« 香嵐渓と観音山の紅葉(2005/11/26) | トップページ | いちおしポイント「観音山」の訂正 »

2005.11.30

菜の花畑イベントに変わる新企画

地元小学校区では、地域づくり活動の一環として、毎年春に「菜の花畑イベント」を開催していました。

▼菜の花畑イベント2005
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/04/2005.html

▼菜の花畑イベント2004
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/03/2004.html

▼2003年菜の花畑の芸能祭
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/2003/nanohana.htm

▼「菜花畑の音楽祭」が新聞に(2002年)
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/kiji034.htm

主催は、地元地区の地域づくりを推進している「ゆめ推進委員会」です。

▼ゆめ推進ホームーページ
http://homepage3.nifty.com/asuke/yume/

下記のチラシに詳細が記載されていますが、このイベントが、ウォーキングを中心とした新企画に変わるそうです。

▼菜の花畑イベントに変わる新企画
 下国谷 新・熊野小道を歩こう(PDFファイル)
http://homepage3.nifty.com/asuke/yume/clip/img/17.pdf

-----

■下国谷 新・熊野小道を歩こう

昭和20~30年代 小中学生の通学路であった「ごんげん坂」を下国谷の熊野神社に通じる道と言うことで熊野小道名づけちゃいました

とき:平成17年12月11日(日)
   雨天の場合 順延   12月18日(日)

ところ:下国谷地内

 ・下国谷熊野神社~鏡地区:山道をウォーク

 ・いもほり農園地:芸能と飲食バザー

-----

下国谷(しもぐにや)は、いもほり農園が有名ですね。

▼いもほり(足助観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/imo/kuniyaimo.htm

今回のイベント会場としても、いもほり農園地が活用されるようです。

ウォーキングが中心となったと言うものの、音楽演奏などもあるそうですので、またまた、バンド演奏をさせていただけることになりました!

12月に、野外ステージで演奏というのははじめてですので、寒さで指が動かなくなったりしないか心配ですが、きっとなんとかなるでしょう。

そんなわけで、現在このイベント用に、バンドメンバーとクリスマスソングの練習に励んでいます。

05112901

演奏予定曲は下記の通りです。

(1)クリスマス・イブ:山下達郎
(2)恋人がサンタクロース:松任谷由美
(3)赤鼻のトナカイ

練習期間が短いですけど(今回も春に開催だと思っていたので...)なんとかがんばります!

|

« 香嵐渓と観音山の紅葉(2005/11/26) | トップページ | いちおしポイント「観音山」の訂正 »

菜の花畑イベント」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。お久しぶり。
 えっ! 菜の花畑イベント、やめちゃうんですか! もったいない!
 菜の花が連作障害で年々できが悪くなってきたのが原因でしょうか。でもやっぱり残念です。

投稿: Toshi-shi | 2005.12.01 15:25

Toshi-shiさん こんにちは!

>えっ! 菜の花畑イベント、やめちゃうんですか!

詳しい事情は聞いてないのですが、菜の花畑にする田んぼは休耕田ではないので、イベント直後に刈り取ってしまわなければならないというところに抵抗感があるようです。

種の購入費用も相当な金額のようですし、菜の花畑を作ることに対して、「もったいない」ことをしてしまっているという気持ちが生じていることは確かだと思います。

投稿: Key | 2005.12.01 20:54

 なるほど、仕方ないですね。
 でもやはりようやく春は足助・則定の菜の花畑が根付き始めたと思っていましたので、残念です。

投稿: Toshi-shi | 2005.12.01 22:05

うわー、残念です。菜の花畑は別のイベントになっちゃうんですね。

この時期の屋外演奏はちょっと寒くて大変かも。風邪に気をつけてくださいね。

投稿: みん” | 2005.12.02 02:00

Toshi-shiさん こんにちは!

>でもやはりようやく春は足助・則定の菜の花畑が根付き始めたと思っていましたので、残念です。

継続が伝統に変わって行くのを期待してましたが、そういうわけには行かなかったみたいですね。地元住民としても、菜の花が咲きそろうと、春の訪れをいっそう強く感じられるという良さがあったんですけどね。

今年は菜の花がきれいに咲くかどうかを、みんなが気にして話題にするというのも良いところでした。

種の費用の問題は、休耕田を利用して、翌年用の種を収穫するようにしたりすると良いかなと、個人的には思っていたりもしましたが、労力負担を考えると、それもなかなか難しいのかもしれません...

それと、このイベントの位置づけと地域づくりの視点をどこに置くかによって、目指すものが変わってくるのかなという気がしています。

当初は確かコンサルの方の指導もあったようですし、昨年までは役場の地域担当もいらっしゃったのですが、今年からは地域から選出された委員(2年の交代制)の方のみによる運営となりました。

ある意味、これからがほんとのスタートなのかなと思います。いろいろと試行錯誤があるでしょうけど、それが良い方向に収束していくことを期待してます。やっぱり「菜の花畑」がよかったということになる可能性もゼロではないかも?

投稿: Key | 2005.12.02 09:15

みん”さん こんにちは!

>うわー、残念です。菜の花畑は別のイベントになっちゃうんですね。

そういうことになりました。
なぜ、12月になったのかは、機会があったら聞いておきたいと思いますが、多分、農作業関係の事情と、各種地域イベントスケジュールとの兼ね合いじゃないかなと思います。

今年やってみて、その状況によって、来年はまた変わるかもしれないですね。

投稿: Key | 2005.12.02 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/7400470

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花畑イベントに変わる新企画:

« 香嵐渓と観音山の紅葉(2005/11/26) | トップページ | いちおしポイント「観音山」の訂正 »