« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.30

Ray/レイ

レイ・チャールズの半生を描いた映画「Ray/レイ」をDVDで見ました。

波乱万丈の人生だったんですね。

全体を通して、音楽的才能のものすごさを感じました。

Ray / レイ
Ray / レイテイラー・ハックフォード ジェームズ・L・ホワイト ジェイミー・フォックス

おすすめ平均
starsお世辞抜きで名作
stars歌が良かったです
starsタブーの部分も隠さずレイ・チャールズの生涯を描いた作品
starsソウルの偉人が亡くなる時代
stars最初のシーンから惹き込まれます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成18年度第4回足助地域会議

昨夜、「平成18年度第4回足助地域会議」が、豊田市役所足助支所で開催されたので出席しました。

主な協議事項は、下記で紹介されている5つの提案についてでした。

▼みなさんのご意見をお聞かせください(あすけネット)
http://www2.town.asuke.aichi.jp/mt/data/cbbs/chiiki/
epb4002006061556452049/epb4002006061556452049.htm

-----

■提案1(福祉)
 ピンピン・いきがい・ふれあいづくり事業

■提案2(産業)
 足助の森を守ろう!人工林の保全事業

■提案3(交通)
 美しく安全なモデル路線設置事業

■提案4(環境)
 足助の川を守る環境保護事業

■提案5(歴史伝統文化)
 地域の宝を見つけ出し、次の時代へつなげる事業

-----

各提案について、分科会のリーダーから説明があり、全体での意見交換が行われました。足助地区区長会から出された意見についての報告もありました。

また、現時点での「わくわく事業全市一覧」が配布されました。足助地区の補助団体数20団体というのは、現時点で最大のようです。

足助地区のわくわく事業補助団体については、下記で公開されています。

▼平成18年度わくわく事業補助団体が決定しました(あすけネット)
http://www2.town.asuke.aichi.jp/mt/data/cbbs/shisho/
epb4002006062350518495/epb4002006062350518495.htm


今回の地域会議は、地元ケーブルテレビによる録画が行われていました。

また、会議終了後には、分科会リーダの方へのインタビューも行われていました。

06063001

近日中に放映されると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.28

豊田市議会一般質問録画映像

豊田市のホームページで、平成18年6月豊田市議会定例会一般質問の録画映像が公開されています。

▼一般質問 録画映像 平成18年6月豊田市議会定例会
(豊田市ホームページ)
http://www.city.toyota.aichi.jp/fa00/fa01/video/shitumon.html

5番目には、足助地区から出ていらっしゃる鈴木章さんの映像があります。

質問の内容は「豊田市のバス交通政策について」ですね。

------

1 豊田市のバス交通政策について
(1) 合併前のバス交通と現状の取組について
(2) 地域核間バス交通について
(3) 高校生の通学手段としてのバス交通
(4) 高齢者の交通手段としてのバス交通
(5) 観光地を結ぶバス交通のあり方について

------

「(2) 地域核間バス交通について」の質問内容には、下記のような話題がありました。

・豊田市役所稲武支所から豊田市役所本庁舎へ、
 公共交通機関で行く場合の片道所要時間と料金
 -稲武バス→さなげ足助バス利用時約138分/1290円
 -稲武バス→名鉄バス利用時約135分/1270円

・自分の住んでいる市の市役所に行くのに、その日の
 うちにバス路線利用では帰れない場合も考えられる。
 (1泊2日、まるで旅行)

・同じ豊田市内の移動が、名古屋中心部へ行く場合に
 比べ倍近い料金がかかる。

・豊田市役所旭支所から下山支所へ公共交通機関で行こう
 とすると約3時間かかる。

私は自家用車を利用しているので、バスについては漠然と、不便で使えないよなぁと感じていましたが、こうして具体的な数字が出てくるとなかなか衝撃的ですね。

説得力のある質問内容だと感じました。足助地区の同世代の市議会議員さんが、このようなしっかりした活動をしてくださっているのを見るのはうれしいですね。

豊田市では、公共交通基本計画を策定中だそうですので、都市部だけでなく、山間地域についても公共交通機関が充実することを期待しています。


一般質問は、これまでもケーブルテレビで中継されていましたが、このようにネット上で公開されると、何時でも見ることができますし、倍速で見たりもできますので、いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

小さな日本館完成!

