« わくわく事業の審査資料 | トップページ | あすけウォーク2006(ねびそ登山コース)参加者募集 »

2006.05.05

地元小学校の米づくり

地元小学校のブログ「教務日記」でも紹介されてますが、今年の5年生の米作りは種まきからはじめているそうです。

▼米作りは、苗づくりから(教務日記)
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/e/4148efcbce78d1d6b2dc21cf67471bf8

昨日、うちの子が「苗に水をやりに行く」と言ったので、私も見に行ってきました。

苗は元気に育っていましたよ。

06050501

同級生の子のおじいちゃんが指導してくださっているそうです。

貴重な体験ができそうですね。
ありがとうございます。

昨年は、うちでも子供の体験学習用にちょっとだけ米作りをやってみましたが、イノシシにやられて全滅でした...

▼うちの田んぼの田植え
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/05/post_1d70.html

▼イノシシ被害で田んぼ壊滅...
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/08/post_016d.html

今年は、小学校で米作りを体験できますし、イノシシ問題があるので、うちの米作りはお休みします。

来年どうするかは、また検討します。

|

« わくわく事業の審査資料 | トップページ | あすけウォーク2006(ねびそ登山コース)参加者募集 »

学校行事」カテゴリの記事

コメント

休日の水やり、ちゃんとやっているのですね。
感心、感心。
5月3日、私は自宅(下山)の田植えを手伝ってきました。こちらは乗用田植え機でした。

投稿: カワセン | 2006.05.05 21:55

5年生のがんばりに期待します。どんなことを学んでくれるのでしょうか。楽しみです。

私は、4年生まで外地(旧満州)にいたので、お米がどのようにして出来るのか全く知りませんでした。5年生になって父の実家に引揚げてきて、6年生の時、初めて祖母から米の一生を実地で教えてもらいました。

家族が一年中食べるお米の生産に、泥だらけになって参加したことで、急に大人になったような気がしたのを覚えています。今でも貴重な体験だったと感謝しています。

子供たちに、どんな事でもいいのでお手伝いをさせて、家族の一員として掛け替えの無い存在であることを自覚させたいものですね。

投稿: tuna | 2006.05.06 19:31

カワセンさん こんにちは!

>5月3日、私は自宅(下山)の田植えを手伝ってきました。こちらは乗用田植え機でした。

そうですか。うちの子も学校の田植えを楽しみにしているみたいです。

投稿: Key | 2006.05.08 20:50

tunaさん コメントありがとうございます!

>5年生のがんばりに期待します。どんなことを学んでくれるのでしょうか。楽しみです。

指導者の方は、田んぼの一部をできる限り手作業でやるようにしようと考えていらっしゃるようです。

もしかしたら、千歯扱を使うという話も?
どんな米づくり体験になるのか、楽しみですね!

投稿: Key | 2006.05.08 20:55

12月8日(金)には、拙著『イノシシは転ばない~「猪突猛進」の文化史』(技報堂出版・税込2310円)が刊行されます。
イノシシの食害についても詳述してありますので、是非ご購読下さい。

投稿: 上方文化評論家 福井栄一 | 2006.11.28 11:27

上方文化評論家 福井栄一さん はじめまして

>イノシシの食害についても詳述してありますので、是非ご購読下さい。

そうですか。ほんとイノシシの害は深刻ですよね...

投稿: Key | 2006.11.28 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/9907664

この記事へのトラックバック一覧です: 地元小学校の米づくり:

« わくわく事業の審査資料 | トップページ | あすけウォーク2006(ねびそ登山コース)参加者募集 »