« 地元地区のお祭り | トップページ | バクちゃん畑(10/22) »

2004.10.22

オブジェクト指向

こんな本を読んでみました。

Visual C++ 2 はじめてのオブジェクト指向プログラミング〔複合媒…(プログラミング学習シ…)
山本信雄著

出版社 翔泳社
発売日 1999.12
価格  ¥ 2,730(¥ 2,600)
ISBN  4881358227

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

○Visual C++ (2) プログラミング学習シリーズ(amazon.co.jp)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4881358227/keys-22

これ分かりやすくて良い本だと思いました。オブジェクト指向と言っても、VC++を使うことが前提ですけどね。

「オブジェクト指向プログラミングの目的は、オブジェクトを再利用して効率的にプログラムを作成することである。」という思想が貫かれているところがまた良かったです。確かに、再利用のために便利な機能がいっぱいある感じですね。

この本を読んだ後、滅多に作らないWindowsアプリを作ってみましたが、ちょっと役に立った気がします。

|

« 地元地区のお祭り | トップページ | バクちゃん畑(10/22) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/1745185

この記事へのトラックバック一覧です: オブジェクト指向:

« 地元地区のお祭り | トップページ | バクちゃん畑(10/22) »