« 季節外れの「たんころりん」Tシャツ | トップページ | 両口屋さんの「おひな菓子」 »

2005.03.01

「おひなさん」と「竹寒天」

もうすぐ「ひなまつり」ですね。

足助の町並みでは「中馬のおひなさん」でにぎわっているようです。

○足助町中馬のおひなさん(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/ohinasann/hina.htm

うちは、「中馬のおひなさん」とは無縁ですけど、今、会社の事務所に「おひなさん」を飾っています。

0503011

妹が生まれたときにもらった「おひなさん」ですので、昭和40年代のものです。
足助の町並みに展示されている「おひなさん」たちに比べると新しいですね。

こちらは、近所の人からおすそ分けでいただいた竹寒天です。

0503012

寒天と砂糖を煮て竹筒に流し込んだものです。「つぼんこ」とも言うようです。
うちでも私が子供の頃によく作ってもらいました。寒天なんですけど、竹ようかんと言ってました。

下記で話題にしてますが、「中馬のおひなさん」でも販売されてましたね。

○中馬のおひなさん2005
http://asuke.air-nifty.com/blog/2005/02/2005.html

写真には千枚通しが写ってますが、これで竹筒の底(節)に穴を開けた後、反対側の節の無いほうから、中の寒天を吸い出すようにして食べます。
底に穴を開けるのは、吸い出しやすいようにするためですね。プッチンプリンの原理だと思ってください。

「そんなこと知ってるよ!」と言われる方が多いと思いましたが、もしかして、知らない人もいたりするかなと思って、解説してみました。

|

« 季節外れの「たんころりん」Tシャツ | トップページ | 両口屋さんの「おひな菓子」 »

中馬のおひなさん」カテゴリの記事

コメント

竹寒天、全く知りませんでした。(同じ愛知県出身だというのに)和菓子屋さんで売っているもので、似た物(中身が水羊羹)は見たことがありますが、千枚通しが必要ではなかったと思います。

些細な質問ですが、この竹の容器は何回も使えるものなんでしょうか?それとも一回使い切り?

投稿: みん” | 2005.03.02 11:23

みん”さん こんにちは!

>竹寒天、全く知りませんでした。

あれ? そうなの?? と思って、「竹寒天」でGoogle検索したら、このサイトがトップで表示されてびっくりしました。

検索結果の多くは、足助の中馬のおひなさんですね。あとは、岐阜で同じようなものを作っているみたいです。
下記のような情報がありました。

○竹の香りと甘みが絶妙のハーモニー
平田町で"懐かしの味"竹寒天作り
11日「今尾の左義長」でふるまう
http://www.jic-gifu.or.jp/np/newspaper/graph/9902/9902091t.htm

「竹ようかん」で検索すると、三重のほうの情報がヒットしました。天草にあんこや、黒砂糖を入れて固めているようですね。うちのあたりは、上記の岐阜と同様、 寒天に砂糖を入れただけのものです。

>些細な質問ですが、この竹の容器は
>何回も使えるものなんでしょうか?
>それとも一回使い切り?

穴を開けてしまうので、1回使いきりです。
子供の頃は、食べた後、水鉄砲の材料にしたりしてました。

投稿: Key | 2005.03.02 11:40

竹寒天て面白いですね!
初めて聞きました。

吸う力が結構いりそうですね。肺活量がUPしそうな。。(関係ない?)
時期としてはお雛様のころに食べるお菓子なんですか?
食感はどんな感じですか?糸こんにゃくを一本ずつ吸う感じ??

いっぱい質問してすみません。。
今度足助に行ったら、竹寒天とししコロッケは絶対に食べたいです!


投稿: sweet-buchan | 2005.03.02 22:50

sweet-buchanさん コメントありがとうございます!

底に穴を開けるので、吸う力はそんなに必要ないですよ。プッチンプリンの原理と同じですね。
子供でも簡単に食べられます。

食感は、寒天そのものですので、こんにゃくほど歯ごたえはないです。

竹寒天は多分期間限定だと思います。

投稿: Key | 2005.03.03 08:25

そっかー、いまやっと理解しました!

>プッチンプリンの原理と同じ
なんですね。
てっきり、底に開けた穴の方から吸い出すのかと(食べきるまでにすごく時間がかかりそうだと)勘違いしてました。(ハハハズカシイ)

投稿: sweet-buchan | 2005.03.03 09:29

sweet-buchanさん こんにちは!

>てっきり、底に開けた穴の方から吸い出すのかと

失礼しました...
あの説明だと、そういう意味にも取れますよね。
もう少し説明を詳しくするよう、修正しておきました。
最初に書いたときは、誰でも知っていることだと考えていたので、いけませんでした。

投稿: Key | 2005.03.03 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/3126229

この記事へのトラックバック一覧です: 「おひなさん」と「竹寒天」:

« 季節外れの「たんころりん」Tシャツ | トップページ | 両口屋さんの「おひな菓子」 »