« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.28

中馬のおひなさん2006

2月18日(土)に足助のまちなみで開催されている「中馬のおひなさん」を見てきました。

▼中馬のおひなさん(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/ohinasann/hina.htm

初日(2月11日(土))にちょっとのぞいてみたときの様子は、下記で紹介しています。

▼中馬のおひなさん初日(思いつくまま-足助から-)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/02/post_6901.html

今回は、少し時間をかけて見てきました。
まずは、足助交流館で「中馬のおひなさんマップ」をもらいます。



▼地図(ALPSLAB)
http://base.alpslab.jp/?s=25000;p=35/7/54.727,137/19/2.025

そして、今年は子供といっしょに足助交流館内で開催されている「絵てがみ教室」に参加してみました。
300円払うと、絵てがみ用紙を3枚渡され、道具を一式貸してもらえます。

06022701

陶器のおひなさんをモデルに描いてみたのですが、なかなか難しいですね。

続きを読む "中馬のおひなさん2006"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.27

LOVERSとHERO

中国映画のLOVERSとHEROをDVDで見ました。

どちらもチャン・イーモウ監督作品ですね。

LOVERS
LOVERS金城武 チャン・イーモウ トニー・チン・シウトン

レントラックジャパン 2005-01-28
売り上げランキング : 6,522

おすすめ平均 star
starハリウッドでは評判いいが
starストーリーは置いといて。。。
star映像と聴き心地良いのサウンドを満喫できる作品!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
英雄 ~HERO~ スペシャルエディション
英雄 ~HERO~ スペシャルエディションジェット・リー チャン・イーモウ トニー・レオン

レントラックジャパン 2004-01-23
売り上げランキング : 7,500

おすすめ平均 star
star映像美を追求した芸術作品
star美しい仕上がり
star美しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アクションやCGを含めた、映像美的な美しさが印象的でした。

私の好みとしては、ストーリーはHEROで映像はLOVERSって感じかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.02.26

薪づくり

父に指導してもらって、子供といっしょに山仕事体験をしてみました。

下記で紹介しているように、この地域では森林保全に対する関心が高まってきていて、様々な活動が行われています。

▼山の関係の身近なネット情報
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/02/post_6e4c.html

私自身も、身近な山に対して関心を持ちはじめたのと、せっかくこういう環境の地に暮らしているので、山と親しむ機会を持ちたいなと思ったわけです。

父は山仕事の経験があるのですが、長いこと山には行っておらず、もうチェーンソーも所持していない状態でしたので、まずは森林組合に行ってチェーンソーを購入してきました。

▼豊田森林組合
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~toyomori/woodytop.htm

チェーンソーのことは全然わからないので、森林組合でいろいろと相談に乗ってもらって、STIHLのMS200というチェーンソーにしました。

STIHLは、ドイツのメーカーですね。

▼STIHL
http://www.stihl.co.jp/default.htm

取り扱い方法と、整備の仕方もひととおり教えてもらってきました。安全のためにと薦められたチェーンソーパンツも頼んできました。

うちの山のほとんどは、植林、管理を委託しているため、人工林の間伐をするようなところはないそうなので、少しだけ雑木林として残してあるところを切りに行きました。

06022601

ちょっと太めの木を1本と、細い木を2~3本切っただけですけど、枝をはらって運び出すまでの作業は、なかなか大変でした。

木を切るときには、安全のためにまず周りをきれいにすることからはじめました。また、切り倒した木は、次に山に入るときの障害にならないように、枝もきれいに整理しました。
こうした作業を通じて、木を切るということは山をきれいにすることなんだなぁと実感しました。

切り出した木は、軽トラックに積んでみたら結構な量になりました。

06022602

持ち帰った木は、チェーンソーで40cm程度に玉切りし、薪割りをしました。

06022603

薪割りは難しいだろうなと思っていたのですが、これが案外うまく割れたんですよ。
きれいにスパッっと割れると気持ちいいですね。

まだ薪割りは半分くらいしかできてないので、また、週末にはげみたいと思います。
薪は1年以上乾燥させたほうが良いみたいなので、長期計画で森林資源を有効活用するような生活をめざしたいですね。

しかし、こうして山と親しむのって楽しいものですね。子供も大喜びで木を運び出す作業や、薪を運ぶ作業を手伝ってくれていました。

3月中にもう2~3回、山仕事に行けたらいいなと考えているんですが、いろいろと予定が入っているので、難しいかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.24

新美南吉記念館

先日、子供の希望で愛知県半田市にある新美南吉記念館に行って来ました。

06022401

06022402

▼新美南吉記念館
http://www.nankichi.gr.jp/



「ごんぎつね」が教科書に掲載されていて、先生から「新美南吉記念館」のことを聞いたことが、きっかけとなったようです。

東海環状自動車道の豊田松平ICから、高速道路を使って行ってみたのですが、1時間もかからずに到着してしまって、ちょっとびっくりでした。知多半島も近くなったものですねー。

展示スペースは1フロアーでしたが、各展示物を細かく見ていくと、結構見ごたえがありました。

私自身が興味を持ったのは、安城高等女学校時代の「南吉の作文指導」です。

06022403

指導を受けた生徒さんの、作文原稿(大切に保管されていたのもすごいですけど)が展示されていたのですが、朱書きのよる細かな書き方の指摘や、アドバイスが印象的でした。

非常に熱心に指導されていたんだなぁと、時を越えて感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.23

中島みゆきさんの誕生日

そういえば、中島みゆきさんの誕生日ですね。

去年も、一昨年も、同じこと書いてます。
進歩ないかも...

▼中島みゆきさんの誕生日(2005.02.23)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/02/post_16.html

▼中島みゆきさんの誕生日(2004.02.23)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/02/post_12.html

このところ、iTMSやGyaOなど、ネットメディアでの露出が盛んですが、

▼中島みゆきさんがiTMSに登場
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/02/itms_0f3a.html

▼GyaOに中島みゆきさん登場
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/02/gyao_0be6.html

極めつけはこれかも。

▼ナマシボダウンロード
http://www.namashibori.com/download/index.html

「中島みゆき(ほぼ)等身大ポスター」がダウンロードできます...

ダウンロードしたデータをA4用紙35枚に印刷して貼りあわせると「ポスターの完成!」だそうですけど、やる人はいないでしょうねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.22

足助の昔話(マンリン書店発行)

先日、マンリン書店さんに立ち寄ったところ、「足助の昔話(絵と文:中村広子 監修:深見寿美子、深見冨紗子 発行:マンリン書店)が置いてあったので購入してきました。

▼蔵の中ギャラリー(マンリンさんのサイト)
http://www.no-9.net/kuranonaka/

▼「足助の昔話」
http://www.no-9.net/kuranonaka/book.html
↑「足助の昔話」の情報

足助の昔話が33話収められています。子供たちにも読めるよう、ふりがなも付いています。

06022201

「はじめに」には、「この本では、聞かせてもらったお話を、資料ではなく、読み物として楽しんでいただけるように、そして声に出して読みやすいように書きました。」とあります。

早速読んでみましたが、方言も使ってあって、おじいちゃん、おばあちゃんが話してくれる足助の昔話を聞いているような気がしました。

足助八幡宮の始まりの話、盗人に京で売られた如来さまが足助に帰りたいと言ってくださった話、里の人たちのことを考えて、井戸に飛び込まれたしゃくやく姫さまの話など、感動的な昔話がいっぱいありました。

うちの近くの話題としては、鈴木正三にまつわる、下佐切の念仏講の話がとりあげられていました。

この話は、則定小学校の学芸会でも平成7年度と平成16年度に、正三劇の題材になっていますね。

▼学芸会「正三劇」に取り組んで(則定小学校)
http://www2.town.asuke.aichi.jp/school/norisada/syosan/geki1.html

最後に記された、「『足助の昔話』の発刊によせて」には、「子供達に残せるよい本を作りたい」という思いが綴られていました。

ほんと、良い本を発行してくださったと感じています。

早速、うちの子にも読ませたいと思います。

すばらしい本をありがとうございました!


マンリン書店さんには、「足助の昔話」の申し込みチラシがありましたので、紹介させていただきましょう。

↓クリックで拡大
06022202

足助の昔話全33話のタイトルも記載されています。

2006年3月1日発刊となっていますが、ちょっと早く完成したみたいです。
先週末立ち寄らせていただいたときには、マンリン書店さんの店頭に並んでいました。

チラシに記載されている 「お問い合わせ・申し込み」先は下記の通りです。

-----
お問い合わせ・申し込み

マンリン書店

TEL(0565)62-0010/FAX(0565)62-0719
〒444-2424
豊田市足助町新町2

※3月10日(金)~4月5日(水)足助蔵のギャラリーで
 「足助の昔話」原画展開催

-----



▼地図(ALPSLAB)
http://base.alpslab.jp/?s=25000;p=35/7/57.105,137/19/10.510

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

待月橋の架け替え計画

今朝の中日新聞に「香嵐渓の待月橋を架け替えへ 来年9月の完成目指す」という記事が掲載されていました。

▼香嵐渓の待月橋を架け替えへ(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20060221/lcl_____ach_____004.shtml

記事には「十一月の紅葉最盛期には一日四万人が訪れ通行が危険になることがあるためで、二〇〇七年九月の完成を目指している。」とありますね。

下記で紹介していますが、足助地域会議でもこの計画の概略説明を聞きました。

▼平成17年度 第4回 足助地域会議
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/02/174_c407.html

安全対策、バリアフリー化を優先しつつも、景観に配慮した新待月橋となることを願っています。



▼地図(ALPSLAB)
http://base.alpslab.jp/?s=25000;p=35/7/42.425,137/18/57.832


「こきこき日記」の綱さんも、下記の記事でこのことを話題にされていらっしゃいます。

▼香嵐渓の待月橋(たいげつきょう)架け替え
http://tunasan.at.webry.info/200602/article_16.html

綱さんも「新しい待月橋が、香嵐渓の景観にマッチした完成度の高いものになることを望みたい。」と書いていらっしゃいますね。

車椅子の使用を考えて、傾斜をゆるやかにする必要があったり、河川法の関係で橋脚は1本までとか、考慮すべきことはたくさんあるようですが、完成した橋が地元の人たちにとって愛着のもてるものになって欲しいなと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

うちのお宝?

子供が、うちに残っている古いものを探していて、ちょっとしたお宝を見つけました。

まずは、うちのすぐそばに架かっている「穂積橋」の施工中の写真です。

06022101
↑クリックで拡大

「大正8年6月17日撮影」となっています。

これは、原本ではなくコピー写真のようですので、お宝とは言えないかな。

もうひとつは、私の祖父の弟さんの「児童手帳」です。

06022102

入学年月日は、「大正4年4月1日」となっています。

尋常科第1学年から、高等科第2学年までの記録が記載されています。

校訓の欄には、

ツラキヲコラヘヨ
キマリヲヨクセヨ
タメニナルコトヲセヨ

と書かれていますね。

06022103

非常に成績優秀な方だとは聞いていましたが、確かに「甲」がいっぱいです。

06022104

最後は、私の父の通知票です。

06022105

愛知県東加茂郡盛岡村第四国民学校の初等科第2学年のものです。

こちらの中身は非公開ということにしておきましょう。


則定小学校の教務日記でも、この話題を下記ページで紹介してくださっています。

▼3代目の穂積橋
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/e/db03569e9349fdaac89badc8e5563ea8

児童手帳は、たまたまどこかから出てきたんですよね。
実は、私もはじめて見ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.20

綱さんのブログ

「足助・あすけの今昔物語」と題して、足助の歴史的な話題をホームページで紹介されていらっしゃる「綱さん」から、ブログ開設のお知らせメールが届きました。

▼綱さんのホームページ[足助・あすけの今昔物語]
http://www2s.biglobe.ne.jp/~fujituna/

連絡ありがとうございます。
足助のブログ仲間が増えてうれしいです!!

「古希」にちなんで、ブログタイトルは「こきこき日記」とされたそうです。
年齢に関係なく、常に新しいことにチャレンジされる姿勢はすごいですね。

いただいたメールの一部を以下に紹介させていただきます。

-----綱さんからのメール ここから-----

ご無沙汰しております。
お元気でご活躍の様子、何よりです。

突然ですが、この度最近話題のブログに
取り組んでみましたので、お知らせします。

昨年10月に「古希」を迎えましたので、
題して「こきこき日記」。

初体験の70歳代、この先どんなことが待っていることやら
興味津々。

そんなあれこれを、思いつくまま拾ってみたいと思っています。
下記のアドレスをクリックすると、アクセスできます。

▼こきこき日記
http://tunasan.at.webry.info/

初めて1か月足らずで、今のところ子供の「絵日記」にも
程遠い内容で、恥ずかしい限りですが、
お暇なときに覗いてみてください。

コメントが頂ければ幸せです。

明日(2月10日・土)から「足助・中馬のおひなさん」が始まります。
お出かけください。

先ずは、お知らせまで。では、また。

-----綱さんからのメール ここまで-----

早速「こきこき日記」を拝見させていただいたところ、「中馬のおひなさん」の開幕の様子や、奥さまが樹脂粘土製作された「手作りのおひなさん」など、すてきな情報がいっぱいでした。

▼「足助・中馬のおひなさん」開幕
http://tunasan.at.webry.info/200602/article_7.html

▼手作りのおひなさん
http://tunasan.at.webry.info/200602/article_8.html

今後も、足助のまちなみからの情報発信を楽しみにしています。


その後いただいたメールには、「分からないことばかりですので、いろいろ教えてください。今のところ貴「足助からの便り」と「則定小・教務日記」を毎日楽しく拝見しています。貴重な情報源ですし、お手本です。」とありました。

毎日チェックしてくださってるんですね。ありがとうございます!

教務日記は私も毎日チェックしています。ほんとすばらしいブログだと思います。

▼教務日記
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/

ホームページやメールとあわせて、これからはブログのほうも楽しい情報発信と交流に、みんなでうまく活用していきましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

香嵐渓の紅葉が三河自慢第2位!

2月17日の中日新聞朝刊に、「読者が選ぶ。わたしの三河自慢トップ5発表」が掲載されていました。

この企画は、中日新聞創業120周年を記念して行われたものだそうです。

発表されたトップ5は下記の通りです。

第1位徳川家康
第2位香嵐渓の紅葉
第3位八丁味噌
第4位手筒花火
第5位渥美半島

なんと、香嵐渓の紅葉が第2位!!
びっくりです。



▼地図(ALPSLAB)
http://base.alpslab.jp/?s=25000;p=35/7/44.557,137/18/59.788

それも、これは「読者が選ぶ。わたしの三河自慢トップ5」の順位ですので、足助地区に住む住民の一人として、私もうれしく思いました。

「集計を終えて」の欄には、「第2位には、風景の美しさで香嵐渓の紅葉が入りました。三河を代表する行楽地の実力が証明されました。」とあります。

足助の観光関係者の方々も、きっとよろこんでいらっしゃるでしょうね。

ただ、香嵐渓の紅葉時期は、大渋滞や混雑の問題などもあるし、必ずしもすべてが自慢できる行楽地というわけではない印象を持っています。

何もかも完璧というのが良いわけではないですけど、そういう点も、すこしずつ改善されていくといいなと思います。

▼香嵐渓の四季(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/kourannkei/kourannkei2.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.17

GyaOに中島みゆきさん登場

パソコンテレビGyaOで、中島みゆきさんのビデオクリップが14曲紹介されています。

▼パソコンテレビGyaO
http://www.gyao.jp/

▼中島みゆき(GyaO音楽)
http://www.gyao.jp/music/nakajima/

1.見返り美人
2.黄砂に吹かれて
3.夜を往け
4.おだやかな時代
5.トーキョー迷子
6.浅い眠り
7.空と君のあいだに
8.二隻の舟
9.旅人のうた
10.たかが愛
11.地上の星 
12.銀の龍の背に乗って
13.歌姫 
14.地上の星(フルヴァージョン)

全部見たことがあるつもりでいましたが、「空と君のあいだに」、「旅人のうた」などは、はじめて見るような気もします。

久しぶりにみた「おだやかな時代」は、にぎやかな感じがよかったです。
「空と君のあいだに」は、子犬がかわいいですね。

「二隻の舟」は、夜会のテーマソングとも言える曲で、映像で夜会の軌跡がたどれます。
特に、Vol.1の映像はビデオ化されなかったので貴重です。

▼夜会VOL.14
http://www.yakai14.jp/

ほぼ日刊イトイ新聞によると、イトイさんも先週「夜会」を見に行かれたとか。

▼ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/home.html

GyaOでは、「プロジェクトX 挑戦者たち」も公開されてるんですね。

▼NHKセレクション
http://www.gyao.jp/special/

「地上の星」ビデオクリップをあわせて見てみるのもよいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.02.15

中馬のおひなさん初日

「中馬のおひなさん」の初日(2/11)に、足助交流館に行ったので、その様子を紹介します。

▼中馬のおひなさん(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/ohinasann/hina.htm

...と言っても、足助交流館の中をちょっとのぞいてみただけですけどね。

足助交流館の入り口には「中馬のおひなさん」の看板が立てかけられていました。

06021501

中には、たくさんのおひなさんが並べられていましたよ。

06021502

06021503

子供たちの、かわりい手作りびなもありました。

06021504

絵手紙教室もにぎわっていました。

06021505

06021506

おなじみ、柄沢照文さんによる「中馬のおひなさん in 足助」ポスターも貼ってありました。

06021507


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.14

アイ,ロボット

アイ,ロボットをDVDで見ました。

アイ,ロボット
アイ,ロボットウィル・スミス アレックス・プロヤス ブリジット・モイナハン

おすすめ平均
starsテンポがよくて好き
starsおもしろいですよ
starsまぁ面白いよ!
starsそうだったの
stars2004年のコンバース

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とっても、おもしろかったです。楽しめました。

それと同時に、何か考えさせられるものがありました。
それは、ロボットに対してと言うより、人間に対してという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.02.13

山の関係の身近なネット情報

足助地域会議の産業分科会で森林問題について話し合っています。

▼足助地域会議(豊田市HP)
http://www.city.toyota.aichi.jp/asuketiikikaigi/main.htm

そこで、森林関係の身近な情報をネット上で少しチェックしてみました。


▼足助きこり塾
http://page.freett.com/asukekikori/index.html

▼月原市有林で「森のカルテ」づくりを実施
http://page.freett.com/asukekikori/yasu/051210/album0512.html
↑「森のカルテ」づくり活動の様子が写真で紹介されています。

▼国産材建築現場見学会とゆったり温泉ツアー
http://page.freett.com/asukekikori/yasu/0601/album0601.html
↑間伐材パネル工法はおもしろいですね!


▼足助の山里から学んだこと
人と環境、山の関わりを考える
http://www.meikin.coop/hiroba/special/0510/index.html
↑NPO法人「都市と農山村交流スローライフセンター」の
 活動が、うまくまとめられています。

▼2005年の活動
http://www8.ocn.ne.jp/~sige/newpage11.html
・雑木林観察会
・スローライフ 森林学校
・ログ・スクール
・素人のための家づくり実践講習会
・足助炭やき塾
など


▼あすけ里山ユースホステル
http://www.ne.jp/asahi/asuke/satoyamayh/

▼第15回 山仕事-杉・桧の間伐のお手伝い
http://www.ne.jp/asahi/asuke/satoyamayh/kanbatsu2.htm
↑間伐体験をやっているんですね。


▼高嶺下(こうろげ)の森クラブホームページ
http://www.hm8.aitai.ne.jp/~chika-35/
↑掲示板をみると、みなさん楽しく活動されているみたいですね。


▼豊田市の審議会 とよた森づくり委員会
http://www.city.toyota.aichi.jp/singikai/052/main.htm
↑「森林保全・活用条例」の制定と
 「森づくり百年計画」の策定に係る審議を行っている
 「とよた森づくり委員会」の情報が公開されています。

委員名簿は下記にありますね。

▼とよた森づくり委員会 委員名簿(PDF)
http://www.city.toyota.aichi.jp/singikai/052/1702meibo.pdf


▼第11回豊田市矢作川研究所シンポジウム
http://www.city.toyota.aichi.jp/yahagi/sympo/2005sympo/2005symp_01.htm

以下の内容でシンポジウムが開催されるそうです。
(平日の昼間なので、参加できそうにありませんが)

■矢作川流域の人工林を考える

日 時: 平成18年2月22日(水
     13:30~(受付 13:00~)
場 所: 豊田産業文化センター 小ホール

基調報告
「東海豪雨が豊田市の森と川に及ぼした影響」

原田裕保(豊田市森林課)・白金晶子(豊田市矢作川研究所)
「健全な森の土が洪水を抑えるしくみ」

小杉賢一朗(京都大学農学研究科)
「どんな人工林で下生えが多い? 」

洲崎燈子(豊田市矢作川研究所)

