« 三州足助屋敷の冒険 | トップページ | カモガヤ花粉症? »

2006.05.30

あすけウォーク2006(ねびそ登山コース)

下記で紹介した「あすけウォーク2006(ねびそ登山コース)」が、5月28日(日)に開催されたので、子供といっしょに参加しました。

▼あすけウォーク2006(ねびそ登山コース)参加者募集
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/05/2006_e771.html

今回は、寧比曽岳(ねびそだけ)の登山を含む全長9.4Kmのコースです。

06053901

私たちは、旧いこいの村愛知グランドを9時に出発しました。時折、小雨が降ってくることもありましたが、それほど大きな影響もなく、無事、あすけウォークを楽しむことができました。

06053902

落ち葉の積もる山道は、雨の影響で、ちょっと滑りやすくなってしまっていたのが難点でしたけどね。

06053903

スタートから1Kmほど歩いた大多賀峠からは、いよいよ寧比曽岳登山です。

06053904

看板には「寧比曽岳 2.2Km 60分」と記してありました。

06053905

さすがに、長い登り坂はきつかったです。これまで参加したあすけウォークの中で一番きつかった気がします。

山道の途中で、珍しい「銀竜草」(別名「幽霊草」または「水晶蘭」)に出会いました。

06053906

「銀竜草」は「あすけウォーク(六ツ和地域)」の時にはじめて見ました。最初名前がわからなかったのですが、下記ページに写真を掲載したところ、コメント欄で「銀竜草」という名前を教えていただいたんですよね。

▼あすけウォーク(六ツ和地域)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/post_1.html

光合成をしない腐生植物だから茎にも葉にも色素がなく、地上に姿を見せるのが10日ほどなので、人目に触れることが少ないのだそうです。

山頂に到着すると、見晴台がチェックポイントになっていて、ここではフルーツポンチが振舞われていました。

06053014

とってもおいしくて、ほんとに生き返るような気がしました。

06053907

寧比曽岳は、三河高原の最高峰で、標高は1121mだそうです。実は、私は今回はじめて登りました。

06053908

晴れていればすばらしい展望のはずだったのですが、あたり一面に霧がたちこめていて、残念ながら何も見えませんでした...


06053909

また、天気の良い日に再挑戦したいと思います。

06053910

寧比曽岳には、地元のケーブルテレビの人が取材に来ていらっしゃいました。カメラを片手に、時には小走りで登りながら一人で取材されているのを見て、すごいなーと感心してしまいました。

06053911

お昼には、あすけウォーク恒例の「ウォーク鍋」をいただきつつ、持参したおにぎりをほおばりました。歩いたあとに、外で食べるのは格別ですね!!

06053912

ゴールの旧いこいの村愛知グラウンドには、12時ごろ到着しました。

06053913

今回は距離が短めだったのと、天候がいまいちだったせいで休憩時間が少なくなったため、いつもより早く到着しました。

ゴールでスタッフの方が、「たくましくなりましたね! はじめの頃は、死にそうになってましたよねー。」と声をかけてくださいました。

確かにゴールした後も、まだまだ歩けるって感じでしたので、体力がついてきたのかも。

翌日はちょっとだけ筋肉痛になっちゃいましたけどね...


歩いている途中でたまたま話をした参加者の方は、私のブログを見て今回の「あすけウォーク」開催を知ったとのことでした。

私のブログの情報が、お役に立てたことがうれしいです!!

|

« 三州足助屋敷の冒険 | トップページ | カモガヤ花粉症? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/10314522

この記事へのトラックバック一覧です: あすけウォーク2006(ねびそ登山コース):

« 三州足助屋敷の冒険 | トップページ | カモガヤ花粉症? »