« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.29

内職さん募集中!

2年ほどまえに、地元小学校の工場見学用に「タカキ工業ホームページ」をつくってみました。

○タカキ工業ホームページ
http://www.takaki-jp.com/

先日、このホームページの掲示板に、内職の募集についての質問の書込みをいただきました。

○質問箱(掲示板)
http://hpmboard3.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=YFA22147

このホームページを見つけて、問い合わせをしてくださる方もいらしゃるんですね。

もしかしたら、これからもこういう方がいらっしゃるかもしれないなと思って、「内職さん募集中!」のページをつくってみました。

○内職さん募集中!(足助町、豊田市地域)
http://homepage3.nifty.com/takaki-jp/kyuzin.htm

ちょっとだけ、従業員募集についても書いてみてます。

このページを見て、問い合わせてくださる方が増えたりすると嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.28

アユ解禁

昨日はアユ解禁日でした。

巴川漁協さんのホームページにも出ていますね。

○巴川漁協のページ
http://www.geocities.co.jp/Outdoors/8329/

巴川はうちのすぐそばを流れています。昨日は、鮎釣りをする人たちがいっぱいでしたよ。

橋の上から、鮎釣りの様子を眺めている人も何人かいらっしゃいました。

0406281.JPG

川沿いの道路には、鮎釣りの人たちの自動車がいっぱい並んでいました。

0406282.JPG

私は、鮎釣りはやらないのですが、毎年、解禁日の様子を見ていると、お祭りのように感じます。

前日から、川岸にテントを張っている方もいらっしゃいますよ。楽しそうですね。

この時期になると、ときどき「鮎釣りの人が置いていったのかな?」というようなゴミを見かけることがあります。
そういうことは無いようにして、マナーを守りつつ、鮎釣りを楽しんで行ってくださいね!

自然を楽しむのでしたら、環境保全に努め、自然を大切にしましょう。よろしくお願いします!


以前、鮎釣りの様子を描いてみたことがあります。

下記ページにありますので、よかったら覗いてみてください。

○鮎釣り(巴川)
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/docu0065.htm

鮎釣りというわけではないですが、今年は、地元地区で地域づくり活動をしている「ゆめ推進委員会」主催の「釣り教室」が計画されています。

子供といっしょに参加したいなと思っています。

川釣りをするのは、小学校の時以来ですね。

楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.26

シンディ・ローパーライブ

先日、名古屋市公会堂で行われた、シンディ・ローパーライブに行ってきました。

○ザ・ベスト・オブ・シンディ・ローパー・コンサートhttp://www.wowow.jp/CGI/autoup/autoup_dsp.cgi/eventinfo/j1/0000792

まだまだ、年齢を感じさせないパワフルな声でしたよ。高音域も、めいっぱい出てましたよ。

と言っても、年齢は中島みゆきさんより、ちょっとだけ若いのかな?

動きのほうは、ちょっとキレがないかなという印象でしたが、それでも「おっ! シンディ・ローパーの動きだ!」
と感じさせるものがありました。

懐かしい曲も何曲かあったのが嬉しかったですね。

あと、結構いろんな楽器をシンディ自身が演奏するってことを、今回のライブではじめて知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.25

「たんころりん」ポスター用写真撮影

昨夜、今年の「たんころりん」ポスター用の写真撮影を見学してきました。

午後6時半頃に足助のまちなみに行ってみたのですが、西町の通りには、既にたくさんの「たんころりん」が並べられていました。

0406251.JPG

写真撮影は、暗くなるのを待って午後7時過ぎから玉田屋旅館さんの前ではじまりました。

○玉田屋旅館
http://www.mirai.ne.jp/%7Emarune/home/tamadaya/tamadaya.htm

ちょうど良い暗さになるのは、ほんの僅かな時間のようです。撮影は慌しく進んで行きました。

0406252.JPG

今回の撮影に携わっていらっしゃったのは、カメラマンの方以外は、みなさん地元の人たちばかりでした。
こういう手作りの感じがいいですね。

暗くなるにつれ、「たんころりん」通りは、とっても良い雰囲気になってきていましたよ。

0406253.JPG

私はこの後、友人との約束があったので失礼させていただきましたが、関係者の方々は撮影後、この風情を楽しみながら、お酒を酌み交わしていたそうですよ。このように、自分たちが楽しみながらやる活動はいいですよね。

昨年の「たんころりん」ポスターは、下記ページにあります。新ポスターが完成すると貼り変えられるのでしょうね。

○たんころりん(足助町観光協会ホームページ)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/tankororin/tankororin.htm

今年のポスターもきっと素晴らしいものになると思います。完成が楽しみです。


ネット検索で、昨年の「たんころりん」通りを撮影した写真が照会されているページを見つけました。

○2003年8月16日たんころりん(カメラのアマノ)
http://www.cameranoamano.co.jp/camera/eNEWS/030816/

玉田屋さんの写真もありますね。
やっぱり絵になります。

カメラ屋さんのサイトですので、さすがにクッキリしたきれいな写真ばかりですね。

私は三脚を使わずに撮ってますので、ちょっと手振れが気になる写真になってしまいました...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.24

スパムメール対策

このところ、受信するメールのうちの、スパムメールの割合が嫌になるほど増えてきましたので、@niftyの「迷惑メールフォルダー」サービスを利用するようにしてみました。

