« 「香嵐渓月見の会」の準備 | トップページ | PTA奉仕作業 »

2005.09.12

Thingamablogの日本語化

※ThingamablogV1.0.4が2005-11-24にリリースされ、その中には日本語リソースバンドル(私が作ったのもではないですけどね)が含まれていますので、下記で話題にしている日本語対応リソースバンドルは不要になりました。これで、日本でもユーザが増えるかもしれませんね!(2005-11-25)


前に下記の記事を見て、Thingamablogというローカルで動作するオープンソースのブログツールのことを知りました。

▼Javaによる手軽なブログツール - Thingamablog
(MYCOM PC WEB)
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/06/27/010.html

▼Thingamablog公式サイト
http://thingamablog.sourceforge.net/

なかなか面白そうだなぁと思っていたので、先日試しにインストールしてみました。参考にしたのは下記のサイトです。

▼ローカルでブログを構築できるツール
Thingamablog(ベイカーストリート)
http://mbsupport.dip.jp/bk/2005/sub/629.htm

そして、本ブログの過去記事を利用して、試しに作ってみたブログが下記のサイトです。niftyの通常のホームページエリアに設置しています。(RSSの出力もできますが、RSSリーダに読み込んだら文字化けしてました...)

▼Thingamablogで試しに作ってみたブログ
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/blog/blog.html

ThingamablogはJavaアプリですけど、動作はそれほど重くは感じませんでした。

簡単にいくつものブログを通常のホームページエリアに作れちゃうし、テンプレートも自由に編集できるので、ホームページビルダー代わりに使えたりするといいなと思います。

テンプレートに記述するタグの機能がもうちょっと豊富になるといいですね。

まだ細かな機能がよくわかってないので、テンプレートを編集してみたりして、いろいろ試してみることにします。


このThingamablogは、どうもまだ日本語化されたものがないみたいです。

でも、たまたま公式サイトのFAQのページを見ていたら、母国語に翻訳する方法が記載されているのを発見しました。

▼How can I translate Thingamablog to
my native language? (Thingamablog FAQ)
http://thingamablog.sourceforge.net/faq1.html#25

下記サイトで配布されているツールを使って、日本語対応のリソースバンドルを作れば良いようです。

▼Attesoro公式サイト
http://ostermiller.org/attesoro/

試しにやってみたら、Thingamablogのメニューが割と簡単な手順で日本語化できるじゃないですか!

なんかうれしくなって、その場の勢いで日本語対応のリソースバンドルを作ってみることにしました。

作業を進めていくと、下記のように、日本語だとうまく表示されないところもあったりしたので、そういうところは英語のままにしました。

05091201

途中で勢いがなくなってきたときもあったので、単純にカタカナ表記にしただけのところや、思いっきり意訳のところもあったりします。どこに使われているのかわからない単語は英語のままだったりもします。

でもまあ、とりあえず一通りやってみました。

こんな感じで、メニュー関係が日本語で表示されます。(ヘルプは英語のままですけど...)

05091202
↑クリックで拡大

05091203
↑クリックで拡大

ちょっと疲れました...


もしかしたら、使ってみて、ご意見をくださる方もいらっしゃるかもということで、現時点の日本語対応リソースバンドルを公開してみることにします。

ThingamablogはGPLライセンスですので、こういう場合も、ライセンスはGPLに従っておくのかな?
ちょっと調べてみたら、なんかそんな感じですね。
(友人に詳しい人がいるので、後で確認しておきましょう。)


【内容】
Thingamablogのメニューを日本語化するリソースバンドル「lang.zip」です。

【動作確認環境】
私が動作確認した環境は以下の通りです。
・WindowsXP SP2
・ThigamablogV1.0.3

【改定履歴】
・2005-11-23 半角カナの部分を全角カナに変更(日本語訳一部追加&修正)
・2005-11-22 Thigamablog V1.0.3用に作り直し(日本語訳一部追加)
・2005-09-12 Thigamablog V1.0.2用に作成

【ライセンス】
この日本語対応リソースバンドルは無保証であり、オリジナルの Thingamablog と同様 Free Software Foundation の GNU General Public License Version 2 に従います。GNU General Public License Version 2 に関してはオリジナルの Thingamablog のパッケージに含まれているlicense.txtをお読み下さい。

【使用方法】

(1)Java、Thingamablogをインストールし、
 正常に動作する環境を整えてください。

(2)下記の圧縮ファイル「lang051123.lzh」を
 ダウンロードしてください。

「lang051123.lzh」をダウンロード

(3)ダウンロードした「lang051123.lzh」を解凍すると、
 リソースバンドル「lang.zip」ができますので、
 それを、Thingamaブログをインストールしたフォルダ内の
 「lib」フォルダにある、「lang.zip」と
 差し換えてください。
 (オリジナルの「lang.zip」はバックアップして
 おきましょう。)

05091204
↑クリックで拡大

(4)Thingamablogを起動すると、メニューが日本語表示に
 になるはずです。


まだ、完成度が低いですけど、よりよりものにしていければと思います。


その後、下記のブログでThingamablogの日本語化を進めていらっしゃるのを見つけました。

▼予告されなかったページの記録
http://www.guru.gr.jp/~awa/blog/blog.html

ソース解析もされてるみたいですね。

▼thingamablogの日本語化 その3
http://www.guru.gr.jp/~awa/blog/archives/2005/09/entry_141.html

私は全然進んでないので、この方の今後の展開に期待しちゃいましょう。

|

« 「香嵐渓月見の会」の準備 | トップページ | PTA奉仕作業 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/5912017

この記事へのトラックバック一覧です: Thingamablogの日本語化:

» ローカルblogツールThingamablogが日本語化 [Placebo Effect]
学生のころからの友人で、今じゃ足助に生息している組込エンジニアのKeyさんから連絡が入りまして。Thingamablogというツールの日本語化リソースを公開したらしい。このツール、MYCOMで紹介されていましたが、blogの原稿を手元のパソコンで作成/編集して、サーバーにアップするというツールです。blogツールというとサーバー上で動作するのが一般的ですが、これはWebサイトのコンテンツを手元で作成できる。ある意味、HTMLエディタ+アップロード機能になっている。ThingamablogはGPLで公... [続きを読む]

受信: 2005.09.13 08:49

» ThingamablogV1.0.3 [思いつくまま-足助から-]
ローカルで動作するオープンソースのブログツール「Thingamablog」がV1 [続きを読む]

受信: 2005.11.22 21:55

« 「香嵐渓月見の会」の準備 | トップページ | PTA奉仕作業 »