« 100万人キャンドルナイト「たんころりん」イベント記事 | トップページ | 鈴木正三没後350年記念事業 »

2005.06.21

たんころりんイベント6/17,6/18

6月17日(金)に、「愛・地球博」長久手会場で開催された、「たんころりんワークショップ」と、翌日の6月18日(土)に、100万人のキャンドルナイトに合わせて足助の町並みで行われた「たんころりん」イベントの写真がスタッフの方からメールで届きましたので紹介させていただきます。

いただいたメールは下記のようなものでした。

>高木様
>
>17日の万博と、18日でんき消しての写真をお送りいたします。
>
>写真は、2メガの携帯カメラなのですが、
>設定が小さかったようです。
>
>残念...
>
>17日は朝から凄い人で、午後分も午前中の人の予約で
>一杯になってしまうほどの盛況ぶりでした。
>
>18日は、非常に足助らしくて、粋な催事であったと思います。
>夏至のイベントが日本全国で行われていますが、
>足助の催事はとても素敵なイベントでした。
>
>下の写真は、18日の催事が終わった後の、
>打ち上げの模様です。
>
>各地区の担当者は、やはり忙しく、他の所を見ることは
>できませんでした。
>
>終わってから渡辺邸にて担当と、パフォーマー、総勢60人の
>打ち上げを行いました。
>
>その中で、もう一度、発表者の演奏を聞かせていただき、
>とても嬉しかったです。
>
>あまりの人の多さに、ステージが、
>箱階段になってしまったところも何か風情があります。
>
>高木さんのメールマガジンを見てこられて人も大変多く、
>繋がりを深く感じます。
>
>これからも、意義のある催事が続けられたらなあと思います。
>
>また7月8日がありますし、がんばりましょう!!
>あ!8月6日~15日までが本番の『たんころりん』かぁ
>
>今年は、3月からたんころをやっているので、
>ずーっとたんころのような気がしますね
>懲りずにがんばりましょう

▼愛・地球博での「たんころりんワークショップ」(6/17)その1
05062102

▼愛・地球博での「たんころりんワークショップ」(6/17)その2
05062101

▼100万人のキャンドルナイト「たんころりん」イベント(6/18)その1
05062103

▼100万人のキャンドルナイト「たんころりん」イベント(6/18)その2
 (渡辺邸での打ち上げ)
05062104

▼100万人のキャンドルナイト「たんころりん」イベント(6/18)その3
 (渡辺邸での打ち上げ)
05062105

写真送付ありがとうございます!

どちらも大いに盛り上がったようですね。
18日の打ち上げでは、関係者も楽しめたみたいでよかったです。
やはり、自分たちが楽しむことが一番ですよね。


当日の様子は、ブログでも話題になっていますね。

まず、6/17の様子は、Brunoさんのブログで話題になってます。対応しきれないほど大盛況だったみたいです。

○足助の日(ブラジレイロな生活?)
http://blog.livedoor.jp/tamadaya/archives/25799178.html

プータロ500さんの下記の記事では、6/18の様子が詳しくレポートされています。暗い中での写真撮影は難しいのですが、非常にきれいな写真が紹介されています。

○大好評シリーズ第4弾 足助!夏至の夜は・・・
 幻想的な「たんころりんで☆(ぷーたろ本舗)
http://plaza.rakuten.co.jp/sasukebon/diary/200506210000/

プータロ500さんは、「たんころりん」Tシャツを着て行ってくださったそうですよ!

ありがとうございます!!
当日は、関係者も「たんころりん」Tシャツを着ている人が多かったと聞いています。製作に携わったものとして、うれしいです!!

玉田屋旅館のBrunoさんのブログでも、下記記事で話題になっています。

○キャンドルナイトだて(ブラジレイロな生活?)
http://blog.livedoor.jp/tamadaya/archives/25800917.html

ポルトガルギターを演奏された、ニシムラさんのブログ記事はこちらです。

○たんころりん。 (続・ギタリスタ漫遊記)
http://jorge.exblog.jp/2084162/

ほんと、スタッフのみなさんは打ち上げで楽しまれたみたいでよかったですね。

ニシムラさんの記事には、「たんころりんというイベントは聞くところによれば、足助文化の中でも新しい潮流ということ。スタッフの皆さんは足助の伝統的なお祭りを盛り上げていく一方で、伝統文化を下地にした新しい船を漕ぎ出していると言えます。これは大変なことですよ。」とあります。

確かに、「たんこりん」の活動は良い方向に流れていると感じますね。

ゆっきさんのブログでも話題になっています。

○100万人のキャンドルナイト-地元より
(ゆっきの落選市場(投資・地元日記))
http://mikawa.seesaa.net/article/4449466.html

「足助に学ぶべきものは沢山あると思う。」は、ありがたいお言葉だと思います。

当日の写真は、とよたふぁいるずに提供されていらっしゃるそうです。この写真もすばらしいですね。

○とよたアルバム更新 (百万人のキャンドルナイトin足助)
(ふぁいるずインフォメーション)
http://blog.livedoor.jp/toyotafiles/archives/25700596.html

|

« 100万人キャンドルナイト「たんころりん」イベント記事 | トップページ | 鈴木正三没後350年記念事業 »

たんころりん」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ポルトガルギター弾きのニシムラです。
トラバ打たせていただきました。

ところで、この記事でアップされている我々の写真を
ウチのホームページでも使わせてもらってもよろしいでしょうか?
我ながらなかなか良い写真だなぁ、と。
ご回答よろしくお願いしまーす。

投稿: ニシムラ | 2005.06.21 22:03

ニシムラさん TB&コメントありがとうございます!

>ウチのホームページでも使わせてもらってもよろしいでしょうか?

はい、全然問題ありません!
送ってくださった方も、よろこんでくれると思います。
箱階段がまた、良い感じですね。

投稿: Key | 2005.06.21 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/4651527

この記事へのトラックバック一覧です: たんころりんイベント6/17,6/18:

» たんころりん。 [続・ギタリスタ漫遊記]
昨日のたんころりん、ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。やぁ、幸せな一夜でござんした。 足助の街並みと手作り行灯の興趣深くもポップなコラボレーション。想像してはいましたが、実際にその場にたたずんでみると、その味わい、美しさ、そしてかわいらしさは格別ですね。最初はやや硬かった(みたい)演奏も、日が落ちてたんころりんの灯りもいよいよ映えはじめるころから調子付いてきたみたいです。3ステージ目はアンコール込み30分、さらに予定になかった4ステージ目までやらせていただきました。会場となった... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 21:55

« 100万人キャンドルナイト「たんころりん」イベント記事 | トップページ | 鈴木正三没後350年記念事業 »