« 地域会議委員就任承諾書 | トップページ | 豊田市創意工夫展 »

2005.09.21

わたがし製造機

先日、うちの子が小学校の授業で発表するネタということで「わたがし製造機」を作っていました。

アルミ缶に小さな穴を開け、模型用のモータで回転させるのだそうです。中にドロップをすり鉢で砕いたものを入れ、下からロウソクで熱しながら、アルミ缶を回転させると溶けたドロップが糸状になって、小さな穴から出てきます。

それを割り箸にからめとると綿菓子になるみたいです。テレビでやっていたのを参考にしたそうです。

なんとか、わたがしらしきものができるようになったのですが、なかなか満足できないみたいだったので、下記のサイトを参考にして少し改良することにしました。

▼わたあめマシン作り
http://www.geocities.co.jp/Berkeley/9446/wata.html

ドロップ砕くのは大変なので、ザラメを材料にして、わたがしの製造に再挑戦したところ、満足できるわたがしができるようになったみたいです。

アルミ缶に開ける穴は、小さいほうが良いようですね。

05092102

以下、参考となりそうな、その他のサイトです。

▼わたがしを作ろう
http://www.aichi-c.ed.jp/contents/rika/syotou/syo9/watagasi/watagasi.htm

▼わたあめ製造機をつくろう!
http://www.jsdi.or.jp/~takagaki/wataame/wataame.htm

▼綿菓子の作り方
http://www.geocities.jp/saga_chemistry/2004_1218_01.html

|

« 地域会議委員就任承諾書 | トップページ | 豊田市創意工夫展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そういえば、昔々作ったことがあります。空き缶工作というような本があって、それに載ってました。出来たんだけど、堅めになり、食べるとポリポリしてました(^^

投稿: catch | 2005.09.22 04:50

catchさん こんにちは!

>そういえば、昔々作ったことがあります。

そうなんですか。私はこの工作は、今回はじめて知りました。
穴が小さいと細い糸になるので、ふわふわした「わた」をつくることができるみたいです。

投稿: Key | 2005.09.22 06:45

豊田市創意工夫展に行ってきました。
そこに綿菓子製造機が出展されていました。

実際に作るといろいろな苦労があるのですね。


投稿: 地元小学校教員・K | 2005.09.23 21:45

地元小学校教員・K さん、コメントありがとうございます!

私も創意工夫展見てきました。
なかなかすごい作品が多いですね。

投稿: Key | 2005.09.25 23:30

なんかすごいですね。
前学校でやったとき、こげちゃったんですが・・・

投稿: 狐 | 2005.10.22 10:25

狐さん はじめまして!

>前学校でやったとき、こげちゃったんですが・・・

そうですか。火に近づけ過ぎるとこげちゃうかもしれませんね。

担任の先生の話だと、大好評で何回も綿菓子を作ったそうです。

投稿: Key | 2005.10.22 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/6051188

この記事へのトラックバック一覧です: わたがし製造機:

« 地域会議委員就任承諾書 | トップページ | 豊田市創意工夫展 »