶりです!
是非読んでみて、番組でもご紹介くださいね。
母が「あら、浅見光彦じゃないの!」と感激してました。テレビで浅見光彦シリーズを良くみているようです。早速この本も読んでいます。
ネット検索したら、映画化されている作品もあるみたいですよ。
「還らざる道」がドラマ化、映画化されたら、足助ロケもあるかも。
「たんころりんラブストーリー」楽しみにしてますね!

投稿: Key | 2006.11.18 22:31

カワセンさん コメントありがとうございます!

香嵐渓殺人事件もおもしろかったです。
下記で紹介していますが、この本もマンリンさんで知りました。

▼クリスマスin蔵の中
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/asuke125.htm

当時、「Yahoo!ニュースランキング」の「書籍-ノベルス」部門では、2週連続で10位にランキングされてました。

今回は、ファンクラブも存在するほどの人気シリーズですので、ランキング上位間違いなしでしょうね!

▼浅見光彦(WikiPedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E8%A6%8B%E5%85%89%E5%BD%A6

投稿: Key | 2006.11.18 22:42

keyさんはももう4年も前からご存知だったんですね。

投稿: カワセン | 2006.11.20 20:59

カワセンさん こんにちは!

>keyさんはももう4年も前からご存知だったんですね。

たまたま、発売のときに知ったからなんですけどね。どちらも殺人事件なので、物騒ですが、ミステリーとしてはおもしろくて楽しめます!

投稿: Key | 2006.11.20 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/12721043

この記事へのトラックバック一覧です: 「還らざる道」(内田康夫著)に足助登場!:

« 正三ふるさとまつり2006 | トップページ | 香嵐渓の紅葉(11/18) »