« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.31

ほぼ日の「いろどり」取材」記事

catchさんのPlaceboEffectで、ほぼ日刊イトイ新聞による「いろどり」の取材記事が話題になっていました。

▼糸井重里とオープンソース(PlaceboEffect)
http://www.catch.jp/blog/opensource/a20061030.htm

「葉っぱビジネス」とも言われる「いろどり」のことは、ネットやテレビの情報で知っているつもりになっていました。

▼株式会社いろどり(彩)
http://www.irodori.co.jp/

しかし...ほぼ日の取材記事を読破したら、そんな「知っているつもり」になっていた私はちょっとショックを受けてしまいました。

▼ほぼ日刊イトイ新聞 - いろどり
http://www.1101.com/irodori/2006-10-13.html

ちっとも本質的なところをわかっていなかったようです。もちろんこれを読んだからと言って、それがすべてわかるわけではないですけど、これまではほんとに表面的なところをちょっと聞きかじっていただけだったんだなー、と感じてしまいました。

なんというか、「人間にとって働くということは、ほんとはこういうことじゃないの?」というものがそこにあるような気がします。

糸井さんの言葉を借りると「きっと、いまの時代の労働観がまちがってるんでしょうね。」ということなのでしょう。

同じものを取材テーマにしたとしても、取材する人、発信する人の視点によって伝えられるものは、こうも違うものになるんですね。あらためてそんなことを意識した思いです。

良い刺激を受けました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.26

CANPANブログ大賞に応募!

実は先日、日本財団が公益コミュニティサイトとして運営しているCANPANブログの「第1回CANPANブログ大賞(2006)」に応募しました。

▼CANPANブログ
https://blog.canpan.info/

▼CANPANブログ大賞応募要領
http://blog.canpan.info/blog_award/archive/1
↑CANPANブログの中から、読むと元気になって
 応援したくなるブログの作者を表彰することによって、
 日々の活動を讃え、ブログ愛読者が増えるように支援します!

▼応募ブログ紹介:高木 伸泰
http://blog.canpan.info/blog_award/category_3/
↑応募の際、気に入りのブログや応援しているブログを
 記載することになっていたので、足助関連のブログを
 中心に書かせていただきました。

応募したブログ記事は、下記の記事です。「足助のお宝体験隊2006」(足助商工会青年部主催)のことを、手作りの地域振興活動として紹介しています。

▼足助のお宝体験隊2006当日
http://blog.canpan.info/asuke/archive/39

その一次審査結果が発表されました。

おかげさまで、一次審査を通過(162件応募中の42件が通過)し、個人ブログ賞にノミネートされました!!

▼高木 伸泰:個人ブログ賞ノミネート作品
http://blog.canpan.info/blog_award/archive/195

06102601

感激です!!

他のノミネートブログを拝見させていただいたところ、どなたもすばらしい活動をされてらっしゃる方々ばかりですので、受賞は無理だとは思いますが、少しでも多くの方に、足助の手作りの地域振興活動を知ってもらう良い機会になればと考えます。

自然豊かな足助にUターンして暮らしているうちに、いろいろと地域振興活動に携わるようになってきました。

このコンテストに応募したブログは、今後、私が直接関わった足助の地域振興活動についての記録をまとめていくサイトにしたいと考えております。

▼足助の地域振興活動
http://blog.canpan.info/asuke/

足助では住民による手作りの地域振興活動が盛んで、みなさんほんとに、よくがんばっていらっしゃると感じます。そういう手作りの地域振興活動のすばらしさが少しでも多くの方に伝わるといいなと思っています

現在、下記の活動について記載中です。

・足助町まちづくり委員会
・足助地域会議
・お宝体験隊2006
・お宝体験隊2005

今後は、お宝シリーズの2004年~2002年や、たんころりんなどの活動を順次まとめていく予定です。


すでに、下記ページにtunaさんからコメントをいただいていますね。

▼高木 伸泰:個人ブログ賞ノミネート作品
http://blog.canpan.info/blog_award/archive/195

ありがとうございます!

「ノミネートブログ決定!」のページには、下記のように書かれていますので、もし、応援いただけるようでしたら、上記の「高木 伸泰:個人ブログ賞ノミネート作品」のページにコメントやトラックバックをいただけるとうれしいです!

------

■応援コメント+トラックバックが大賞を決める!■

二次審査では「ノミネートブログの紹介」記事へのコメントや
トラックバックも審査基準となります!
皆さまからの応援メッセージをお待ちしております!

▼ノミネートブログ決定!
http://blog.canpan.info/blog_award/archive/217

-----


「CANPANブログ大賞2006」のことは、「メール道」、「ブログ道」の著者である、久米信行さん(久米繊維工業(株) 代表取締役)の発行されているメルマガで知りました。

▼♪元気の出る公益ブログを読もう!
(「縁尋奇妙」=異人種交歓「縁」メール)
http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=479638

詳細については、下記で紹介されてます。

▼読むと元気になる記事を表彰! CANPANブログ大賞2006
 (久米信行の「企業経営に活かすブログ道」)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20061010/250206/
↑久米さんはCANPANブログ大賞の審査委員長を
 努められるそうです。

>しかし世の中には「ニュースにならない笑顔」や
>「記事にはならない明るいイベント」も数多く
>偏在しているはずです。
>とりわけ,一隅を照らすNPOやNGOの現場などには,
>人知れず心温まる美談が生まれては消えていることでしょう。
>そんな小さくて大きな記事を,第一線で活躍する
>CANPANブロガーが多くの人に伝えて欲しいのです。

という趣旨がすばらしいですね!

「新設まもないブログでもOK」、「条件は,実名公開と1カ月に12本の記事」とのことでしたので、CANPANブログで実名ブログとして「足助の地域振興活動」を新設しました。

また、「デザインより中身,全体構成よりもイチオシ記事」とのことでしたので、応募した「足助のお宝体験隊2006当日」の記事に、特に力を入れました。

「足助のお宝体験隊2006」は、まさに「ニュースにならない笑顔」であり、「記事にはならない明るいイベント」だと思っています。

この機会に足助の手作りの地域振興活動を紹介する新たなブログを立ち上げることができました。

良いきっかけをありがとうございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.25

百年草blog

「百年草blog」がはじまっていますよ!

▼百年草blog
http://www.hyakunensou.co.jp/blog/

▼百年草サイト
http://www.hyakunensou.co.jp/

以前、下記のページで百年草サイトリニューアルのことを話題にしました。

▼百年草サイトリニューアル
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/08/post_979b.html

そのときに、「[Today's topics]だけでも、ブログシステムを併用して利用されると良いのではないでしょうか。」と書かせていただきましたが、このように、ブログシステム(Movable Typeを使っていらっしゃいますね。)を活用されるようになったことをうれしく思っています。

下記では、今年の香嵐渓のポスター画像が紹介されてますね!

▼香嵐渓
http://www.hyakunensou.co.jp/blog/2006/10/post_6.html

コメント欄ではZiZi工房のフランクフルトとカレーナンの話題が展開されていますよ!

このようなコミュニケーションを図れるのもブログの良いところですね。

早速、私からもトラックバックを送らせていただきましょう!