パネルディスカッション
「矢作川流域の人工林を考える」


▼「とよたオイスカ森林塾」(森林ボランティア講習会)
http://www.city.toyota.aichi.jp/oisuka/main.htm

日程:平成18年3月10日(金曜日)~12日(日曜日)

会場:勘八市有林・(財)オイスカ中部日本研修センター(勘八町)

内容:森林調査から間伐までの理論と実習、
  必要な道具の使用方法の講習
  専門的な内容を主にした、本格的な講習。

こういう講座を受講してみたい気もしますが、
平日を含む3日間というのは、
会社勤めをする私たちの世代では難しいですね...


▼豊田森林組合
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~toyomori/woodytop.htm

▼木製品なんでも作ります!
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~toyomori/mokuseihin.htm
↑ウッドデッキやログハウスもあるんですね!


▼気づかい市民ネット
http://www.kizukai.org/index.shtml
↑木を利用する側からのアプローチですね。

▼展示即売会開
http://www.kizukai.org/event/evnt0511.html
http://www.kizukai.org/event/evnt0512.html
↑ヒラサダ東新店での木工品、木素材などの即売会


こうしていろいろ見てみると、この地域でさまざまな取り組みが行われていて、非常にすばらしい先進地のように感じます。

しかし、この地に住んでいる住民としての感覚では、そういう印象を持てていない気がします。

どうしてなんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.10

中馬のおひなさん記事

今日の中日新聞朝刊に、中馬のおひなさんの話題が掲載されていました。

▼豊田・足助で11日に「中馬のおひなさん」
 ひな人形5千体が町並み飾る (中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20060210/lcl_____ach_____004.shtml

飾られるおひなさんは、5000体にもなるんですね!

▼中馬のおひなさん(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/ohinasann/hina.htm

記事には、「今年は地域振興事業に対する豊田市の助成制度「わくわく事業」も活用。今月十一、十二、十八、十九日には、本町交流館で碧南市の土人形作家禰宜田(ねぎた)徹さんによる人形作りの実演がある。」と、「わくわく事業」についての記述もありました。

▼わくわく事業を募集します(豊田市)
http://www.city.toyota.aichi.jp/wakuwakujigyou/main.htm

足助地区のわくわく事業の補助対象となった団体は下記で公開されています。

▼わくわく事業補助団体が決定しました(あすけネット)
http://www2.town.asuke.aichi.jp/mt/data/cbbs/shisho/
epb4002006011036819815/epb4002006011036819815.htm

中馬のおひなさんについては、11番目に「AT21倶楽部 町並みを活かしたイベント 7年目を迎える中馬のおひなさんの見直しを図り、抱える課題を地域住民とともに考え、新たな魅力づくりを図る。」と記載されています。

せっかく新規に導入された「わくわく事業」ですので、このように、この制度を大いに活用して、地域の活性化を図っていただきたいと思います。


下記ページで、地域会議のこれまでの活動を紹介していますが、地域会議の大きな役割のひとつとして、わくわく事業の審査があります。

▼豊田市サイトの地域会議ページ
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/01/post_6b58.html

私も地域会議委員という立場で、公開審査会に臨みました。

14団体のプレゼンテーションを聞いて、たくさんの審査項目のある審査表を短時間に記述するのはなかなか大変でした。

しかし、募集期間が短期間であったにもかかわらず、14団体もの応募があり、また、それぞれの応募事業の内容がしっかりしているのを見て、すごいなぁと感じました。

きっと来年度は、もっと多くの応募があるんじゃないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足助のかじやさんNEWS

「ライブカフェ足助のかじやさん」サイトで、ブログを利用した「足助のかじやさんNEWS」がはじまっています。

▼足助のかじやさん
http://www.sun-inet.or.jp/~kajiya3/

▼足助のかじやさんNEWS
http://kajiya3.blog42.fc2.com/

足助の情報を発信するブログが増えてくるのはうれしいですね!

下記の記事には、「中馬のおひなさん」期間中の特別ランチ、「古代米おにぎりランチ」、「洋風海鮮ちらし寿司ランチ」 が紹介されていますよ。

▼中馬のおひなさん開催!
http://kajiya3.blog42.fc2.com/blog-entry-10.html

おいしそうですね!!