子供が、下記に掲載されている「竹でドームをつくろう! 名づけて、小さな日本館!」を見て、これを作りたいと言うので、チャレンジしてみました。

▼ニッポンカン新聞第四号(サイバー日本館)
http://www.meti.go.jp/policy/exhibition/seufu
-syuten-kanren-/CyberNipponkan/newspaper/04/index.html

材料は、今年の「鯉のぼり」を立てるのに使った竹です。

▼屋根より高い「鯉のぼり」
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/04/post_101e.html

竹を割るところからはじめて、週末の時間がとれるときに少しずつ作っていたのですが、この度ようやく完成しました。

06062601

日よけ用の屋根は、子供が竹の枝を集めていつの間にか作っていたものです。

ちゃんと作り方を見ながら作ったつもりなんですが、どうも材料の長さをどこかで間違ってしまったようです...完成した竹ドームはニッポンカン新聞の写真とちょっと違っちゃってました。

おかしいなぁー。

まぁ、細かいことは気にしないでおきましょう!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.06.23

17kHzはまだ聞こえる!

下記の記事で、若者だけしか聞こえない携帯電話の着信音「モスキート・リングトーン(蚊の着信音)」のことが取り上げられています。

▼米国IT事情第38回 若者に人気の「蚊の着信音」(PC View)
http://www.pc-view.net/Business/041118/page41.html

年齢ととも高い周波数の聴力が低下するため、

>携帯電話の着信音をこのモスキート・リングトーンに
>設定すると、電話がかかってきても17000Hzを音として
>聞くことができる20代までの若者にしか聞こえない。

ということになるんだそうですよ!

実際に自分の聴力を試したい場合は、下記ページでチャレンジできるそうです。

▼The Mosquito Ring Tone: This Adult Can Hear It!
http://saunderslog.com/2006/06/12/the-mosquito
-ring-tone-this-adult-can-hear-it/

モスキート・リングトーンと、15102Hz、16000Hz、16961Hz、17959Hzのサイン波を聞くことができます。

早速、私もチャレンジしてみました。

学生時代に、バンドでシンセをやっていて、耳はその頃酷使しましたので、きっと聞こえないだろうなと思っていたのですが、意外にもどの周波数もはっきりと聞こえました。

ただ、再生する環境に大きく影響されるようです。私のところでは、デスクトップパソコンではばっちり聞こえましたが、ノートパソコン(Let's Note W2)だと内蔵スピーカ、外付けスピーカ、ヘッドホンのいずれも全然聞こえませんでした。

サウンドカードの性能に依存するのでしょうか?

デジタルなので、高音域のほうは20kHzまで割と簡単に出せているんじゃないかと思っていましたが、そうでもないようです。D/Aコンバータとアナログ系のアンプ部の問題なのかな?

ちなみに、デスクトップパソコンに接続しているスピーカは、定格周波数範囲 40Hz~100kHzのGX-77M(onkyo)です。


GX-77M(B)

今なら、ポイント還元もあって、Amazonがお買い得みたいですね。

ONKYO GX-77M(B) PCスピーカー
ONKYO GX-77M(B) PCスピーカー
オンキョー 2003-12-13
売り上げランキング : 4089

おすすめ平均 star
star確かにクラスを越えた解像度だ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ちょっと検索してみたところ「蚊の着信音」は、こちらでも話題になっていました。

▼聞こえる?蚊の着信音…米英の若者に大流行(iza! by 産経新聞社)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/worldnews/5745/


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.21

「猿」出現

以前、子供が下校途中に猿を見たと行っていたのですが、私も今日、うちのすぐそばで目撃してしまいました。

06062101

子供たちの通学路付近をうろうろしていたので、ちょっと心配になります。

食べ物を持っていたり、刺激したりしなければ、わざわざ人間に向かって来ることはないと思いますが...

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.06.20

円通院梅の収穫祭(6/25)

下記で紹介されていますが、6月25日(日)に円通院梅園で、毎年恒例となっている梅の収穫祭が開催されるそうです。

▼告知 梅の収穫祭(気楽にいこう!)
http://blog.goo.ne.jp/ryogonsan/e/ddd31ca9ab31b853cc177789e68f3d55
↑梅の木の写真が掲載されています。

日時、場所、イベント内容、連絡先など、詳細情報は下記に掲載されていますね。

▼梅の収穫祭地図です(気楽にいこう!)
http://blog.goo.ne.jp/ryogonsan/e/275b1c95bddd8c20324dde11ef70f728

以下、上記からの抜粋です。

-----

■梅の収穫祭のご案内

梅干しや梅酒、シロップ用に最適な梅の収穫祭を、
豊田市明川(あすがわ)町の円通院梅園にて開催いたします。
もしよろしければ足を運ばれてみてはいかがですか?

