« 機関車先生 | トップページ | 建築家の島さんからメール »

2006.01.23

「教務日記」のカワセンさんからのメール

地元小学校のブログ「教務日記」を書いてくださっているカワセンさんとのメールのやりとりの中で、「久米信行さんの「ブログ道」」の記事について、

「今日の高木さんのブログ、うなづくところ大です。「ブログの時間は、最小に感動の時間を多く」はその通りですね。」

といただきました。

▼教務日記
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/

▼久米信行さんの「ブログ道」
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/01/post_ad9a.html

「ブログの時間は、最小に感動の時間を多く」は、「ブログ道」からの引用部分である「パソコン時間を最小に、行動+感動時間を最大に」のことですね。ほんとその通りだと思います。

そこで、私からは、下記のように返信させていただきました。

---私からのカワセンさんへのメールここから---

カワセンさん>今日の高木さんのブログ、うなづくところ大です。
カワセンさん>「ブログの時間は、最小に感動の時間を多く」は
カワセンさん>その通りですね。

「ブログ道」からの引用ですけどね。
ブログはあくまでもツールであって、
ブログそのものが目的化してしまうの
好ましくないですよね。

久米さんの「ブログ道」、
和田さんの「ひとつのブログで会社が変わる」は、
ブログの本質を突いている本ですので、オススメですよ!

▼久米信行さんの「ブログ道」
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/01/post_ad9a.html

▼和田亜希子さんの「ひとつのブログで会社が変わる」
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/11/post_9624.html

---私からのカワセンさんへのメールここまで---

そしたらカワセンさんからは、ブログを通じて新たな交流がはじまったことや、

「読んでくれた、則定小の子どもたち、職員、地域の方が元気になってくれたら」

という、ブログ「教務日記」への思いを綴られたメールが届きました。

ブログの良い効果を実感していらっしゃるようですね。
「教務日記」への思いは、ブログファンとして、また、保護者のひとりとして大変うれしく思いました。

転載許可をいただきましたので、以下にカワセンさんから届いたメールの一部を紹介させていただきます。

---カワセンさんからいただいたメールの抜粋 ここから---

 :
 :

私>ブログはあくまでもツールであって、
私>ブログそのものが目的化してしまうの
私>好ましくないですよね。

その通りですね。

私は自分のブログを通じて、何人か、交信する方ができました。
人数の多い、少ないでなく、確かな考えを持った方と、
相互に情報を交換できることに正直驚いています。

私のブログは、学校の情報を発信するためのものだったのが、
そうした方と、コメントやメール、掲示板で
やりとりができることを知りました。
11月頃のことです。

すると、相手や他の人のブログを見る、
コメントをするということもするようになりました。

自分のものを書くだけだったものが…。

新潟の先生が情報をくださったり、
保母さんがコメントをくださったり。

私の「教務日記」のスタンスは、則定小の子どもたちのいい姿、
先生方のがんばりを伝えることができればということです。

読んでくれた、則定小の子どもたち、職員、
地域の方が元気になってくれたら、
という点を大切にしたいと思います。

私> 久米さんの「ブログ道」、
私> 和田さんの「ひとつのブログで会社が変わる」は、
私> ブログの本質を突いている本ですので、オススメですよ!

ありがとうございます。

私のブログのお師匠様のお勧めですね!

---カワセンさんからいただいたメールの抜粋 ここまで---

ほんと、ブログが良い効果を生んでいるようですね。

「ブログのお師匠様」なんてことはないですけど、「お勧めですね!」は間違いありません。

ブログをやってみたからこそわかるブログの効能が、久米さんや、和田さんの本には、うまくまとめられてますので、カワセンさんでしたら、きっと納得のページがたくさんあると思います。


その後いただいたメールには

「「パソコンは冷たい」という印象がありますが、このブログを始めて、「心を通わせるもの」「温かいもの」という印象に変わりました。これは、不思議な感覚でした。」

とありました。

そうですね。

よく言われることですが、パソコンの向こう側にいるのは人ですので、心を通わせることもできるし、温かさを感じることもできますね。

まぁ、その逆の場合ももありますけど、心を通わせ、温かさを感じられるツールとしてうまく活用していきたいですよね!

|

« 機関車先生 | トップページ | 建築家の島さんからメール »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
丁寧に紹介してくだって、恐縮しています。
私がブログをずっと続けることができたのは、、パソコンの向こうに、keyさんたちがいてくださったからだと思います。支えられ、育てていただいている気がします。心のつながりと言うか。

子どもたちが、何かを学ぶときもこうなんじやないかって、思います。その子の学びを支え、育てる心のつなががった"人"の存在が大きいと思います。教育に携わる者としてそんな存在になりたい、と思っています。なかなかできませんが。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: カワセン | 2006.01.25 02:12

カワセンさん コメントありがとうございます!

>私がブログをずっと続けることができたのは、、パソコンの向こうに、keyさんたちがいてくださったからだと思います。

ありがとうございます。
ほんと、パソコンの向こう側にいる人のことを思いうかべながら書き綴るってことありますよね。

心のつながるようなIT活用を心がけたいです。

投稿: Key | 2006.01.26 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/8304475

この記事へのトラックバック一覧です: 「教務日記」のカワセンさんからのメール:

« 機関車先生 | トップページ | 建築家の島さんからメール »