« カタクリの花咲き始め | トップページ | メルマガ創刊から4年 »

2006.03.17

三州足助屋敷が農林水産大臣賞!

三州足助屋敷が「第5回むらの伝統文化顕彰」で、農林水産大臣賞を受賞したそうです。
おめでとうございます!!

▼三州足助屋敷
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~yashiki/

▼三州足助屋敷


▼地図(ALPSLAB)
http://base.alpslab.jp/?s=25000;p=35/7/34.470,137/19/1.326

「政府広報オンライン」では、下記のように発表されていますね。

>●第5回むらの伝統文化顕彰の選賞(農林水産省)
>「むらの伝統文化顕彰」は、農山漁村の伝統文化の価値を理解し、
>その維持・継承・活用において積極的に取り組んでいる方々、
>また農山漁村の営みや暮らしに関わる貴重な技術を
>今に伝えている方々を顕彰し、農山漁村の活性化に
>寄与することを目的とするものです。
>本年度は、全国から応募のあった55件の中から、
>農林水産大臣賞には、愛知県豊田市三州足助屋敷
>「里山あすけの暮らしと手仕事 保存と継承」が選ばれました。

▼最新の情報一覧/政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/news/backnumber/all_link_2006_02_15.html

また、農林水産省のプレスリリースにも関連情報が発表されています。

▼第5回むらの伝統文化顕彰の選賞結果について(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/www/press/cont2/20060210press_3.html

各受賞団体の概要は下記のPDFファイルにまとめられていますね。

▼むらの伝統文化顕彰 各賞受賞一覧(PDFファイル)
http://www.maff.go.jp/www/press/cont2/20060210press_3c.pdf


さらに、オーライ!ニッポンサイトに、「講評」が掲載されているのを見つけました。

▼第5回「むらの伝統文化顕彰」(オーライ!ニッポン)
http://www.kouryu.or.jp/dento/h17/kekka.html

三州足助屋敷の講評は以下の通りです。

>三州足助屋敷が誕生して25年間、地域の高齢者の熟練した
>技術と知恵を生かし、この地に残る「手仕事」や
>昔ながらの農家の普通の暮らしを忠実に伝承しており、
>この様子が地域の個性的な体験型の観光資源として
>経済効果を生んでいる点が評価されました。
>豊田市との合併という中でも、里山の生き様を残していく
>という努力をしており、旧足助町に残る里山の風景、
>昔ながらの農家の手仕事のある暮らしの継承は、
>これから大事になってくると思われます。

足助屋敷が誕生して、もう25年にもなるんですね。

足助屋敷のすばらしさは、施設の名前になっている「足助屋敷」そのものというより、「里山の生き様を残していく」というところにあるのだと思います。

施設ではなく、そこに暮らす人そのもの、そして、その生活の中で伝承されている知恵や職人技に大切なものを見出した足助の文化を誇らしく感じます。

|

« カタクリの花咲き始め | トップページ | メルマガ創刊から4年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/9136516

この記事へのトラックバック一覧です: 三州足助屋敷が農林水産大臣賞!:

« カタクリの花咲き始め | トップページ | メルマガ創刊から4年 »