 開催日 6月25日(日)10時~15時(雨天決行)
 場所 豊田市明川町 円通院梅園

ご自分で収穫された梅を1kgあたり400円でおわけいたします。
特に収穫の制限は設けません。梅の分量には限りがありますので、
万一売り切れてしまいました場合はお許し願いたくお願いします。

当日は五平餅や焼き鳥等の販売、ベンチャーズのコピーバンド、
ドンキーズさんやK's Bandの演奏など、イベントも企画して
おりますのでお楽しみにしてください。

お問い合わせは、

豊田市明川町滝ケ洞9番地
円通院 電話0565-67-2271

にて受付いたします。

-----


当日演奏される、K's Bandの方からも案内メールをいただきました。

私はちょっとこの日は行けそうにないので残念ですが、バンド演奏のほうも楽しそうですね!!

そうそう、昨年は東海テレビの取材があったそうですよ!

▼円通院の「うめ収穫祭」(6/19)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/06/619_c5fc.html

みなさんも、梅の収穫に参加されてみてはいかがでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツバメのひな

今年もツバメがやって巣を作りました。毎年恒例ですね。

その巣に、雛が孵りました。黄色いくちばしをパクパクしています。かわいいですね。

06062001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.18

たんころりんのキャンドルナイト当日

昨夜、「たんころりんのキャンドルナイト:でんきを消して、スローな夜を。豊かな暗さ、たんころで。」に参加してきました。

▼たんころりんのキャンドルナイト
(100万人のキャンドルナイトイベント情報)
http://event.candle-night.org/detail.php?id=713

▼たんころりんNews!
http://m.tankororin.com/

今年は、地元小学校の親子ふれあい活動作成した「たんころりん」も、足助の町並みに展示させていただきました。

▼親子でたんころりんづくり
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/01/post_ef15.html

作成した「たんころりん」は、本町の両口屋さん周辺に展示させていただく予定でしたが、雨が激しかったので、急遽、西町の玉田屋旅館さん近くの車庫内に展示させていただくことになりました。

061801

関係者のみなさん、急な対応ありがとうございました。展示した「たんころりん」の周りで、子供たちは大喜びではしゃいでいました。

061802

以下私が、回ったところを画像で紹介させていただきます。

↓各会場を巡回されていた「足助のチンドン屋さん」
061803

▼足助のチンドン屋さん
http://homepage2.nifty.com/mizulucky7/

↓相撲甚句(玉田屋)
061804

↓お囃子(本町区民館)
061805

↓語り部(藤屋油屋)
061806

↓三味線(豊岡屋)
061807

↓ファド(本町区民館)
061808

↓津軽三味線と語り部(深見邸)
061809

あいにくの天候でしたが、「たんころりん」の柔らかな明かりで、スローな時間を楽しんできました。


tunaさんの「こきこき日記」でも話題になっていますね。

▼「たんころりん」でスローな夜 (こきこき日記)
http://tunasan.at.webry.info/200606/article_8.html

上記ページで紹介されているように、今朝の中日新聞に関連記事が掲載されていました。

▼足助の町にたんころりんの淡い光
 豊田で省エネイベント(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20060618/
lcl_____ach_____015.shtml

↑ 豊田市足助地区で17日夜、中心街の民家や商店の明かりを抑え、省エネについて考えるイベント「でんきを消して、スローな夜を」が開かれた。・・・

そうそう、下記で紹介していますが、昨日もこのイベントの告知が中日新聞に掲載されていたんですよね。

▼わたしの三河自慢発表記事(6/17)で紹介(たんころりんNews!)
http://m.tankororin.com/?eid=141510

| | コメント (10) | トラックバック (2)

元気ですか(オムニバスCD)

中島みゆきさんのカバー曲を集めたCD「元気ですか」を買いました。

元気ですか
元気ですかオムニバス Bank Band 中島みゆき

ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2006-06-14
売り上げランキング : 61


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Bank Band の『糸』を収録したアルバムは持っていたのですが、徳永英明さんの『時代』、槇原敬之さんの『空と君のあいだに』、福山雅治さんの『ファイト!』は聞いてみたいと思っていたので、このCDが出てうれしかったです。

ほかにも、坂本冬美さんの『化粧』、小泉今日子さんの『元気ですか』、小柳ゆきさんの『後悔』、岩崎宏美さんの『恋文』など、他の人が歌うのを聞くのは新鮮でした。

それと、歌詞カードでは糸井重里さんが、中島みゆきさんについて語られています。これはちょっとうれしい驚きでした。

同じ曲のオリジナルバージョンを収録したCDも同時発売されています。

元気ですか
元気ですか中島みゆき 瀬尾一三 石川鷹彦

ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2006-06-14
売り上げランキング : 90


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.06.14

「たんころりんのキャンドルナイト」が公式サイトに登録

「100万人のキャンドルナイト」公式サイトのイベント情報のコーナーに「たんころりんのキャンドルナイト」が登録されています。

▼100万人のキャンドルナイト公式サイト
http://www.candle-night.org

▼たんころりんのキャンドルナイト
http://event.candle-night.org/detail.php?id=713
↑たんころりんのキャンドルナイト 愛知県豊田
 日時 6月17日(土)18:00~
 会場 足助の町並み周辺 愛知県豊田市足助町
 料金 無料
 内容 町の街路灯などを消し、「たんころりん」の
    仄かな灯りのみで、スローな豊かさを求めます。
    その町並みを舞台にアンプラグドな催事を
    展開していきます。


日経BPの「“街ネタ”“旬ネタ”ウォッチング」でも、「100万人のキャンドルナイト」が話題になっていますね。

▼100万人のキャンドルナイト
“街ネタ”“旬ネタ”ウォッチング(日経BP)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/topic/trend/060613_candlenight/

「100万人のキャンドルナイト」について、分かりやすく解説されてますね。

▼「100万人のキャンドルナイト」って何?
http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/topic/trend/060613_candlenight/index1.html
↑100万人のキャンドルナイトとは?
 6月17日~21日の8時から10時のあいだ、電気を消し、キャンドルの明かりで過ごす「100万人のキャンドルナイト」。CO2削減や環境保全を図ろうという環境イベントだ。

でも、「お薦め観賞スポット」には、「たんころりんのキャンドルナイト」は紹介されていなかったので、ちょっとがっかり...

6/17(土)開催イベント「たんころりんのキャンドルナイト:でんきを消して、スローな夜を。豊かな暗さ、たんころで。」の詳細スケジュールは下記に掲載されています。

▼6/17(土)スケジュール&マップ(たんころりんNews!)
http://m.tankororin.com/?eid=135336


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.13

学校アドバイザー

地元小学校から、平成18年度学校アドバイザーの委嘱状をいただきました。

06061301

学校アドバイザーは豊田市の制度で、地域全体から学校と校長先生への支援体制をつくるために設置されたものです。校長先生が推薦し、教育委員会が委嘱します。

というわけで、今年度末まで学校アドバイザーを務めさせていただくことになりました。

学校アドバイザーについての詳細な情報を、豊田市ホームページ探してみましたが、見つけることができなかったので、委嘱状とともにいただいた「豊田市学校アドバイザー(学校評議員)制度実施要綱」を以下に紹介させていただきます。

↓クリックで拡大
06061302

任務としては、「学校への意見・助言を述べたり協力したりする」ということなりますね。

ただ、「学校で知り得た事項について守秘義務を有する」とありますので、ネット上で話題にする際は特に注意したいと思っています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.12

まる八さんのホタルウォッチング

6月も中旬ですね。蛍の飛翔が気になる季節です。

蛍と言えば、まる八さんのホタルウォッチングが有名ですね。

▼ホタルウォッチング(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/hotaru/hotaruwatching.htm

まる八さんのサイトによると、蛍鑑賞会は6月3日~7月下旬まで開催予定だそうです。

▼料理民宿 まる八
http://www.maruhati.gr.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たんころりんの6/17イベントチラシ

下記ページで、6月17日(土)に開催する「たんころりん」イベント「でんきを消して、スローな夜を。豊かな暗さ、たんころで。」のイベントスケジュール&マップを掲載したチラシ画像を紹介しています。

▼6/17(土)スケジュール&マップ(たんころりんNews!)
http://m.tankororin.com/?eid=135336

また、今年の「たんころりん」ポスター用写真撮影の様子が下記で紹介されています。

▼写真を撮りました(たんころりんNews!)
http://m.tankororin.com/?eid=128830

よかったら、覗いてみてください。


下記で紹介していますが、昨年地元小学校で、親子ふれあい活動として「親子でたんころりんづくり」を開催しました。

▼親子でたんころりんづくり
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/01/post_ef15.html

このとき作った「たんころりん」を6月17日(土)のイベントのときに、本町の両口屋さん周辺に展示させていただく予定です。

こちらも楽しみです!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.07

たんころりんイベント6/17の記事

6月6日(火)の中日新聞朝刊18面に、たんころりんイベント「でんきを消して、スローな夜を(6月17日(土)開催)」の紹介記事が掲載されていました。

下記ページで紹介している案内状のカラー写真もいっしょに掲載されていたので、ちょっとびっくりしました。

▼たんころりん案内状
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/05/post_efe6.html

記事の内容については「たんころりんNews!」で紹介しています。

▼中日新聞朝刊6/6に掲載(たんころりんNews!)
http://m.tankororin.com/?eid=128748

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消防団操法激励会

週末に、消防団の操法大会激励会が開催されたので、参加してきました。

6月11日(日)に、 「第50回豊田市消防団消防操法大会」が白浜公園で行われます。足助地区からは2つの分団が出場するそうです。

豊田市消防団消防操法大会の日程については、豊田市消防団ページの「年間事業計画 平成18年度」の欄に掲載されていますね。

▼豊田市消防団
http://www.city.toyota.aichi.jp/syouboudan/main.htm
↑6月11日(日曜日) 第50回豊田市消防団消防操法大会
 市消防操法大会要綱により実施
 8時30分~12時00分 方面隊長以上 出場分団長 出場分団員
 白浜公園
 予備6月18日(日曜日)

地元分団では、操法大会激励会を消防団OB主催で行うことが恒例となっています。

私が現役のときの劇例会の様子は下記で紹介しています。

▼消防団小型ポンプ操法披露会:2003年08月17日
http://hpcgi3.nifty.com/asuke/nicky/nicky.cgi?DT=20030817A#20030817A

今回は、操法披露会を足助消防署のグランドで行い、地元の集会所に戻ってきて、OB主催のバーベキューを行いました。

操法披露会では、小型ポンプ操法による水出しを披露してくれました。天候不順が続き、この日がはじめての水出しとのことでした。でも水出し初日とは思えない動きで操法を披露してくれました。

下記で紹介しているように、足助町のときの操法大会は9月初旬でした。豊田市になって、この時期に大会されることになったそうですので、練習期間が短くて大変だろうなと思います。

▼足助町小型ポンプ操法大会:2003年09月07日
http://hpcgi3.nifty.com/asuke/nicky/nicky.cgi?DT=20030907A#20030907A

条件はどこも同じですので、あと1週間、最後の仕上げをがんばって欲しいと思います。


いっしょに激励会に参加した消防団OBが、当日の様子を撮影した写真を提供してくださいましたので紹介します。

まずは、小型ポンプ操法披露の様子です。躍動感が伝わってくる写真ですね。

06060701

06060702

06060703

そしてこちらは、バーベキューの様子です。みんなで、たくさん食べて飲んでしゃべって、楽しいひとときでした。

06060704

06060705


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.06

地元小学校ブログに動画記事動画

地元小学校のブログ「教務日記」では、音楽指導の様子が動画で紹介されています!

▼動画配信(教務日記)
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/e/d039dad63dc1e933b184bc402ae37615

全身を使って楽しく歌う様子と、元気な歌声が伝わってきますね。

動画の場合は編集時間がかかるし、何かと大変だとは思いますが、今後もときどき、動画で紹介いただけることを期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.05

堀 潔さんとの「すてきな「網縁」」

先日配信されてきた、堀 潔さん(桜美林大学経済学部教授)のメルマガ「週刊ほりきよし Vol.0015 2006/05/27号」を拝見して、びっくりしてしまいました!!

▼堀 潔(ほり・きよし)さんのプロフィール
http://www2.obirin.ac.jp/~khori/khori/hori.htm

▼桜美林大学
http://www.obirin.ac.jp/

メルマガの冒頭で「高木さんのブログは、いつも暖かい雰囲気がする心優しいブログだ。」と、私のブログのことを紹介してくださっていたんです。

下記のバックナンバーページで全文を読むことができます。

▼すてきな「網縁」(週刊ほりきよし Vol.0015 2006/05/27号)
http://blog.mag2.com/m/log/0000185549/107316538?page=1#107316538

ご紹介ありがとうございます!!

以下に、メルマガの一部を転載させていただきます。

-----メルマガの転載ここから-----

━☆━「フツーの大学の先生」の一週間━☆━━━━━━━━━━━━━━━
 ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓      Vol.0015 2006/05/27号
 ★週┃刊┃ほ┃り┃き┃よ┃し★    ★―――――――――――――★
 ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛      www2.obirin.ac.jp/~khori/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□■ すてきな「網縁」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 今週末は、日本経済政策学会参加のため、北九州市からの発信。

 愛知県足助(あすけ)町で自動車部品関連の工場を営む高木さんとは、
 まだお会いしたことはない(と思う)のだが、
 ブログを通じて、いつもいろんなことを教えていただいている。
 また、私のブログにも、しばしば親切なコメントをいただいている。

 高木さんのブログは、いつも暖かい雰囲気がする心優しいブログだ。

 ▼高木さんのブログ:思いつくまま-足助から-
 http://asuke.air-nifty.com/blog/

 社会科見学で工場にやってきた小学生とのふれあい、とか、
 足助町でさまざま行われる観光イベントの紹介、とか、
 週末にお子さんとまき割りで汗を流す話、とか、

 いつも私は、このブログが更新されるのを心待ちにし、
 新着の記事を読んでは、心温まる思いがする快感を楽しんでいる。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 心が優しくなる、励まされる、尊敬できる、ヒントをもらえる、
 広いインターネットの世界には、そんなすばらしい人々と、
 その人々が日々つづるブログがたくさんある。

 ネットを通じたすばらしい皆様との縁は、
 伝統的な地縁、血縁とも違う「網縁」ともいうべきものだろうか。
 こうしたご縁を大切にしていきたいと、日々感じながら、
 ブログやメルマガを書いている。

======================================================================
   :
   :

-----メルマガの転載ここまで-----

「いつも私は、このブログが更新されるのを心待ちにし、新着の記事を読んでは、心温まる思いがする快感を楽しんでいる。」だなんて、感激です!!

メルマガでご紹介いただいている通り、堀 潔さんとは、下記のブログを通じて交流させていただいてます。

▼Spelen met kennis!(堀 潔さんのブログ)
http://bijenkorf.cocolog-nifty.com/spelen/

ときどきコメントを記入させていただくこともあります。

下記の「いい会社をつくりましょう」(塚越 寛著)の書評記事では、「高木さんのブログで紹介されていたこの本を、私も取り寄せて読んでみた。」と書いてくださいました。

▼いい会社をつくりましょう(Spelen met kennis!)
http://bijenkorf.cocolog-nifty.com/spelen/2006/05/post_d1cd.html

「いい会社をつくりましょう」は、足助商工会青年部の推薦図書でしたので、うれしさのあまり、商工会事務局や青年部部長にも紹介いただいたことをメールで伝えておりました。

青年部部長からは、「まさに!こういう広がり方はネットならではで、嬉しいですね。」とコメントをもらっています。

ほんと、「すてきな「網縁」」に感謝です。


「いい会社をつくりましょう」の紹介記事のコメント欄には「この本、本学図書館には所蔵されておりませんでしたので、さっそく発注いたしました♪」とありますが、堀 潔さんは、桜美林大学図書館副館長をやっていらっしゃるんですよね。

▼いい会社をつくりましょう(Spelen met kennis!)
http://bijenkorf.cocolog-nifty.com/spelen/2006/05/post_d1cd.html

図書館副館長のブログも書いていらっしゃいます。

▼図書館副館長ブログ: Lees meer!
http://blog.canpan.info/fukukancho/

これとは別に、「堀先生のお仕事日記」というブログも書いていらっしゃいます!!

▼堀先生のお仕事日記
http://blog.canpan.info/khori/

私は、仕事に関する情報発信という面で、ブログを有効活用できているとは言えないので、お手本にしたいなと思います。

つい先日も取引先から、情報セキュリティ管理状況についてのアンケート形式の調査がありましたので、発信できる内容についてはなかなか難しい面もありますが、どういうブログにするかよく吟味つつ、取り組んでいきたいと考えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »