« お宝体験隊サイトリニューアル | トップページ | カナダの「みん”」さんが足助へ »

2006.08.14

たんころりん2006(8/10の様子)

8月6日に続き、8月10日にも「たんころりん」を見に行きました。

▼たんころりん2006(8/6の様子)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/08/200686_9e49.html

撮影してきたデジカメ写真を紹介します。

参州楼さんには、Dinner Time のメニューとして、「たんころりんセット」(8/5~8/15)がありました。

06081401

いつものことですが、マンリン小路にはカメラマンのみなさんが集まっていらっしゃましたよ。

06081402

すばらしい墨絵を描いた「たんころりん」もありました。

06081403

こちらも毎年展示されていますあが、「たんころりん」とともに軒先に飾ってある竹細工の行灯は、すばらしいものがあります。

06081404

田町地区の、豊岡屋さん付近は、周囲の明かりが少なくて、「たんころりん」が実に良い雰囲気で灯されていました。

06081405

一本、なかの通りにも、「たんころりん」が並んでいました。

06081406

慶安寺のオカリナ演奏会には、30人ほどの方々が集まっていらっしゃいました。

オカリナの柔らかな音色が、「たんころりん」に実に良くマッチしていました。

06081407


こちらは、西町の「たんころりん通り」です。ちょっとぶれてますね...

06081408


|

« お宝体験隊サイトリニューアル | トップページ | カナダの「みん”」さんが足助へ »

たんころりん」カテゴリの記事

コメント

実家への帰り、夜8時ごろ橋を車で渡っているとどどーんと目の前に花火があらわれて、「わっー」と思わず、叫んでしまいました。道々、空を見上げている人人、里山の静かな夜とは、一味違う、夜でしたね。

投稿: 大きな森の小さなギャラリー | 2006.08.15 18:35

大きな森の小さなギャラリーさん こんにちは!

私も毎年、足助の花火を家族で見に行くのは恒例行事にしています。
規模は小さいですが、近くで見ることができて、なかなか良い花火大会だと思っています。

投稿: Key | 2006.08.17 22:00

はじめまして、練人と申します。
私は7日に伺いました。

玉田屋さんの前にて尺八が奏されていて、
たんころりんの音色とマッチした不思議な
ひと時を過ごさせていただきました。

墨絵のたんころりん、私も覚えております。
モリゾーとキッコロが貼り付けてあるものも
あったりして、全体の雰囲気だけでなく
美術展のように一つ一つを楽しむことも出来ました。

足助屋敷の職人さんとおしゃべりをしましたが、
材料の“たけひご”を作るのが、結構難しい
そうですね。
ですが、機会があれば私も作ってみたいと思いました。

投稿: 練人 | 2006.08.26 11:49

練人さん はじめまして!

「たんころりん」を楽しんでいただけたようでよかったです。

「竹ひご」づくりは、ほんとに大変な作業だと思います。現在の日本の人件費で考えたら、「たんころりん」の竹ひごや和紙は、ほんとはとんでもない値段になってしまうのではないかという印象を持っています。

足助屋敷では、8月限定で「たんころりん」作り体験をやっているようですよ。(事前予約が必要とのことですが。)


投稿: Key | 2006.08.27 21:06

たんころりんが作れる!嬉しいご案内ありがとうございます。
でも都合を付けるのが難しく、またの機会になりそうですm(_ _)m

おっしゃる通りで完成までのコストを考えると、
「とんでもない値段」になりそうですね(汗

一方で測定できない効果としては、
自分の住んでいる町に対しての愛着や、
自信、誇れるものの存在があると思います。

が、この辺になってきますと年月との掛け合わせでこそ、
“Priceless”なものになってくると思われます。

風外さんのお菓子やキャンドルナイトへの展開など、
多方面の可視的な活動と組み合わせながら、
永く続いて欲しいと願います。

私は遠くから眺めているのがせいぜいで、
まずは私の友人たちに話をするところから
応援させて頂きます。

長々と失礼致しました。

投稿: 練人 | 2006.08.28 02:48

練人さん こんにちは!

ブログ拝見させていただきました。足助屋敷をはじめ、足助をいろいろと楽しまれたようですね!!

「たんころりん」作りは、また機会を見つけてチャレンジしてみてください!
9月に名古屋で開催の計画もありますが、やはりまた、是非、足助に足を運んでみてくださいね!

「たんころりん」の本質は、観光ではなく、地域づくりというところにあるのではないかと感じています。

私自身は、足助の町並みに住んでいるわけではないのですが、いろいろと「たんころりん」の活動にも参加させていただきていますし、ほんとに、末永く続いて欲しいと思っています。

投稿: Key | 2006.08.28 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/11439297

この記事へのトラックバック一覧です: たんころりん2006(8/10の様子):

» 足助の『たんころりん』 Vol.4 [保険販促委員会]
今年で4回目となる足助の『たんころりん』に、また今年も行ってきました。私の場合、近年お盆といえば“たんころりん”と観に行くのが慣習になっています。昨今では新聞で報道されたりして、知名度もアップしてきたんじゃないでしょうか?つい先日、ZIPFMのCMでも“情緒...... [続きを読む]

受信: 2006.08.15 17:53

« お宝体験隊サイトリニューアル | トップページ | カナダの「みん”」さんが足助へ »