ブログ開設おめでとうございます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.23

私の作業記録:MyRecV0.15

下記修正のため「私の作業記録:MyRec」をV0.15に改訂しました。

 V0.15(2006-10-18)
  ・[記録]ボタンをクリックした際、MyRec操作前に作業していた
   ウィンドウがアクティブになるよう修正

「私の作業記録:MyRec」は、自分自身の詳細な作業記録作成を支援するツール(Windows版のフリーソフト)です。

10分ごと(設定変更可)に、現在の作業内容の入力を促すダイアログがポップアップします。

06102301_1

作業記録は、テキストファイルとして保存されます。
このごろ「作業効率が落ちてきた」、「集中力が持続できない」と感じる場合は、作業記録を分析し、時間の使い方を見直してみましょう。

071303

下記ページからダウンロードできます。

▼私の作業記録:MyRec
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/07/myrecv012_a967.html


今回は、satさんからブログのコメント欄に下記のようなご要望をいただきましたので対応させていただきました。


>はじめまして
>
>「MyRecV0.14」を作業時間の記録として
>使わせていただいているものです。
>
>定期的にでるダイアログのため、記録し忘れを防げるので
>重宝しております。
>
>1週間ほど使ってみて気になる点がでてきました。
>もし、可能であればご検討いただけませんでしょうか?
>
>[元のウィンドウが非アクティブになる]
>私が確認した範囲では下記の操作後、MyRec操作前に作業していた
>ウィンドウがアクティブになりません。
> ・記録ボタンを押す
> ・開くボタンを押して開いたメモ帳を閉じる
>
>再度、ウィンドウをアクティブにする必要があるため、
>作業の連続性が損なわれていると感じています。
>
>操作前のウィンドウを再度アクティブにしていただくようなことは
>可能でしょうか?
>
>動作環境は、WindowsXP Professional SP2です。
>
>以上、よろしくお願いします。

ご意見ありがとうございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.18

NIKKEIプラス1で香嵐渓が2位!

先日、メルマガ読者の方から、下記のようなメールが届きました。

>[足助からの便り]ご苦労様です。
>
> :
> :
>
>10月14日付 日本経済新聞の付録紙「プラス1」に
>行って楽しい紅葉の名所に香嵐渓が、NO.2 でした。
>
>NO.1 奥入瀬渓流・十和田湖
>NO.2 香嵐渓
>NO.3 日光
>NO.4 八幡平
>NO.5 宮島 紅葉谷公園
>
>「香嵐渓」、この名前が懐かしかったので、
>メールしました。
>
>今後も、続けて下さい。

メールをくださった方は足助出身で、現在は首都圏在住だそうです。

メルマガ購読ありがとうございます!

また、「行って楽しい紅葉の名所」として、足助の「香嵐渓」が全国第2位に選ばれたという、うれしい情報をありがとうございます!!

しかし、全国で第2位とは、すごいことです!


下記のNIKKEIプラス1のサイトでも紹介されていますね。(何でもランキングは毎週更新されるみたいなので、現在は「行って楽しい紅葉の名所」は掲載されていません。)


▼NIKKEIプラス1
http://www.nikkei.co.jp/p1/

詳細は、下記に記載されています。

▼何でもランキング「行って楽しい紅葉の名所」
http://www.nikkei.co.jp/p1/ranking/

2位の香嵐渓についての説明は以下のようになっていますね。


-----

 2位の香嵐渓(こうらんけい)は住民の手で大正末から
昭和初期にかけて植林が続けられ整備された。

「渓谷にもみじが重なって清流に映える景色を見ると、
言葉にならないほど感動する」(井門さん)。

古い街並みを保存し、高齢者らがボランティアとして
香嵐渓のガイド役を買って出るなど、
地元、豊田市足助町の活動に対する評価は高い。

ただ、紅葉のピーク時には渋滞にぶつかる可能性があるので、
覚悟しておいた方がいい。

-----

住民の手で整備されたことや、ボランティアガイドさんの活動にも触れらているところがうれしいですね。

▼三州足助ボランティアガイド
http://asukeguide.hp.infoseek.co.jp/index.html

▼三州足助観光ボランティア・ガイドについて
(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/kankou/guide.htm


調査方法は、「紅葉に詳しい専門家に、全国各地を対象として紅葉の名所を15位まであげてもらい順位を加味して集計した。」とのことです。

自然のものなので、何とも言えないところですが、今年もすばらしい紅葉を期待したいと思います。


2002年~2005年の香嵐渓レポートは下記にありますので、よかったら覗いてみてください。

▼香嵐渓と観音山の紅葉(2005/11/26)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/11/1126_f7f5.html

▼昨日の香嵐渓(2004/11/23)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/11/20041123.html

▼2004年11月の観音山
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/01/post_19.html

▼今日の香嵐渓(2004/11/13)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/11/1113.html

▼2003年11月23日の香嵐渓
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/2003/koyo1123.htm

▼2002年11月16日の香嵐渓
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/koyo1116.htm


今年も、「るるぶ.com」の「紅葉とれたて便2006」でトラックバックを受け付けているので送ってみましょう!

▼愛知 香嵐渓 紅葉とれたて便2006:るるぶcom
http://www.rurubu.com/season/autumn/koyo/channel.asp?SozaiNo=230011
↑紅葉見ごろお知らせメールなんてのもありますね!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.10.16

とよたドライブナビ

豊田市観光協会による「とよたドライブナビ」というサイトが開設されています。

▼とよたドライブナビ(豊田市観光協会)
http://www.kankounavi.toyota.aichi.jp/

トップページには、下記のような説明がありますね。

-----

★平成18年度「まちめぐりナビプロジェクト」の実験サイトです。

「まちめぐりナビプロジェクト」は、国土交通省が、
観光客への情報提供の高度化による移動支援の先進的事例を
つくるために実施するプロジェクトです。

「とよたドライブナビ」は、このプロジェクトメニューであり、
観光客の移動支援や観光地間の周遊性の向上を目的として、
観光施設のコンシエルジェ(案内人)が鮮度の高い観光情報を
リアルタイムに提供する実験サイトです。

-----

なんかちょっと難しいですね...

豊田市の「まちめぐりナビプロジェクト」については、下記にも関連情報があります。

▼ 観光客のまちめぐり支援へ実証実験開始(豊田市)
http://www.jcci.or.jp/cgi-news/jcci/news.pl?3+20061004121317
↑国土交通省の「平成18年度まちめぐりナビプロジェクト」に
 選定された25地域のうちの1つが豊田市だそうです。

▼『まちナビ』始まる!(PDFファイル)
http://www.mlit.go.jp/chubu/kisya06/kikaku060929.pdf
↑カーナビによるリアルタイムな情報提供や、
 移動式観光案内所などの実証実験も行われるようです。

現時点では、「とよたドライブナビ」には下記の3つの周遊ルートが紹介されていますね。

▼とよたドライブナビ(豊田市観光協会)
http://www.kankounavi.toyota.aichi.jp/

・豊田の遊び周遊ルート
・豊田の芸術周遊ルート
・豊田の歴史周遊ルート

どういうルートになっているのかなとよく見てみると...

なんと、どのルートも最終目的地は足助の香嵐渓ではないですか!!

うれしいような気もしますが、それで良いのかという気もしたりして。

香嵐渓と、香恋の館以外は全部旧豊田市内の施設というのも最初だから仕方ないのかな?

各周遊ルートの「詳細」をクリックしていくと、最新情報のページにたどり着きました。

香嵐渓は下記のページですね。コンシェルジェさんが、香嵐渓の最新情報を紹介してくださっています。

▼香嵐渓最新情報(とよたドライブナビ)
http://www.kankounavi.toyota.aichi.jp/spot/2/

Googleマップが利用されているのはいいですね。

過去の情報は下記ページにあります。

▼コンシェルジェ香嵐渓バックナンバー(とよたドライブナビ)
http://www.kankounavi.toyota.aichi.jp/spot_img_back/2/

まだ、今月からはじまったばかりのようですので、今後の展開に期待したいと思います。

ほんとはこういう情報はブログシステムを使って発信してもらえると良いのですけどね。

独自システムでも良いのですが、最低でも個別ページのURLとRSS出力だけは欲しいところでしょう。

それに、トラックバックもあったほうがサイトとして面白くなると思うんですけどね。

コンシェルジェ情報は「みちナビとよた」サイトとも連携しているようですね。

▼みちナビとよた
http://www.michinavitoyota.jp/portal/servlet/Index

みちナビとよたの香嵐渓のページを表示してみると、コンシェルジェ情報が表示されますよ!

こういう連携はいいですね。コンシェルジェ情報が充実していくと、きっと良い展開になっていくのではないでしょうか。


以前、下記のように足助地域会議委員として「豊田市観光基本計画に関する意見記入シート」に記入したことを話題にしました。

▼豊田市観光基本計画に関する意見記入シート
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/04/post_5d37.html

私は意見記入シートに下記のように記載したので、「とよたドライブナビ」にこの意見が少しでも取り入れられるようになってくれたらうれしいなと思っています。

------

「観光モデルコース情報の提供については、
「みちナビとよた」などとも連携し、ユーザニーズの多様性に
対応できるようなアドバイザー的情報をネット上で
提供できるシステムを構築すると良いと思います。
(観光目的、中心観光拠点、季節・イベント、渋滞予想、
滞在期間などの情報から、総合的に判断して複数の
モデルコース案を提案するなど)

-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山里あすけ体育祭

昨日は「山里あすけ体育祭」が足助グランドでありました。

私も、地元地区のバレーボールチームの一員として
参加しました。

成績は3勝1敗で、ブロック別の準優勝でした!

参加者のみなさんお疲れさまでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.13

わくわくワールド

10月9日にトヨタスポーツセンターで開催された「わくわくワールド」に子供といっしょに行って来ました。

▼トヨタのロボットマニアたちの姿に「ものづくり」の秘密を見た
~豊田市で「わくわくワールド」が開催 (Robot Watch)
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/10/12/209.html

▼トヨタ、「わくわくワールド」を10月9日に開催
~i-unit体験や歩行ロボット競技なども実施 (Robot Watch)
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/10/02/196.html

▼わくわくワールドを開催(トヨタ自動車)
http://www.toyota.co.jp/jp/news/06/Sep/nt06_0906.html

以下、会場の様子を写真で紹介します。

▼i-unit試乗体験
06101301
↑試乗には事前予約が必要だったので
 私たちは静止展示のi-unitで記念撮影をしてきました。

▼11年育成したカリウムミョウバンの結晶7kg
06101302
↑結晶の育成期間と大きさにビックリです。

▼巨大な積み木コーナー
06101303
↑間伐財を材料にした積み木だそうです。

▼手作りモーターを作って回そう
06101304
↑学生時代にお世話になった先生が講師をされていました。

06101305
↑コイルを巻いて簡単なモーターを手作りできます。
 完成したモーターは持ち帰ることができます。

▼電子回路やロボット制御に挑戦!
06101306

06101307
↑うちの子は電子回路に挑戦しました。
 小学生対象ですが説明の中に2進数が出てきて、
 ちょっとびっくりでした。

▼ロボカップ世界大会に出場したサッカーロボットとの対決
06101308
↑ラジコンで操縦する子供たちのチームが
 ロボカップ世界大会に出場した自動操縦チームに
 挑戦してました。

▼綿花から糸つむぎ
06101309

06101310

06101311

06101312
↑綿花から糸にするまでの工程を手作業で体験できます。
 これは良い体験ですね!


ロボットなど最新技術のものづくりだけでなく、糸つむぎ、竹細工、わら細工、紙すきなど、昔ながらのものづくり体験もある点がよかったです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.10

美濃和紙あかりアート展

先日、「たんころりんの会」の視察ということで、「美濃和紙あかりアート展」に行って来ました。

▼美濃和紙あかりアート展
http://www.minokanko.com/akari/hyoushi.htm

▼美濃和紙あかりアート展とは
http://www.minokanko.com/akari/gaiyou.htm

「美濃和紙あかりアート展」について、上記ページに「1300年の伝統を誇る「美濃和紙」を使ったあかりのアート作品を全国から募集し、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている『うだつの上がる町並み』全体を会場として展示し、コンテストをします。」と説明があります。

06101001

06101002

06101003

06101004

▼うだつのライトアップ
06101005

足助の「たんころりん」とは、趣旨も趣きも異なるイベントですが、「うだつの上がる町並み」に並ぶ、たくさんの「あかりアート」はきれいでしたよ。

▼たんころりん(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/tankororin/tankororin2006.htm

中日新聞にも関連記事が掲載されていましたね。

▼うだつ ほんのり美濃で「あかりアート」(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/00/gif/20061008/
lcl_____gif_____010.shtml

和紙を使った照明作品は452点だそうです。

また、「初日の人出は約4万人。」とありますね。

確かにすごい人出でした。会場まではシャトルバスが運行していて、会場となる「うだつの上がる町並み」のほうも順路が決まっていて、歩くのも一方通行になっていました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

足助のお宝体験隊2006

10月1日(日)に、「足助のお宝体験隊2006」(足助商工会青年部主催)が開催されました。

▼足助のお宝体験隊2006
http://www.asuke.biz/2006/index.html

▼お宝体験隊アルバム
http://www.asuke.biz/2006/page10/page10.html
↑当日の様子

当日は朝から雨となってしまい、もしかしてキャンセル多数なんてことになってしまったらどうしようかという思いが一瞬、頭をよぎってしまいました...

そんな考えが浮かんでしまった私が間違っていました...申し訳ありません。

悪天候にもかかわらず、参加決定通知をお送りした方々のほとんどが、足助に足を運んでくださいました。

ありがとうございました!

06100401

合羽を着て、やる気満々のお子さん方が、開会式に多数詰め掛けている様子を見たときには、思わず感激してしまいました。

▼開会式の様子
06100402

▼私が当日担当していた弓矢の試射体験ポイント
06100403

06100404

▼特設ショップ「だらぁ~ショップギャランドゥ」
06100406

▼各お仕事体験ポイントで給料として受け取った
 専用通貨「だらぁ~」で買い物やゲームを楽しめる
06100405

06100407

雨への対応は不十分な面もあったかと思います。
また、体験ポイントによっては、長時間お待ちいただいたという話も聞いております。

申し訳ありませんでした。

より多くの方に満足いただけるよう、反省点は次回に生かしていきたいと思います。

みなさんありがとうございました!


参加者の方から、「あすけお宝情報編集長日記 」にうれしいコメントがありました!

▼「お宝体験隊2006」待ち時間情報(あすけお宝情報編集長日記)
http://plaza.rakuten.co.jp/asuke/diary/
200609280002/#200610021448027379

以下、上記からの転載です。

-------------------

ありがとうございました(^^)

こあられさん

10/1に体験隊NO94で参加させていただきました(^^)
いろいろ至れり尽くせりで私達が恐縮気味での参加でした。とっても楽しかったです。ありがとうございました。
雨で商工会の方々が風邪をひかないか?と心配しましたが大丈夫でしたか?
初めての町を歩きながら「またゆっくり歩きに来よう(^^)」と話しておりました。
香嵐渓ではなく「町の路地」「足助川沿いの遊歩道」etcを楽しみたく思います。 先日いただいた「まちじゅう博物館」も見ながらノ~ンビリと歩いてみますね(#^.^#)
本当にお疲れ様でした。そしてありがとう~(^o^)/~

-------------------

ほんと参加者の方から、こんな言葉をいただけるなんて感激です。

さらに、このコメントをくださった「こあられさん」は、ご自身のブログに当日のレポートを掲載してくださっています!!

うれしい記述がいっぱいありましたので、その一部を紹介させていただきます。

▼「足助のお宝探検隊」その1(こあられの思うままに♪)
http://koarare.fruitblog.net/?451fab9506cff
↑「冒頭に "あいにくの雨" と書きましたが、
 雨ならではの風景も見られこれまた良し!
 であります」

▼「足助のお宝探検隊」その2(こあられの思うままに♪)
http://koarare.fruitblog.net/?45206f9ed4fef
↑「私たちは楽しく体験させていただいて
 町中で笑顔をくださる足助の皆さんにも
 感謝するばかりでございます。
 ・・・足助の商工会のみなさ~ん 
 ありがとうございました 素敵な場所・風景を見に
 また行きますね~」

▼「足助のお宝体験隊」 番外編(こあられの思うままに♪)
http://koarare.fruitblog.net/?4521fe1704077
↑「いろんなところにチョロチョロと出掛けるのですが
 「また来よう!」って思える場所って少ないんですよね
 でも、足助は絶対行くよ!」

すばらしいレポートを、ありがとうございました!


「こきこき日記」のtunaさんも、下記の記事で当日の様子を紹介してくださいました。

▼足助のお宝探検隊2006 (こきこき日記)
http://tunasan.at.webry.info/200610/article_1.html

ありがとうございます!

「今年は、各会場の待ち時間が携帯電話で分かるようになっている。さすが青年部!企画力・実践力とも素晴らしい。」と「待ち時間情報」のことも話題にしてくださっています。

この日の「待ち時間情報」サイトへのアクセス数は826件と予想以上でした。

思っていたよりも活用していただけたようでよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.03

バレーボールTシャツのお披露目

週末に、豊田市の小学生を対象としたバレーボールの交流戦があり、下記で紹介したTシャツのお披露目となりました。

▼小学生バレー教室用Tシャツ
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/09/post_3f19.html

06100306

この日に着ることをめざして製作したものですので、間に合ってホッとしました。

おかげさまで、子供たちにもお母さんたちにも好評だったので、よかったです。

06100303

06100304

06100305




↑ここで作っていただきました!
 創業70年のメーカー久米繊維 直営店 T-galaxy.com(アフィリエイトリンク)
 Tシャツ・ポロシャツ・トレーナーのオリジナルプリント受注サイト

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今週末は足助まつり!


今週末の、10月7日(土)、10月8日(日)には、足助八幡宮で足助まつりが開催されます。

▼足助まつり(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/asukematuri/asukematuri.htm

「愛・地球博」の「山車百輌総揃え」で、他地域のお祭り関係者にも大きなインパクトを与え、大人気だった「足助パフォーマンス」を見ることができますよ!!

▼「愛・地球博」の「山車百輌総揃え」
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/04/post_45d3.html

▼愛・地球博での足助パフォーマンス
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/05/post_cc3c.html

タイムスケジュールは下記で紹介されています。

▼足助まつり日程(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/asukematuri/asukematuritime.htm

下記の「足助祭り山車巡行図」も参考にしてみてください。

06100302

06100301
↑クリックで拡大


Brunoさんのブログでは、「足助祭り山車巡行図」がPDFファイルで公開されていますね。

▼足助祭り 山車巡行図(ブラジレイロな生活?)
http://blog.livedoor.jp/tamadaya/archives/51175132.html

▼足助祭り 山車巡行図(PDFファイル)
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~tamadaya/asuke/map.pdf

また、下記の記事では「こちらの画像はステキですね。」と、足助祭りの写真が掲載されているサイトが紹介されています。

▼現役復帰(ブラジレイロな生活?)
http://blog.livedoor.jp/tamadaya/archives/51186611.html

下記の2つのサイトですが、ほんとすばらしい写真ですね!

▼足助祭り(がちょうの池出張所)
http://goosekap.exblog.jp/1425813

▼足助祭((がちょうの池)
http://homepage.mac.com/goose_k/2004/PhotoAlbum56.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »