« ホタルウォッチング | トップページ | たんころりんワークショップ(6/17)参加者の方からの写真 »

2005.06.24

第1回足助地域会議準備会

下記で紹介していますが、「足助地域会議委員」をやることになりました。

○第1回足助地域会議
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/03/post_14.html

豊田市になってからはじめての会議である「第1回足助地域会議準備会」が4月27日(水)に開催されたので出席しました。

「足助地域会議準備会」となっていますが、条例が制定されて正式に地域会議が発足するまでは「準備会」という名称になるそうです。

以下、当日の様子を簡単に紹介します。


■平成17年度第1回足助地域会議準備会

・4月27日(水)19:30~
・足助支所第2会議室

1.開会

(1)会長あいさつ
 ・鉄道事故の話題
 ・豊田市会議員選挙の話題

(2)足助支所長あいさつ
 ・印鑑登録で混雑し、当初2時間待ちとなってしまったが
  その後改善した
 ・光ファイバ、ケーブルテレビの話題
 ・地域力をどう作っていくか

(3)地域会議準備会委員、足助支所職員自己紹介

2.議題

(1)豊田市足助地域会議準備会規約について

以下、主要事項を抜粋してみました。

・目的:
  足助地域会議の設置に向けて新しい自治の確立を図る。

・会議:
  会議はこれを公開のものとする。
  公開としないこともできる。

・担任事項:
  下記の必要な事項について審議し、市長その他の市の機関に
  意見を述べることができる。
  -地域会議委員の推薦に関する事項
  -住民と行政の共働によるまちづくりの振興に関する事項
  -足助支所が所掌する事務に関する事項

  準備会は、住民の多様な意見を集約し、住民と行政の共働の
  要となるよう努めるものとする。

(2)足助支所にかかる平成17年度主要事業および予算額について
 ・足助地域会議設立準備費・・・50万円(内、負担金26万円)

(3)協定書の締結
 (地域会議準備会事業に要する費用負担・・・26万円)
 ・負担金の使途・・・研修視察、講師御礼、資料収集、
           お茶代、旅費(費用弁償)
 ※委員報酬、飲食代(お茶代は除く)への使途は禁止

この協定書は豊田市長と地域会議準備会会長との間で締結される
費用負担(豊田市が26万円を負担)に関するものです。

(4)都市内分権について(基本説明)
 ・地域自治区・地域会議設置にかかる基本認識
  -共働によるまちづくりの推進
  -都市内分権による地域自治の確立
  -地域力を高め、行政とのパートナーシップのもとで
   効率的に地域課題の解消を図る
  -地域課題やまちづくりについて話し合い、
   住民参加のもとに地域としてどう対応するかを考える
   (要望や陳情をまとめる組織ではない)
 ・地域づくりの推進に向けて(仮 わくわく事業の活用)
  -(仮)わくわく事業は、地域づくり実践活動への
   支援制度(1地域会議につき上限500万円(予定))
  -地域会議が内容を審査し、支所長が最終決定する
 ・今後の進め方

(5)意見交換
 (テーマ)・・・合併後における地域の声(地域課題等)

4.その他


地域会議については、下記でも紹介されていますね。

○地域会議について紹介します(あすけネット)
http://www2.town.asuke.aichi.jp/mt/data/cbbs/chiiki/
epb4002005060745601210/epb4002005060745601210.htm


以下、上記ページからの抜粋です。

>地域会議とは?
>
>地域会議は、地域住民のさまざまな意見を取りまとめ、
>審議する機関です。
>
>市長からの地域の重要な行政施策などについて諮問を受けるほか、
>今後の足助地域を展望する中で、課題について話し合い、
>地域でできることは何か、住民の参加のもと、どう対応するか、
>その解決に向かって、共働(住民と行政が共に考え、行動すること)
>によるまちづくりを推進します。
>
>本格的な地域会議は今年度9月議会において条例化され、
>旧町村の6の地域会議が10月から正式に設置される予定です。
>(平成18年4月には、全市内で26の地域会議が設置されます。)
>
>現在は、その設置時にスムーズな会議運営ができるよう、
>地域会議準備会が設置されています。

下記には、4月・5月の足助地域会議準備会の活動について、簡単に紹介されています。

○4月・5月の足助地域準備会(あすけネット)
http://www2.town.asuke.aichi.jp/mt/data/cbbs/chiiki/
epb4002005060745675077/epb4002005060745675077.htm

|

« ホタルウォッチング | トップページ | たんころりんワークショップ(6/17)参加者の方からの写真 »

足助地域会議」カテゴリの記事

コメント

 地域会議委員、ごくろうさまです。一つだけ、質問させてください。

 26万円補助があるようですが、残りの24万円は誰がどう集めて負担するんですか?

投稿: Toshi-shi | 2005.06.27 14:59

Toshi-shiさん コメントありがとうございます!

「足助地域会議設立準備費」として、豊田市の予算が50万円ありますので、残りの24万円も豊田市から支出されます。

26万円は50万円のうちの「負担金」という名目分という書き方で理解いただけるでしょうか?
(イメージとしては補助金ですが、地域会議準備会という性格上「負担金」という言葉になるみたいです。)

「負担金」分の26万円は、地域会議準備会が視察や講師依頼の経費として使うことができます。

それ以外の24万円は、足助支所の予算枠で、一般的な事務費、消耗費として使われます。

...というのが、私の理解している範囲ですけど、ご期待に沿えたでしょうか?

投稿: Key | 2005.06.27 17:58

 なんかややこしいですね。でもきっと訳があるんでしょうね。
 解説、ありがとうございます。

投稿: Toshi-shi | 2005.07.02 11:50

Toshi-shiさん こんにちは!

確かに、わかりにくいですね...
負担金のほうは、一括して地域会議準備会に入金されるみたいです。研修などの目的のために、割と自由に使うことができるという感じでしょうか。

投稿: Key | 2005.07.04 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/4690711

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回足助地域会議準備会:

« ホタルウォッチング | トップページ | たんころりんワークショップ(6/17)参加者の方からの写真 »