« へボロ | トップページ | 足助町本町区民館が最優秀賞受賞! »

2004.07.16

ishikenさんのカホンが雑誌に

ishikenさんもブログ開始!」で紹介させていただいた、ishikenさんのブログによるとオリジナルブランド「PARKA」のカホンが、ドラムマガジンという雑誌でレポートされているそうです。下記のページで紹介されてます。

○ドラムマガジン(ishikenBLOG)
http://ishiken.at.webry.info/200407/article_8.html

本屋さんに行ってこなきゃ!

ほんと、ishikenさんもいろいろとがんばってますね!!


|

« へボロ | トップページ | 足助町本町区民館が最優秀賞受賞! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どもです。
雑誌に試奏レポートという企画で紹介されました。
パンデイロもそうですが、パーカッションの世界ではカホンもケッコウ人気みたいです。
どちらもドラムに近いパーカッションということで、ドラマーからの需要が多いのだと思います。
カホンは、叩かない時はイスや台にもなるので、ウチでも違った意味で重宝しています。
Keyさんも、一度叩いてみるとはまるかもしれませんよ。

投稿: ishiken | 2004.07.17 00:13

Ishikenさんはじめまして、Keyさん毎度です。

嫁さんが勤めてるホテルで三味線の「吉田兄弟」のディナーショーがありました。親父たちを連れて見に行くと、吉田兄弟と一緒に、カホンを演奏されてる方が出演されていました。

面白い楽器だな~ってその時はそれで終わっちゃったんですが。
ブラジル人もヘボロを椅子の下に入れて叩いたり、同じような事をやってるみたいです。
以前、知り合いのブラジル人が向こうに帰ってパゴーヂやってる時のビデオを見せてもらった時には、木箱らいきモノに座って、まるでカホンのような状態で叩いていました。
あれはカホンだったのかな?ブラジルでも流行ってるんでしょうかね?

投稿: Bruno | 2004.07.18 07:35

はじめまして。Brunoさんは、ブラジル通ですね。

で、カホンは確かペルーの楽器なんですけど、スペインのフラメンコのバックやら、最近はアコースティックなユニットでも徐々に使われ始めています。ストリートでも良く見かけるようになりました。
ブラジルにも打面が斜めについているカホンがあるようです。色々な国で製作され演奏されているという事ですね。
打面が木ということが、この楽器のイチバンの魅力だと思います。木なんだけど思いもよらない低音が出たり、気持ち良い中高域が出たりと。
叩きかたも人それぞれなので(自分もかなり変な事やってますし)、そういうオモシロさもあるかも?

投稿: ishiken | 2004.07.19 10:02

ishikenさん、Brunoさん こんにちは!

打楽器の縁ということで、よろしくお願いします!
私は、まだまだですけど...

ishikenさん>Keyさんも、一度叩いてみるとはまるかもしれませんよ。

叩けるかなぁ...?
別の意味で重宝するのでしたら、持っててもいいかも。
ドラムマガジン見てきます。

投稿: Key | 2004.07.19 13:05

私も、むしょうに欲しくなってきました。

飲み屋や友人宅に自前の椅子を兼ねて、いつもも持ち込み。
田舎の車社会だからこそ可能!!
想像は膨らみます。

http://www.mais-web.com/Column/BrasilCajon.html
お~っ!コンテンポラーニャ製のカホンを発見。

でも、買うならishikenさんとこのにします。

投稿: Bruno | 2004.07.19 16:54

カホン、オススメです!
ishikenさんのライブでカホン(+名前忘れましたゴムバンドで留めていたの)を聞いて、「ホントにドラムいらずだぁー」と感動しました。
最初のパンディロの演奏(ishikenさんのページからリンクしてあるパンディロ講座にて)を聞いたときもかなり衝撃でしたが、それを上回るものがあるかもしれません。

パンディロは週末に時々いじっているのですが、正しいフォームでたたけていないようで、すぐ疲れます。独学でやったkeyさんはえらい!

投稿: みん” | 2004.07.20 13:25

みんさん、Brunoさん こんにちは!

カホンに興味津々です。
私も買うならishikenさんのところだな!

パンデイロは、全然叩けてないですよぉ...

投稿: Key | 2004.07.21 08:15

どもです。
カホンは両手で叩けますので、より直接的な表現が可能です。好きに叩けるというか。その時の気分や想いをストレートに音にできると思います。
その点、パンデイロはちょっと扱いが大変なので、慣れと言うか特有の表現になりますね。
でも、どちらもインパクトのある楽器で微妙にドラムに近いので、入りやすいかも?

まぁ、基本は楽しく叩く事なので、自分なりで楽しむのもイイと思います。

投稿: ishiken | 2004.07.23 22:41

>その時の気分や想いをストレートに音にできると思います。

そういう表現ができるようになると楽しいでしょうね。

>まぁ、基本は楽しく叩く事なので、自分なりで楽しむのもイイと思います。

確かに楽しむのが一番だと思います!!

投稿: Key | 2004.07.24 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/985178

この記事へのトラックバック一覧です: ishikenさんのカホンが雑誌に:

« へボロ | トップページ | 足助町本町区民館が最優秀賞受賞! »