« わくわく事業公開審査会2006 | トップページ | 観光カリスマ小澤庄一さんの随想録 »

2006.05.17

いい会社をつくりましょう

「いい会社をつくりましょう」を読みました。

足助商工会青年部の推薦図書として配布された本です。

いい会社をつくりましょう。
いい会社をつくりましょう。塚越 寛

文屋 2004-09
売り上げランキング : 2,690

おすすめ平均 star
star理想の会社
starトップがぶれないこと、そこに成長の秘密があります
star道徳心と美意識

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者は、伊那食品工業株式会社 代表取締役会長の塚越 寛さんです。

伊那食品工業株式会社は長野県伊那市にある、寒天のトップメーカーだそうです。

ホームページはこちらですね。

▼かんてんぱぱのホームページ
http://www.kantenpp.co.jp/index.html

下記に書かれていいますが、社是は「いい会社をつくりましょう。-たくましく そして やさしく-」であり、企業目的として「人間を幸せにするために」、「永続することこそ、企業の価値」を掲げていらっしゃいます。

▼会社概要
http://www.kantenpp.co.jp/corpinfo/index.html

この本を読んで、地方企業がめざすべき姿のひとつがここにあるのかもしれないなと感じました。

こんなフレーズが印象に残りました。

・会社の目的は、社員の幸福な理想郷づくり。
・仕事を追うか、仕事に追われるか。この違いは雲泥の差
・会社は教育機関であるべき
・世のため人のためという思想こそ経営者の「志」
・めざしたのはいつも「自分たち」にとって快適な環境
・動機が純粋であれば仕事はうまくいく
・社員を思う職場作りは同時にまちづくり
・社員教育を通じた社会貢献こそ第一に優先すべき
・「道」とはそれぞれの「本来あるべき姿」

本社工場のある、かんてんぱぱガーデンにも一度行ってみたいなと思いました。

▼かんてんぱぱバーデン
http://www.kantenpp.co.jp/garden/index.html

|

« わくわく事業公開審査会2006 | トップページ | 観光カリスマ小澤庄一さんの随想録 »

商工会」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
一言、一言を自分におきえて読みました。

takakiさんのやってみえる仕事、たんころりんを始めとした地域活動、学校へのご協力、どれも”みんな楽しく”という雰囲気を持ってみえますよね。

私たちに楽しさ、幸せを与えてくださっていますよ。

投稿: カワセン | 2006.06.18 20:56

カワセンさん こんにちは!

>私たちに楽しさ、幸せを与えてくださっていますよ。

ありがとうございます!
そんなふうに言ってもらえるとうれしいです!!

投稿: Key | 2006.06.19 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/10115855

この記事へのトラックバック一覧です: いい会社をつくりましょう:

» いい会社をつくりましょう [Spelen met kennis!]
★本日の言いたいこと★  世の中に何かをなそう、社会を変革しようと、  自らのビ [続きを読む]

受信: 2006.05.25 07:26

« わくわく事業公開審査会2006 | トップページ | 観光カリスマ小澤庄一さんの随想録 »