« 祝!豊田高専ロボコン大賞 | トップページ | 足助でログスクール開始! »

2004.11.29

「ピカピカ光る生きもの」一次審査通過!

たまたま新聞に「親子でLEDあかりを作ろう~ピカピカ光る生きものを作ろう!~」の作品募集のお知らせが出ているのを見かけました。

○ピカピカ光る生きものを作ろう
http://www.led.ccdo-web.com/

○おうぼようこう・おうぼようし(ピカピカ光る生きものを作ろう)
http://www.led.ccdo-web.com/ouboyoko.html

対象は小学校1年生~6年生とのことでしたので、うちの子(小3)に応募してみないかと声をかけてみました。そしたらなんだかやる気いっぱいになったようで、応募用のスケッチの下書きを描いてきたので、応募してみることにしました。

まずは、ピカピカ光る生きもの(赤、青、緑、白のLEDを各5個ずつ以内使用)のアイデアスケッチを送り、一時審査通過作品100点が選ばれ、その100点を実際に製作し、その中から優秀作品30点と佳作70点が選ばれます。

製作した100点は、愛・地球博(長久手会場・名古屋商工会議所パビリオン「モノづくりランドシンフォニア」)に2005年3月25日~4月24日の1ヶ月間展示されるそうです。

というわけで、子供の描いた鉛筆書きのスケッチに、私がペン入れとちょっとだけ色づけをして応募してみました。(「作品は子供の考えを尊重し、本人または親子で創作したもの」となってますので、親が手伝うのもOKというわけです。)

作品名は「チョウチンアンコウ」だそうです。

0411291.JPG

先日その審査結果が届いたのですが、この作品が一次審査を通過したという結果にびっくりしてしまいました!!
通知によると、応募総数は300点を超えていたそうですので、全員が一次審査通過というわけではないようですね...

さらに通知には、「今後は、11月28日(日)に行われる「製作説明会」を参考に、二次審査へ向けてスケッチの実物を作っていただきます。」とあります。
そんなわけで昨日、名古屋市栄のナディアパーク6階にあるデザイン工房で開催された「製作説明会」に参加してきました。

0411292.JPG

50組、50組の2回に分けての説明会でした。

配布された資料には各自で用意する道具として、まず最初に「30Wくらいのハンダごて」とありました。付き添いがお母さんだけのところは、「ハンダごてってどこで売ってるの?」なんて声もあがっていました。なかなか敷居の高い説明会だったという印象です。

LEDを順番に点滅させるためのちっちゃなIC基板が3枚配布されたのですが、その配線図を見て、ちゃんとできるか不安になっていらっしゃる方もありましたよ。

0411293.JPG

でも、多分お父さんが手伝えば大丈夫じゃないかなと思います。確か中学の技術科の時間に、ハンダ付けで電子工作をする実習をやっていると思いますので。
それに1月9日に「製作相談会」が設定されていて、うまく作れない場合はそこでなんとかしてもらえるみたいです。

配布された部品は以下通りです。

・LED青、緑、白、赤:各5個
・抵抗100Ω、200Ω:各1個
・可変抵抗器:1個
・リード線赤15cm、黒15cm、赤黒ペア3m:各1本
・IC基板(点滅時間固定タイプ):2個
・IC基板(点滅時間可変タイプ):1個

0411295.JPG

実物作品の締め切りは来年の1月31日です。作品を完成できれば、自動的に佳作となりますので、なんとか完成できるよう協力しようと思っています。

|

« 祝!豊田高専ロボコン大賞 | トップページ | 足助でログスクール開始! »

愛・地球博」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/2104362

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピカピカ光る生きもの」一次審査通過!:

« 祝!豊田高専ロボコン大賞 | トップページ | 足助でログスクール開始! »