« 久米信行さんの「ブログ道」 | トップページ | 中馬のおひなさん2006のイベント案内 »

2006.01.17

足助屋敷で「たんころりん」学習会

1月28日(土)に、地元小学校で親子ふれあい活動「親子でたんころりんづくり」を開催します。このイベントはPTAの学習委員会が主催します。(私は今年度の学習委員長だったりします。)

その準備の一環として、1月14日(土)に地元小学校PTAの11人が三州足助屋敷におじゃまして「たんころりん」の竹カゴ作りを教えてもらいました。

▼三州足助屋敷
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~yashiki/



▼地図(ALPSLAB)
http://base.alpslab.jp/?s=25000;p=35/7/34.470,137/19/1.326

▼たんころりん(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/tankororin/tankororin.htm

この日の様子は、地元小学校のブログでも紹介いただいてます。にぎやかで楽しい学習会でしたよ!

▼1月14日(土) PTA学習委員会・たんころりん学習会
 (教務日記)
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/e/be20fb2ebcc99848230ca9499b174002

竹カゴづくりは、足助屋敷の竹細工職人さんが3人揃われるという豪華メンバーで、ご指導くださいました。

ありがとうございました!!

06011701

編みはじめと、立ち上げ部(円形から円柱への切換え部分)は難しいので、今回は、あらかじめ途中までつくった竹カゴ(作りやすい小型版)を提供いただくことにしました。(「愛・地球博」などで開催した、たんころりんワークショップと同様です。)

▼たんころりんワークショップ(5/6)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/05/57_52a2.html

ということで、竹カゴづくりの体験は、側面を六つ目編みで、5~6段編む作業になります。竹を編み始めると、みなさん熱中してしまって無言でした。

06011702

側面を編み終えたら、終端の処理をします。終端の処理では、竹ひごを急角度で曲げるので折れてしまわないように、一旦、水に浸したあとで作業を行います。

06011703

終端処理を終えたら、余分な竹ひごをハサミで切り落とします。

今回は、足付バージョンをお願いしましたので、竹製の足を針金で取りつけ、和紙を貼って完成です。1時間程度で完成しました。

06011704

電球で試験点灯してみましたが、なかなか良い感じです。「親子でたんころりんづくり」当日は、ろうそくで灯してみる予定です。

06011705

当日が楽しみです!


秋に発行した、PTA広報の「学習委員から」のコーナーでも、「たんころりんづくり」のことを話題にしました。

その原稿をPDFファイルにしてみましたので、よかったら覗いてみてください。

▼PTA広報原稿(PDFファイル)
http://asuke.air-nifty.com/blog/files/060117.pdf

|

« 久米信行さんの「ブログ道」 | トップページ | 中馬のおひなさん2006のイベント案内 »

たんころりん」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。

竹を編む写真、さすがですね。

当日が楽しみです。
よろしくお願いします。

投稿: カワセン | 2006.01.17 21:28

カワセンさん こんにちは!

学習会おつかれさまでした。
ほんと当日が楽しみですね!

投稿: Key | 2006.01.18 17:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/8206934

この記事へのトラックバック一覧です: 足助屋敷で「たんころりん」学習会:

« 久米信行さんの「ブログ道」 | トップページ | 中馬のおひなさん2006のイベント案内 »