○迷惑メール対策(@nifty)
http://www.nifty.com/spam/

まだ、使い始めたばかりですけど結構快適です。

「学習型フィルター」がスゴイのだそうですけど、誤ってスパムメールではない、必要なメールを迷惑フォルダーに振り分けてしまう場合もあるということなので、ちょっと心配してました。

でも、あらかじめ、除外するメールアドレスを登録しておくことができるので、よくメールをやりとりする方のメールアドレスを登録しておけば、そういう方からのメールを誤ってスパムメールと判断してしまうことはないようです。

メールアドレスは、カンマ区切りのテキストファイルを読み込むことで一括登録できます。

現在使っているメーラは「鶴亀メール」なのですが、アドレス帳のデータはカンマ区切りのテキストファイル(AdrBook.txt)になっていたので、グループ名の行を削除して読み込んでみたら、一括登録できました。

これなら、誤ってスパムメールと判断してしまうというのも、それほど心配することはないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.23

でんきを消して「たんころりん」

先日、足助町の新町地域の電灯を一斉に消して、「たんころりん」(江戸時代の明り取りの道具)を灯すイベントが6月19日(土)に開かれることを紹介しました。

○「たんころりん」で一斉消灯運動
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/06/post_9.html

これは、「1000000人のキャンドルナイト」、「「CO2削減・百万人の環」キャンペーン」にあわせて行われたイベントです。

○1000000人のキャンドルナイト
http://www.candle-night.org/

○環のくらし『CO2削減・百万人の環』キャンペーン
http://www.wanokurashi.ne.jp/act/campaign/index.html

残念ながら私はこの日、他の予定があって外出していたので、「たんころりん」イベントを見に行くことができませんでした。

そしたら、「足助町観光協会ホームページ」の管理人さんが、当日の様子をメールで送ってくださいました。

○足助町観光協会ホームページ
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/

いつもありがとうございます!

いただいメールの一部を以下に転載させていただきます。

>19日は、良かったですよ、新町の仲間も確かな手ごたえを
>感じられたようです。
>
>最初に区長さんから、「今晩は文明生活から抜け出して、
>江戸時代に想いを馳せてみようではありませんか」
>といった内容のあいさつがあると、大きな拍手がおこりました。
>
>拍子木の音とともに江戸三味線の演奏が始まると、
>300人程の客人がその雰囲気に呑まれていくように感じました。
>その後、虚無僧の奏でる尺八、津軽三味線、一人芝居、朗読、
>と続き、マンリン小路をとおり、新町上田へ・・・
>
>ここには萩野小学校の児童が作ったたんころが63個並び、
>普光寺へ・・・
>
>最後は落語があり、出演者の紹介があり、締めくくりました。
>
>設営の新町の皆さん、出演者のみなさん、
>本当に素敵な夜をありがとうございました。
>
>あっ!ボクも新町人間ですけどね!
>もともとは自分達が楽しむために設定したものです。
>誰のため、というわけではないところが、
>純粋だと思いました。

新町地区のみなさん自身が、大いに楽しまれたようですね。

また、来年も開催してくださいね!
楽しみにしてます。

私も夏至の日には、でんきを消して「キャンドルナイト」をやってみました。

子供に「キャンドルナイト」の話をしたら、なんだかはりきってましたよ。
以前、つくった星型のキャンドルも灯してみました。

040623.JPG

環境のためというだけでなく、人のためにも、こういう時間を過ごすのは、良いものだなと思いました。


ほんとは、うちでも「たんころりん」を灯そうと思っていたのですが、あいにく台風の影響で、天候がよくなかったので断念しました。

またそのうちに出してきて、灯してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.22

「メール道Tシャツ」到着!

今日、「メール道」出版記念の「メール道Tシャツ」が届きました!

0406221.JPG

○メール道
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757101295/keys-22

オーガニックコットンのTシャツに、白色で「道」の筆文字がプリントされてます。

○オーガニックコットンTシャツ(久米繊維工業サイト)
http://kume.jp/items/items03.html

この「メール道出版記念Tシャツ」については、「メール道」著者の久米信行さんが、下記ページで紹介されていらっしゃいます。

○メール道出版記念Tシャツ1(モデルは山内善行さんと岡崎太郎さん)
 (縁尋奇妙日記)
http://plaza.rakuten.co.jp/enginekimyo/diary/200406080000/

下記にあるとおり、「メール道」をブログやネット書評で紹介した人に、このTシャツを、送ってくださるとのことでした。

○[縁尋奇妙]ご支援深謝「メール道」重版のお礼+3つのお願いです
 (日経SmallBiz「経営よもやま話 」)
http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/free/RASHINBAN/20040609/104978/

私も、ブログで話題にさせていただいたり、アマゾン書評などに書込ませていただきましたので、遠慮なく申し込みをさせていただきました。

○「メール道」到着!(ブログでの紹介ページ)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/post_12.html

背中の右肩には2版を重ねたこだわりの「道」プリントがあります。
私もこのTシャツを着て、右肩上がりの「道」を行きたいなと思います!

0406223.JPG

「道」のプリントは、袖のところにもあります。

0406222.JPG

素晴らしいTシャツをありがとうございます!
愛用させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.21

ホログラムパンデイロ

掲示板のほうに、「たんころりん」づくりなどでお世話になっているmaruneさん(足助在住)から、新しいパンデイロを購入したという書込みがありました。

下記ページで紹介していますが、パンデイロはブラジルのパーカッションです。

○私のパンデイロ(機材紹介)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/post_4.html

ちょうど、商工会青年部の会議でいっしょになったので、新しいパンデイロを見せていただきました。

040621.JPG

きれいなホログラムヘッド(ナイロンヘッド)の、パンデイロでしたよ。とってもしっかりしたつくりでした。

それに何気なく叩いていたmaruneさんの演奏もさすがって感じでした。

ちょっと触らせていただきましたが、予想以上に重くてびっくりしました。私にはなかなか叩けませんでした。

ネットで、「サンバタウン」さんというブラジル音楽工房が名古屋にあるのを見つけ、そこで購入したんだそうです。

○ブラジル音楽工房 サンバタウン
http://sambatown.jp/

ヘッドパーツなども豊富だそうですので、今度覗いて来たいと思います。

まずは、パンデイロのケースを買ってこようかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.06.18

足助の名前の由来

フットマーク株式会社 代表取締役の磯部成文さんから「足助の名前の由来」についての質問メールをいただきました。

○フットマーク株式会社
http://www.footmark.co.jp/

楽天日記の下記ページでも触れていらっしゃいますが、「介護」という言葉は磯部さんが創られたのだそうですよ。

○本日発売、週刊新潮6月24日号の掲示板に登場(P86)
(足跡屋自在衛門)
http://plaza.rakuten.co.jp/ashiatoyajizaiem/diary/200406170000/#2004-06-17

許可いただきましたので、いただいたメールの一部を以下に転載させていただきます。


-----磯部さんからのメール ここから-----

久米さんの社内ブログの勉強会で「足助」が出てきました。

私がまず興味を持ったのは、「足を助ける」?
「足」が出てくるととても気になるんです。
その上「助ける」ますます、何のこと?

高木さん、足助の名前の由来を教えてください。

素適な足助のHPを見て探したのですが、
足助の名前の由来は探しきれませんでした。
それにしても足助の写真は引き込まれますね。
訪ねたくなりました。

当社の社名はフットマーク(あしあと、足跡)なんです。
「足」となると、興味が湧いてしまいます。
昨年は日本のマラソンの発祥の地「遠足」(とおあし)を
知ることができました。

-----磯部さんからのメール ここまで-----


「それにしても足助の写真は引き込まれますね。訪ねたくなりました。」が、とっても嬉しいですね。

メールにもありますが、先日「メール道」を出版された久米信行さんがブログ勉強会で話題にしてくだったのが質問をくださったきっかけだそうです。

ご紹介いただき、ありがとうございます!

○「メール道」到着!
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/post_12.html

ただ、せっかく質問メールをいただいたのですが、私は「足助の名前の明確な由来」を聞いたことはなかったので、以下のように返信させていただきました。


-----私から磯部さんへのメール ここから-----

私の知る範囲では、「定かではないようです。」
という答えになってしまいます。
ご期待に沿えず、申し訳ありません。

足助町公式サイトの下記ページに足助の歴史について紹介
されています。

○山里の魅力(足助町公式サイト)
http://www.town.asuke.aichi.jp/kikaku/030207.htm

このページの「■山里の歴史」の「■古代・中世」に、
「このころ荘園の荘官として尾張から山田重長が来て、
「足助氏」を名乗るようになる。」とあります。

私が中学の頃に聞いた説は、この「足助氏」が
「足助」の地名の起源だというものでした。

しかし、現在ではその逆で、足助の地に来て「足助氏」
を名乗ったということが通説にになっています。

足助町は、古くから、中部山岳地帯と太平洋岸各地を結ぶ
交通の要地だったそうです。

太平洋側から来ると、足助から先が急に険しい山道となります。
その山道に備え、足助の地で宿をとったり、
休憩をしたりすることが多かったのではないでしょうか。

そういうところから、「足を助ける」という意味の地名が
できたのかなと想像します。

ブログの下記ページで紹介していますが、
つい先日も、足助の歴史についての質問で、
「足助町観光ボランティアガイド」さんにお世話になりました。

○足助の小出家
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/06/post_3.html

今回の件も、聞いてみますね。
新たな情報が入手できましたら、お知らせします。

磯部さん>私も行きたいな!です。

「足」の縁という意味もありますし、
是非機会を見つけてお越しください。

-----私から磯部さんへのメールメール ここまで-----


あわせて、「足助町観光ボランティアガイド」さんに、この件に関する質問メールを送らせていただきました。

そしたら、以下のような回答メールが届きました。


-----ボランティアガイドさんからの回答メール ここから-----

私> とりあえず、私が知る範囲と、想像の範囲で、下記のように
私> お答えしました。

    :
    :

私> 私が中学の頃に聞いた説は、この「足助氏」が
私> 「足助」の地名の起源だというものでした。
私>
私> しかし、現在ではその逆で、足助の地に来て「足助氏」
私> を名乗ったということが通説になっています。

お問い合わせの件、私も茂夫先生に
「足助の名前の由来は、何なんですか?」
と尋ねたことがあります。
先生は「それがわからないのだ」とおっしゃっていました。
上記の伸ちゃんのご意見が、正解だと思います。
ほんとうに、「足を助ける」なんて、珍しい地名ですよね。
私もお客さんへ、「地名が先だったようですよ」
と答えるようにしています。

私> 足助町は、古くから、中部山岳地帯と太平洋岸各地を結ぶ
私> 交通の要地だったそうです。
私>
私> 太平洋側から来ると、足助から先が急に険しい山道となります。
私> その山道に備え、足助の地で宿をとったり、
私> 休憩をしたりすることが多かったのではないでしょうか。
私>
私> そういうところから、「足を助ける」という意味の地名が
私> できたのかなと想像します。

とても面白い解釈だと思います。
しかし、いろんな方から、いろんな問い合わせがありますね。
さすが、伸ちゃんだと思いました。
なんにも役に立ちませんが、申し訳ありません。

-----ボランティアガイドさんからの回答メール ここまで-----

上記文中にある「茂夫先生」は、足助郷土史に詳しい「鈴木茂夫」さんです。
以前、足助町民族資料館館長をされてました。

いつもありがとうございます!

「足助の名前の由来」がはっきりしていないということが、はっきりしました!

ボランティアガイドさんには、またまたお手数をおかけしましたが、こうして磯部さん、ボランティアガイドさんと「足助の名前の由来」についてのメールのやりとりができたことを大変嬉しく思います。


ボランティアガイドさんには、いつもお世話になってばかりです。

下記で紹介してますが、中馬のおひなさんのときにもお世話になりましたね。

○日経アドバンテージの取材
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/03/post_5.html

ほんと、いつもありがとうございます!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.06.17

アサガオで足助を彩ろう

6月10日の中日新聞朝刊17面に、「アサガオで町を彩ろう 足助町観光協会 鉢植えを無料配布」という記事が出ていましたよ。

記事には、「足助町観光協会は「街並みにアサガオを咲かそうキャンペーン」と称して九日から、町民を対象にアサガオの鉢植えの無料配布を始めた。」とあります。

「たんころりん」のイベントに合わせて、アサガオの花で街を彩るんだそうですよ。楽しみですね。

○たんころりん(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/tankororin/tankororin.htm

「アサガオ」は、今年初めての企画だそうです。

秋の「香嵐渓もみじ祭り」、春の「中馬のおひなさん」に続き、夏の「たんころりん」と「アサガオ」が新しい風物詩になるといいですね。

観光とは関係ないですけど、うちでも、子供がアサガオの種を撒いて育ててます。

たくさんの芽が出てきてますから、きっときれいな花が咲くことでしょう。

040617.JPG

以前、うちのアサガオの花を水彩画で描いたことがあります。

下記ページにありますので、またよかったら覗いてみてください。

○アサガオ
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/docu0075.htm


アサガオは、なぜ朝咲くのかを検索で調べていて、下記のページを見つけました。

○庭の早起きさん 朝顔の種まきと環境チェック
(JA兵庫南)
http://www.ja-hyogominami.com/gardening/200305/01.html

受粉で他の花より優位に立つためだったんですね。

それと、「秋が近づき日が沈むのが早くなるほど早起きになるんだ。」というのも新発見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.16

百年草の蛍鑑賞

足助町の福祉センター「百年草」付近の足助川で、源氏蛍が飛び交うようになったそうですよ。

○百年草
http://www.hyakunensou.com/

下記ページには、6月14日(月)~6月27日(日)の期間に、ホタルビアテラス「樽」がオープンするという情報が掲載されていますね。

○ホタルビアテラス「樽」オープン(百年草)
http://www.hyakunensou.com/2004hotaru_beer.htm

ビールを飲みながらの、蛍観賞というのも良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.15

あ?!「たんころりん」だ!

ゴロ寝こざるさんの楽天日記の「蛍に朝顔たんころりん 」に、足助の「たんころりん」が登場していますよ!

○蛍に朝顔たんころりん(ゴロ寝でござる)
http://plaza.rakuten.co.jp/goronedegozaru/diary/200406130000/#2004-06-13

私のウェブログ日記にもリンクいただいてますね。ありがとうございます!

それに、「たんころりん」の画像からは、下記ページにリンクいただいてますね。

○完成したたんこりん
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/2003/tankoro3.htm

竹篭編みは、私にはなかなか難しかったので、健全な姿を見ることができ嬉しいです!

1年ほど前、「メール道」の久米信行さんに、手作りの「たんころりん」を送らせていただきました。

経緯については、下記で紹介いただいてます。

○「たんころりん」が足助町とメール読者をほんのり照らす~高木さん
http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/free/RASHINBAN/20030808/103588/

そして久米さんは、そのお礼にと、水彩画Tシャツをつくってくださったんですよ。

○Tシャツ博物誌&紳士録【週刊T-人】No.004
http://www.t-galaxy.com/news/4_index.html

このTシャツは私の宝ものです。
今年も子供といっしょに着させていただきます!

ゴロ寝こざるさんの日記には、早速、足助に訪れてみたいというような、嬉しいコメントが書き込まれています。

ほんと、ウェブログでの話題はどんどん広がっていきますね。

ゴロ寝こざるさん、紹介ありがとうございました!


メールマガジン第273号で、一斉消灯運動にちなんだ、「たんころりん」のイベントのことを紹介させていただきました。

○メールマガジン第273号
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200406130700000000087170000

そしたら、早速、足助町観光協会ホームページの管理人さんから、下記のようなお礼メールが届きました。

ありがとうございます!

>MMに載せていただいてありがとうございます。
>
>19日のイベントは、新町に何ができるかとても楽しみです。
>自分達のアソビとして、楽しめれば最高なのでは!とも思います。
>
>そういえば、萩野小学校にも
>『たんころTシャツ&下駄』で行ったのですが、
>評判が良かったです。
>
>あのTシャツは、まだ入手できますか?
>できれば買いたいのですが・・・

19日はいろいろな催しものをやるんですね。
「自分達が楽しめれば最高!」という意気込みがいいですね!
全部見たかったのですが、残念ながら予定が重なっており、終わり頃に覗けるかなというところです。

実は、昨年の「たんころりん」づくりで大変お世話になりましたので、そのお礼に、「たんころりん」Tシャツを贈らせていただきました。

それを、萩野小学校での「たんころりん」づくりの指導のときに着て行って下さったんですね。

ありがとうございます!

さらに、追加購入の希望をいただくなんて、思ってもみませんでした。感激です!

再度、水彩画の画像データを送れば、つくっていただけると思いますので、聞いてみますね!

○「たんころりん」Tシャツにプリントした水彩画はこちら
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/docu0121.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.14

蛍の観察

そろそろ、足助の各地で蛍を見ることができるようですので、私も子供といっしょに、近くの田んぼに行って見ました。

何匹かの蛍が飛んでいましたが、私が見に行った田んぼはちょっとまだ早いかなという印象でした。

何とか写真を撮ってみようとチャレンジしたのですが、全然うまくいきませんでした。

難しいですねぇ...

辛うじて、蛍の光が筋状に写っただけです。

040614.JPG

あたりまえと言えばあたりまえなのですが、蛍ってじっとしてないんですよね。ミニ三脚を持って行きましたが、使い道はありませんでした。

今、足助町観光協会HPのトップページには見事な蛍の写真が掲載されています。

○足助町観光協会ホームページ
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/

どうやったらあんなふうに撮影できるのでしょうね。

よく見ると、照明が当たっているみたいですね。その辺りにノウハウがあるのかな?


掲示板に、「豊田に一番近くてどこで見られるかなぁ???」と書込みをいただきましたので、足助の「まる八」さんと、豊田市の「児ノ口公園」を紹介させていただきました。

○まる八
http://www.maruhati.gr.jp/

○児ノ口公園
http://freett.com/town/

そしたら、たまたま、ウェブログ日記のコメントのほうには、「児ノ口公園」の蛍を撮影したときの条件についての
書込みをいただきました。

ナイスなタイミングですね!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.06.11

「たんころりん」で一斉消灯運動

6月4日(金)の中日新聞朝刊20面に、「あんどん状明かり古い町並み照らす 足助で19日にイベント」という見出しの記事がでていました。

6月19日(土)に、足助町の一部の地域(足助町新町の約50軒)の電灯を一斉に消して、「たんころりん」(江戸時代の明り取りの道具)を灯すイベントが開かれるそうです。

「たんころりん」については、足助町観光協会の下記ページで紹介されていますね。

○たんころりん(足助町観光協会ホームページ)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/tankororin/tankororin.htm

昨年は、私も「たんころりん」づくりに参加させていただきましたよ。

○完成した「たんころりん」(昨年つくった「たんころりん」)
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/2003/tankoro3.htm

この日は、出かける予定を入れてしまっていますが、日没から22時頃までやっているみたいですので、帰って来てから、ちょっと覗いてこようかなと思います。

記事には、下記のように書かれていました。環境保護にちなんだ取り組みなんですね。

>環境省や環境NGOなどが夏至(21日)に合わせて実施する
>全国一斉消灯運動にちなんだ試み。

ちょっと、検索してみたところ、環境省の下記ページに「6月19日(土)~21日(月:夏至の日)に、「CO2削減・百万人の環」キャンペーンを実施します。」とありました。

○「CO2削減・百万人の環」キャンペーンの実施について(環境省)
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=4864

また、下記ページに詳細な情報が掲載されていますね。

○1000000人のキャンドルナイト
http://www.candle-night.org/

○環のくらし『CO2削減・百万人の環』キャンペーン
http://www.wanokurashi.ne.jp/act/campaign/index.html

うちでも、消灯してみようかな。


昨年「たんころりん」づくりを教えてくださったmaruneさんから、下記のような情報をコメントにいただきました。

>19日、新町界隈で三味線や尺八の角づけ風演出や、
>怪談話の講演があるそうです。
>
>私は西町お囃子会の総会で参加できそうにありませんが、
>楽しそうなイベントで面白そうですよ。
>
>その日は萩野小学校の子供たちが作ったたんころりんの籠も
>展示するそうで、今日、籠作りのお手伝いをしてきました。
>
>足助屋敷の職人さんと、我々有志のたんころりんバカの指導により、
>58人全員見事に完成しました。

19日は、いろいろなイベントが企画されているんですね。
そうそう、19日が雨天の場合はイベントは20日に延期だそうです。

萩野小学校の子供たちへの指導は大変だったでしょうね。全員が完成したとは凄いですね!

子供たちにとって、非常に良い体験になったことと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

足助でデート

ときどき、掲示板に書き込んでくださる「りんごみかん。」さんが、楽天日記で、「ラブラブおデート・・・久々ですわん♪」と、足助で過ごされた1日のことを書いていらっしゃいます。

百年草お風呂」→「レストラン楓でランチ」
→「びっくりやで五平餅」→「げたげんでもみじ揚げ」

というコースだそうです。足助の味を堪能されたみたいですね。

日記の他のページを見ていたら、「りんごみかん。」さんは、臨月だそうです。

体には十分気をつけてくださいね。

また、足助に遊びに来てください!


百年草では、父の還暦のお祝いと、母の還暦のお祝いをしました。

町民が還暦を迎えると、足助町からホテル百年草の宿泊券+同行者優待券を配布してくださいます。

東京在住の弟、豊田在住の妹、奈良在住の弟が、久しぶりに全員揃って足助に集まり、還暦のお祝いをするとともに、「たんころりん」など、足助の夏の風物を楽しみました。

掲示板に書き込んでくださった情報によると、「りんごみかん。」さんの、おじいさんは足助在住で、同じように、百年草の優待を使ってお祝いをされたようです。

掲示板には「足助ダイスキですわ」なんて言葉もいただいてます。

嬉しいですね!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.06.10

うちの「あじさいの花」

梅雨に入ったということで、雨の日が多いですね。

そんな雨の中で咲く、あじさいの花がきれいです。

うちでもたくさんの、あじさいの花が咲いています。

040610.JPG

あじさいの花は前に、2枚描いたことがあります。

下記ページにありますので、よかったら覗いてみてください。

○あじさい(その1)
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/docu0056.htm

○あじさい(その2)
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/docu0066.htm


気分転換に、サイドバーの画像も「あじさい」に変えてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.09

足助町まちづくり委員会(H16-1)

先週の木曜日に「平成16年度第1回足助町まちづくり委員会」が足助町役場で開催されましたので、出席してきました。

足助町まちづくり委員会については、下記ページで紹介していますが、「足助町振興計画」策定を目的とした組織です。

○足助町まちづくり委員会
http://machi.way-nifty.com/asuke/

今回の委員会の内容は、以下のようなものでした。

(1)足助町振興計画の最終まとめ

 ・委員会で出た細かい修正点を事務局で反映していただき、
  町長さんに提出することになりました。

 ・豊田市との合併が迫ってきましたが、別に陰の計画という位置付けに
  する必要はないだろうということで、「足助シャドウプラン」という
  サブタイトルは削除することになりました。

(2)今後の進め方について

 ・もともと振興計画策定を目的につくられた組織ですので、
  それ以上の活動については、なかなか方針がまとまりませんでした。
  まずは、これまで振興計画策定の話し合いを進めてきた班別に分かれて
  話し合ってみようということになりました。

(3)町内視察研修について

 ・昨年度から計画されていましたが、なかなかスケジュールが合わず、
  先送り状態になっていました。
  今回なんとか合意が得られ、7月4日(日)に実施することになりました。
  まちづくりに関係する町内の各所を巡回見学する予定です。

あと、私のほうから、簡単な資料を配布して、「足助町まちづくり委員会のホームページをとりあえず形だけ作ってみました。」という説明をさせていただきました。

このホームページについて、委員会の場や、その後のメールで、「すごいですね!」と嬉しいコメントをいただきました。

実はちっともすごくなんかないんですけどね。ホームページと言っても、ウェブログサービスを利用したものですので、掲示板に書き込む感覚で、誰でも簡単に作れちゃうんですけどね。

それにまだ、たいした情報は掲載できてないですし...

何度かそういう話をしてみたんですが、うまく伝えられてない気がします。


今のところ、町内の視察研修は、下記のような予定になっています。

足助町役場→百年草→椿立さとやま→綾度(平勝寺)→川面

 →いこいの村愛知→川面中郷(小径木加工場・水耕ハウス)

 →大鷲院→風天洞→三ツ足町有林(三ツ足栗園)

 →追分→下国谷芋堀り園→丸八養魚場(蛍の館)→戸中

 →奥香嵐渓(水戸)→足助町役場(まちづくり委員会)

いろいろあるんですねぇ!

行ったことのあるところもありますが、私自身の予習のためにも、
関連ホームページを探してみました。

○百年草
http://www.hyakunensou.com/足助町の福祉センター
ホテル、レストラン、ハム工房、パン工房を運営

○あすけ里山ユースホステル
http://www.ne.jp/asahi/asuke/satoyamayh/木造の椿立小学校跡を改装したユースホステル

○足助の東部 平勝寺(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/syuuhen/east.html境内で綾渡の夜念仏と盆踊りが行われます。

○足助の北部 風天洞 大鷲院(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/syuuhen/noth.html

○香嵐渓グリーンファーム三ツ足栗園(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/greenfarm/kurienn.htm広大な栗園

○いもほり(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/imo/kuniyaimo.htm下国谷地域営農組合が運営しているいもほり園
うちの小学校区内にあります。

○料理民宿 まる八
http://www.maruhati.gr.jp/ホタルウォッチング、チョウザメ料理が有名です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.08

パソコン連続クラッシュ

5月のうちに、3台のパソコンがクラッシュしました...

1台目はゴールデンウィーク明けに、デスクトップパソコンのHDDがものすごい音を出すようになり、再起不能になりました。仕方ないので予備のHDDに入れ換えて復旧させました。

2台目はノートパソコンのThinkPadT21です。ある日突然、電源が入らなくなりました...
現在、IBMに入院してます。システムボード(マザーボードのことかな?)交換の必要があり、部品入荷まで2~3週間かかるそうです。結構な修理費がかかりそうですが、仕事の関係もあって直しておきたいので仕方ないですね...

3台目は、1台目とはまた別のデスクトップパソコンです。電源が入らないことがあったり、HDDの様子がおかしかったりしました。

このパソコンは、もう、4年ちょっと使ってますので、買い換えることにしました。少し悩んだ後、エプソンダイレクトで、スーパーマルチドライブ付きを購入しました。DVD-RAMがあると、データバックアップに便利ですので。本体のみ(OSはXP Pro)で約10万円です。

そういえば、ちょっと前に、ドライバソフトのテスト用のパソコンとして、ショップオリジナルパソコンを買ってみたのですが、こういうオリジナルパソコンって安いですねぇ。

「Celeron2.6GHz/DDRSDRAM 256MB/HDD 80GB/CDx56倍速/キーボード、マウス、スピーカ付」(モニタ、OS別)というスペックで、36,479円(送料、税込)でした。組み立てるより安いかもと思って今回はこれにしてみました。

新しいパソコンが来るのは嬉しいものですが、ちゃんと使えるように環境を整えるのが大変なんですよね...

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.06.07

パルケエスパーニャ

週末に、志摩スペイン村と、鳥羽水族館に行ってきました。

1日目は志摩スペイン村、2日目が鳥羽水族館です。

○志摩スペイン村
http://www.parque-net.com/

○鳥羽水族館
http://www.aquarium.co.jp/

志摩スペイン村が、開業10周年記念のお得な宿泊プランを企画していたので、行ってみることにしたんです

1日目は天候に恵まれ、いろいろなアトラクションを楽しめました。どのアトラクションも待ち時間なしでした。

2日目はあいにくの雨模様でしたが、水族館なので問題なしです。こちらは大混雑でした。

5月9日に誕生したかわいいラッコの赤ちゃんが、元気に育っていましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.04

変なキュウリ

ちょっと変なキュウリができてしまいました。

母がうちの畑でつくったキュウリなのですが、葉っぱが出てるんですよ。

040604.JPG

こんなキュウリもできちゃったりするんですねぇ...

そういえば、前に畑のキュウリを描いてみたことがあります。下記ページにありますので、よかったら覗いてみてください。

○きゅうり
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/docu0076.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足助の小出家

先日、私のホームページの掲示板に下記のような質問の書込みがありました。

○掲示板
http://hpcgi2.nifty.com/takaki_n/cb/c_note.cgi

>はじめまして。いきなりで申し訳ないのですが、
>足助の方にお伺いしたい事がありまして、
>カキコさせていただきました。
>
>私は義士伝関係のものを調べているものです。
>
>先日古書店で江戸時代の実録物の写本を買いましたところ、
>奥書などから足助の方が書写したものと判明しました。
>
>名前は「小出権右衛門藤原多善」。
>
>「百畝園」「蘭所」という号を持っており、
>また「通俗三州足助油屋権右衛門」という蔵書印を使っています。
>
>天保8年の夏に「当御陣屋」の宮川という人物から
>借りて写したとあります。
>
>おそらく豪農クラスの地方文人だと思うのですが、
>よくわかりません。
>
>地元になら御存知の方もあろうかと、
>失礼をかえりみず書き込ませていただきました。
>何か情報があれば、お教えいただければ幸甚です。

実は、歴史は苦手分野です...
この件に関しての情報は持っておりませんでしたので、とりあえず下記のようにお答えしました。

>歴史的なことに詳しくないので、手元にあった
>「新・三州足助」(足助町観光協会編集・発行)を見てみましたが
>「小出権右衛門藤原多善」の名前はみつけられませんでした。
>
>「加茂一揆」(天保7年)に関する記述のなかに
>「足助村大庄屋・小出権三郎宅」、「新町の油屋伝六宅」などが
>荒らされたとあります。
>
>もしかしたら、このあたりの家系に関係しているのかもしれませんね。
>
>足助資料館に問い合わせてみるか、掲示板なら、
>足助町観光協会掲示板のほうが、有益な情報が得られるかもしれません。
>
>私も、身近な人に聞いてみて、なにか情報が入手できたら、
>お知らせしますね。

質問くださった方は、早速、足助町観光協会掲示板に同様の問い合わせをされました。

○足助町観光協会掲示板
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/cgi/joyful.cgi

私のほうでも、いつもメールマガジンを読んでくださっている「足助町観光ボランティアガイド」さんに、この件についてお尋ねするメールを送らせていただきました。

そしたら、昨日、下記のような返信をいただきました。

>メールを頂きましたが、私もさっぱり分かりませんので、
>伸ちゃんもご存知の、足助郷土史の第一人者、
>鈴木茂夫先生のお宅に伺い、聞いてきました。
>
>お察しのように、小出家の新家だそうです。
>時代は特定できないけど、江戸時代末期の、
>文化(1804~1817)、文政(1817~1829)、
>天保(1830~1843)あたりの人のようです。
>
>先生のお話だと、権三郎よりも前の人のようです。
>田町に住んでいたようで、やはり「油屋」を営んでいて、
>小出家で見つかった沢山な古文書
>(私が聞いてる話だと25,000枚)の中に
>権右衛門の物も沢山あったそうです。
>
>先生も見る機会があったそうで、
>「癖はあるけど、素晴らしい字だった」とおっしゃっていました。
>
>「蘭所右衛門と書かれた文書も見たことがある」、
>とおっしゃっていました。
>
>権右衛門関係の古文書は、子孫の方が東京にいるとかで、
>そちらに移されたとも聞きました。
>
>豪農というよりも、豪商だったようです。
>おっしゃるように、文人で、俳諧やお茶などもなさっていたようです。
>俳諧では、「板倉塞馬(1788~1867)」という方が
>足助から出ていますが、この人とも交友があったようです。
>
>塞馬については、足助の深津三郎という方が書かれた本を
>持っていますので、いつでもお貸しいたします。
>
>実は購入しただけで、良く読んでいないのですが…。
>茂夫先生の話だと、この本の中に権右衛門のことが
>書かれているかもしれないと、おっしゃっていました。
>
>パラパラとページを繰って見ましたが…。
>また「当御陣屋の宮川」という方は、陣屋の役人だったそうです。
>足助は、江戸時代末期、本多家の所領でしたから、
>その陣屋勤めだったのでしょうね。
>
>いろんな勉強をされている方がいらっしゃるのですね。
>おかげで、私も勉強になりました。
>よろしければ、茂夫先生への橋渡しをしてさし上げますよ。
>先生も喜んでくれると思います。
>深津先生にお聞きすれば、もう少し分かるのかもしれませんね。
>今のところこんなことしか分からないのですが、私も勉強いたします。
>投稿者の方に、お礼を申してください。
>ありがとうございました。

いろいろと調べてくださいまして、ありがとうございました!

ほんと、いろんな勉強をされている方がいらっしゃるんだなと感心してます。

このところ新聞などで、ネットの掲示板について、よくない面ばかりが取り上げられているのを見て、複雑な思いでした。

ネット上のコミュニケーションツールは、ただの道具でしかないのですが、なぜなのか、従来のコミュニケーションツールより、感情がストレートに出てしまいがちなようです。

「嬉しい!」、「楽しい!」、「感動!」、「感謝!」、というような感情がストレートに出れば、素晴らしいコミュニケーションツールとして活用できると思うのですけどね。

今回、掲示板への質問の書込みが縁で、こういうやりとりができたことに、少しホッとしています。


その後、質問を書き込んでくださった、長蘿堂さんからは、ウェブログ日記のほうに、下記のようなコメントをいただきました。

>質問をした長蘿堂です。
>
>縁もゆかりもない私の不躾な質問に、
>あれこれお骨折りいただいて、
>本当にありがとうございました。
>
>観光協会の掲示板にも早速にコメントを頂戴しており、
>足助の皆様の御親切には感激であります。
>
>おっしゃるとおり、ネットツールは単なる道具です。
>
>使う人によっては凶器にもなりますが、
>足助の皆さんの暖かい心につながって、
>私に幸福を運んでくれました。
>
>うれしい限りです。

ありがとうございます。

こちらこそ、こうしたみなさんの暖かい心に触れることができ、うれしい限りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.03

蛍ウォッチング

下記ページで紹介されていますが、蛍ウォッチングがはじまりますね。

○ホタルウォッチング(足助町観光協会ホームページ)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/hotaru/hotaruwatching.htm

チョウザメ料理で有名な、料理民宿まる八さんのホームページには、「ホタル鑑賞会 6月3日開始予定→7月下旬まで」とありますよ。今日はじまるのかな?

○まる八
http://www.maruhati.gr.jp/

○ホタル(まる八)
http://www.maruhati.gr.jp/html/body/body_hotaru.html

1万匹の蛍が飛び交うこともあるそうです。

そういえば、まる八さんでの蛍鑑賞会の様子を「足助町観光ボランティア・ガイド」さんから、メールでレポートいただいたことがあります。

下記ページで紹介していますので、よかったら覗いてみてください。

○蛍の上陸
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/asuke045.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元小が文部科学大臣賞受賞

地元の足助町立則定小学校が、読書活動優秀校として、文部科学大臣賞を受賞したそうです。

おめでとうございます!

学校通信には、校長先生が「読書活動優秀校 文部科学大臣賞受賞!」と書いていらっしゃいます。

その内容は、則定小学校ホームページの下記ページで見ることができますね。

○学校通信「まごころ」第12号(則定小学校ホームページ)
http://www.town.asuke.aichi.jp/edu/norisada/link7.htm#第12号

校長先生の言葉には、「長年取り組まれてきた「善意文庫」という地域からの厚い支えがあってのことだと思います。」とあります。

「善意文庫」というのは、学区内の賛同者を集めて会費を徴収し、そのお金で小学校と保育園の図書を充実させる活動です。

ある年の区長さんの提案ではじまり、確か今年で28周年を迎えます。この活動により、現在4000冊以上の本が利用できる状態になっているそうです。

こうした長年にわたる地域のバックアップが、則定小学校の読書文化をつくってきたとも言えますね。

「善意文庫」については、下記ページでも紹介しています。

○善意文庫のお礼状
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/asuke156.htm

○善意文庫新旧理事会
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/asuke014.htm


この読書活動は、賞を取るなんてことを全然意識せずに取り組んできたものだと思います。

そういう純粋な思いで、これだけの長い間継続されてきたということは、本当に素晴らしいことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.02

お宝探検隊実行委員会

昨夜、「あすけ町並みお宝探検隊2004」の実行委員会がありました。

「あすけ町並みお宝探検隊」は、足助の町並みの各所にチェックポイントを設け、ウォークラリー形式でクイズやゲームを楽しみながら、足助の名所、名店を体験してもらおうという足助町商工会青年部主催のイベントです。

今年で3回目になります。

○お宝探検隊ホームページ
http://www.asuke.biz/

私も、昨年、一昨年とスタッフとして参加しました。今年は実行委員の1人ということになってます。

昨年の様子は、メールマガジン第187号で紹介しています。約600人の方々に参加いただき、大盛況でした。

○メールマガジン第187号
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200310010700000000087170000


まだ、日程は決まっていませんが、今年の「あすけ町並みお宝探検隊」も昨年同様9月に開催予定です。

また、決まり次第お知らせしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »