« 「メール道」出版記念パーティ | トップページ | 最小化するとタスクバーに表示されない »

2004.08.03

「愛・地球博」用間伐材ベンチ製作

先日、「矢作川水源の森 間伐材利用プロジェクト」(豊田市農林課)による、「愛・地球博」会場のベンチ&テーブルセット製作者募集がありました。

○矢作川水源の森 間伐材利用プロジェクト
http://www.city.toyota.aichi.jp/mori/

このプロジェクトの概要は、下記で紹介されていますが、間伐材活用を推進するため、「愛・地球博」の会場に間伐材で作った屋外家具を設置しようというプロジェクトです。

○プロジェクト概要
http://www.city.toyota.aichi.jp/mori/gaiyou/gaiyou.html

これまでにデザインコンテストが行われ、最優秀作品の組み立てキットが完成したので、今回は、これを組み立てる市民を公募したというわけです。

豊田市民はなくても応募できたので、足助町民な私も応募してみました。

そしたら、見事当選してしまったんです!(倍率2.3倍だったそうです。)

というわけで、日曜日に家族で豊田市の高岡コミュニティセンターに行って組み立ててきました。

私たちは、下記の募集概要に掲載されているベンチAタイプを組み立てました。参加費として、5,000円が必要になりますが、「愛・地球博」終了後は製作者が引き取ることができるそうです。

○募集概要(PDFファイル)
http://www.city.toyota.aichi.jp/mori/news/image/seisaku-.pdf

ベンチはキットになっているものの、なかなか大きなものなので、組み立てには結構時間がかかりました。

0408021.JPG

10時から開会式、説明などがあり、10時半から組み立て始めたのですが、途中、食事休憩を1時間はさんで、完成したのは14時頃となりました。

この日は、市民製作の初日だということで、スタッフの方々も、まだ慣れてない部分があったみたいです。

その後、搬出、清掃、諸連絡などがあり、15時に終了しました。終了予定の16時より1時間早く終了しました。

完成品のベンチは、予想以上に立派なものになりました。

0408022.JPG

正面から見て、右下のところに、ネームプレートを付けて、「愛・地球博」会場に設置していただけるそうです。ネームプレートには、私を筆頭に家族の名前と、(愛知・足助)と入れてもらうことにしました。

「愛・地球博」会場のどのエリアに設置されるか、後日連絡があるそうですので、会場で見つける楽しみができました。また、連絡があったら、こちらでも紹介させていただく予定ですので、「愛・地球博」に行かれる方は、よかったら探してみてください。

せっかくなので、完成したベンチに座って記念撮影をしてみました。(先週いただいた赤の「メール道」Tシャツが早速活躍!)

0408023.JPG

会場には、豊田市のケーブルテレビの方が取材に来ていらっしゃいました。

豊田地区のケーブルテレビで、3日の朝と、4日に繰り返し放映されるということでした。残念ながら、うちでは見えないですけどね。

軽い気持ちで応募したのですが、見事に当選できて、記念に残る活動ができました。「愛・地球博」での楽しみも増えましたしね!

そういえば、組み立てを指導してくださった、若林木工クラブのスタッフのお一人が、「実は、私も応募したんだけど、落選しちゃったんだよね...」と話していらっしゃいましたよ。厳正な抽選だったようです。


子供といっしょに木工を楽しむことができればいいかなと思って応募したのですが、このプロジェクトには、「矢作川の水源の森を元気にする」という大きなテーマがあったんですね。

間伐材で、こんなに立派なベンチができるのですから、どんどん利用すれば、森も元気になるし、良いことばかりだなと思ったのですが、どうもコストが問題みたいです。

組み立てを指導してくださった方々の話では、このベンチのキットは私たちが支払った参加費の何倍もするということでした。

通常の国産材に比べれば安価なのでしょうけど、どうしても外材と比較すると、高価になってしまうのかもしれませんね。(自分で値段比較してないので、想像の範囲です。)

間伐材利用を広めるには、コストダウンが課題かなと感じました。

「矢作川水源の森 間伐材利用プロジェクト」のリンクからいろいろたどるうちに、トヨタ自動車から生まれたベンチャー企業の「ログウェル日本」という会社を見つけました。

○ログウェル日本
http://www.logw-n.com/

ログウェルホームプラン(国産材をたくさん使用した木造住宅)のQ&A-7には、間伐材を積極的に活用していると書いてあります。

世界に誇る、トヨタ生産方式で、間伐材のコストダウンを進め、間伐材利用がもっともっと広まることを期待してます。

「矢作川水源の森 間伐材利用プロジェクト」では、「木遣いセミナー」を開催しているそうですので、都合がつく日に行って見たいなと思います。

○木遣いセミナー(矢作川水源の森 間伐材利用プロジェクト)
http://www.city.toyota.aichi.jp/mori/houkoku-2005-6-8/houkoku-2004-06-08.html

講師には、NPO「都市と農山村交流スローライフセンター」代表のシゲさんもいらっしゃいますね!

先日シゲさんからいただいた「「スローライフ森林学校」発足のご案内」を下記で紹介しています。

○スローライフ森林学校
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/07/post_16.html

|

« 「メール道」出版記念パーティ | トップページ | 最小化するとタスクバーに表示されない »

愛・地球博」カテゴリの記事

コメント

ブログにコメントいただき、教えていただきありがとうございました。
私としては、とてもうらやましい体験をされましたね。
愛・地球博のベンチなんて、本当に人生に一度あるか、無いかの
体験ですし。
自分も会場で見かけたら間伐材の問題に心を数秒だけ馳せたいと思います。

投稿: 愛知万部郎 | 2004.12.01 21:53

愛知万部郎さん コメントありがとうございます!

>自分も会場で見かけたら間伐材の問題に心を数秒だけ馳せたいと思います。

ありがとうございます!
そういうふうに思っていただければ、プロジェクトとして目的達成だと思います!!

投稿: Key | 2004.12.02 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/1110154

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛・地球博」用間伐材ベンチ製作:

« 「メール道」出版記念パーティ | トップページ | 最小化するとタスクバーに表示されない »