▼地図(ALPSLAB)
http://base.alpslab.jp/?s=25000;p=35/7/52.594,137/19/7.615

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

中島みゆきさんがiTMSに登場

中島みゆきさんの楽曲がiTunes Music Store に登場していますね。

紹介用の専用バナーも用意されてたりして、長年のファンとしてはうれしい限りです。

NakajimaMiyuki_468x60.jpg
↑クリックで専用ページに行けます。

※上のバナーは、リンクシェアアフィリエイトによるものです。

アフィリエイトはここからスタート!LinkShare

中島みゆきさんのアルバムで、特に思い入れが強いのは「36.5℃」でしょうか。

「HALF」を国技館コンサートで聴いたときの感動は忘れません。
学生時代にバンド演奏した「やまねこ」も思い出の1曲です。(如月なのでタイムリーかな)

▼HALF、やまねこ(36.5℃)
Half
↑曲の一部を試聴できます。(iTunesが必要)
 HALFはサビが聴けるといいのにね...

あと、「糸」もはずせませんね。

▼糸(Singles2000より)
Tapestry

↓iTunesのダウンロードはこちら
Download iTunes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.06

第3回中馬のおひなさん絵手紙募集チラシ

「第3回中馬のおひなさん絵手紙募集」のチラシを入手しましたので、紹介します。

06020601
↑クリックで拡大

-----

■第3回中馬のおひなさん絵てがみ募集

どこか愛くるしいおひなさん
 想い出のいっぱいつまったおひなさんを
  絵手紙に託してみませんか…。

○テーマ  「おひなさんへの想い」

○募集作品 絵と文字の入った「絵てがみ」

 募集作品は何点でも可。但し、本人の創作(直筆)、
 未発表作品に限る。
 用紙は、官製・私製はがきとし、はがきの宛名面の
 下部に、応募者の「住所」「氏名(ふりがな)」「電話番号」
 「応募部門(小人部門…小学生以下)(大人部門…中学生以上)」
 「絵てがみの題名」を明記する。

○応募方法 郵送又は三州足助公社まで持参

○応募期間 平成18年2月11日(土)~3月5日(日)(消印有効)

○応募・問合先 〒444-2424 豊田市足助町宮平26-1
        三州足助公社「絵てがみ」係
        TEL(0565)61-2300

○ 賞   大賞、他

○発 表  平成18年3月中旬。入賞者には連絡

○展示場所 足助交流館

○展示期間 平成18年2月11日(土)~3月26日(日)
      午前9時~午後10時
      (但し、月曜日は午後5時まで。
      3月6日以降は月曜日休館)

○主 催  豊田市

○後 援  足助観光協会、足助商工会、
      足助地区内郵便局、AT21倶楽部

○備 考  応募作品及び著作権は豊田市に帰属します
      (作品は返却いたしません)。

※この募集において得られる個人情報については、
 この目的以外に使用することはありません。

-絵てがみ教室の開催-

期間中足助交流館にて、月・木・土・日実施。その他は随時。
受付時間:午前10時~午後3時 材料費:300円

-----

足助観光協会サイトの下記ページにも絵てがみ募集の情報が掲載されています。

▼中馬のおひなさん(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/ohinasann/hina.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.04

焼き物教室の手作り土びな

ZiZi工房のソーセージを買いに、福祉センター百年草へ行ったら、「シルバー焼き物教室土雛展」のコーナーがありました。

▼百年草
http://www.hyakunensou.co.jp/



▼地図(ALPSLAB)
http://base.alpslab.jp/?s=25000;p=35/8/8.012,137/20/6.415


06020402

中馬のおひなさんに合わせて、足助地区のおじいちゃん、おばあちゃんたちが作られた作品ですね。

▼中馬のおひなさん(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/ohinasann/hina.htm

個性豊かな、おひなさんが、とっても上手に作られてましたよ。

06020401

土びな作りの様子は、あすけネットで紹介されています。

▼焼き物教室で「土びな作り」(あすけネット)
http://mov.town.asuke.aichi.jp/event/
cfm/contents.cfm?CID=C0000103&LOW=1&UPP=5

以下、あすけネットに掲載されている情報です。

-----

焼き物教室で「土びな作り」

豊田市シルバー人材センター足助支所の焼き物教室(自主事業)で、「中馬のおひなさん」に合わせて、土びな作りが行われています。

焼き物教室は、毎月4回開催されており、12月から2月の同教室で土びなを作っています。今年度は8人のシルバー会員が参加しています

「中馬のおひなさん」は、2月11日(土)から3月5日(日)まで開催され、この期間中に百年草で展示したり、商店で販売したりするとのことです。

この土びなは、会員たちが1つひとつ心を込めて、すべて手作りしており、同じものが2つとないため、観光客にとても人気があるようです。

会員たちは、自分の感性を生かして土びなを作っているので、様々な形や色をしたものがあり、見る人をとても楽しませてくれます。


そうえいば、この話題は中日新聞にも掲載されていました。
手作りの土びなは大人気で、毎年すぐに売切れてしまうとのことでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラストサムライ

ラストサムライをDVDで見ました。なかなかよかったです。

ラスト サムライ
ラスト サムライトム・クルーズ エドワード・ズウィック 渡辺謙

おすすめ平均
starsラストサムライ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラストサムライの村に暮らす人々の生活の中に、古くから日本では階層を問わず、自らに厳しく、目の前の仕事に力いっぱい打ち込む生き方が尊ばれてきたんだなぁと、あらめて感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.02

花粉飛散がはじまっているようです...

あっっ    という間に、もう2月ですねー。

環境省花粉観測システム「はなこさん」によると、もう、花粉の飛散が観測されているようです。

▼環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)
http://kafun.nies.go.jp/

▼2月2日の名古屋市北区の観測データ
http://kafun.nies.go.jp/Gazou/Hyou/Jikeiretsu/hj2006020252310100.html

▼2月2日の北設楽郡設楽町の観測データ
http://kafun.nies.go.jp/Gazou/Hyou/Jikeiretsu/hj2006020252320100.html

これから、花粉症がつらい季節になります...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成17年度 第4回 足助地域会議

一昨日、「平成17年度第4回足助地域会議」が開催されたので出席しました。

内容は以下の通りです。

-----

平成17年度 第4回 足助地域会議

平成18年1月31日(木) 午後7:00~
足助支所 第2会議室

1.開会
 ・市民の誓い唱和
 ・あいさつ(足助地域会議委員長、足助支所長)

2.報告・連絡事項 ※足助支所説明

 (1)香嵐渓待月橋の架替え計画の概要

 (2)国交省との足助バイパス工事見学と
   みちづくり懇談会(楽・学・倶楽部)
   平成18年2月8日(水)午後1時30分~

 (3)(仮)「地域会議わくわくシンポジウム」
   平成19年2月17日(土)

 (4)その他
  ・キングファイル配布について
  ・交通費振込みについて

3.協議事項

 (1)各分科会の状況と検討課題について

▼地域会議の経過と検討課題の資料
 060202
↑クリックで拡大

 (2)シャングリラ足助2006について
   3月11日(土)13:30~17:00 足助交流館 飯盛座
   ◆開催案内、チラシの確認
   ◆役割分担の確認
   ◆地域づくりディスカッションについて

 (3)平成18年度わくわく事業補助金について
  ・4月1日~4月28日を募集期間とする予定
   (結果公表は6月15日の予定)

4.その他
 ・地域会議委員の選挙運動について
 ・次回会議などの開会予定

-----

▼豊田市の地域会議
http://www.city.toyota.aichi.jp/tiikikaigi/main.htm


支所からの情報提供として、計画の概要説明がありましたが、香嵐渓の待月橋を安全対策と耐震対策のために架替える計画が進んでいるそうです。

現在の1.9mから4mに拡幅され、車椅子の利用も無理なくできるようにするとのことでした。

デザインは、足助のまちなみ地域の人たちにより複数案から選定され、現在のデザインを踏襲したものになるそうです。

それと、地域会議委員の選挙運動についての説明がありましたが、地域会議委員は非常勤特別職の公務員に該当するので、

「公職選挙法第136条の2第1項の規定により、その地位を利用して選挙運動をすることは禁止されています。」

ということになるんだそうです。

そういうものなんですね。
「地域会議委員に、そんな地位なんてないよなー。」と思っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »