« 焼津旅行の水彩画 | トップページ | あすけルネッサンス2004 »

2004.05.04

あすけウォーク(六ツ和地域)

以前、「あすけウォーク(六ツ和地域)参加者募集」について紹介しました。

この、「あすけウォーク2004六ツ和山里の道」が、昨日開催されましたので、私も子供といっしょに参加しました。

スタート地点の佐切小学校には、朝9時に到着しました。佐切小学校区は、うちの隣の小学校区であり、車で10分ほどで行けます。

佐切小学校のグランドには、クレーン車で鯉のぼりが吊り下げられており、イベントを盛り上げていましたよ。
このクレーン車は地元業者の方が所有されていて、町内各地の保育園を巡回し、このような巨大鯉のぼりで、子供たちを楽しませてくださっています。

0405041.JPG

佐切小学校は、「ヤギのリリのおくりもの」(岩崎 京子さん著)という絵本のモデルになった小学校です。グランドの端にはヤギたちが飼育されていましたよ。

0405042.JPG

天候は、朝からあいにくの雨模様でしたが、途中からは傘も必要ないくらいになりましたので、それほど影響はありませんでした。

今回のウォーキングコースは全長11Kmです。5ヶ所のチェックポイントを通過して、スタート・ゴール地点の佐切小学校に戻ってきます。

前半は上り坂が多く、なかなか大変でした。山道もたくさんありましたが、この日のために整備されていて、歩きやすかったです。

0405043.JPG

天気が良ければ、名古屋駅のツインタワーが見えることもあるというビューポイントもありましたが、この日は霧で真っ白で何も見えなくて残念でした。

途中、おしること、ウォークなべのサービスがありました。とってもおいしかったですよ。

0405044.JPG

ウォークなべは豚汁みたいな感じです。持参したおにぎりとウォーク鍋を昼食としました。

0405047.JPG

コース脇に見かける田んぼには、田植えを完了したものも、田植え前のものもありました。ちょうど田植えの最中という田んぼもありましたよ。町外からいらっしゃった方々には、のどかな田園風景も楽しんでいただけたことでしょうね。

0405045.JPG

途中の山道で、不思議な植物(?)を見つけました。茎にも、葉にも色素がなくて、ちょっと透き通ったような白色をした花のようなものです。もしかしてキノコの仲間なのかな?

0405046.JPG

9時過ぎに出発し、途中休憩したり昼食を食べたりしながら、13時頃にゴールインしました。

さすがに疲れましたが、自然の中を歩くのっていいですね。気持ちの良い汗をかくことができました。

町外から参加されている方から「毎回楽しみにしているですよ。」というお話を伺いました。スタッフの方は事前準備と当日の運営で大変だとは思いますが、素晴らしいイベントですので、これからもずっと続けて行って欲しいなと思います。


コメント欄に、途中で見つけた不思議な植物についての情報をいただきました。

情報ありがとうございます!

あの、茎にも葉にも色素のない植物は「銀竜草」(別名「幽霊草」または「水晶蘭」)だそうです。

早速「銀竜草」で検索したところ、下記ページを見つけました。

○ギンリュウソウ(銀竜草)(おしゃべりな部屋)
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/ginryousou.html

○第十二話幻の花銀竜草(あまごと岩魚と翌檜)
http://www.eonet.ne.jp/~ko56tani/asunaro12.html

光合成をしない腐生植物だから色素がないのですね。

地上に姿を見せるのが10日ほどなので、人目に触れることが少なく、珍しいものということのようです。

私は思いがけず出会うことができて幸運でした。

|

« 焼津旅行の水彩画 | トップページ | あすけルネッサンス2004 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

写真の「不思議な植物」は「銀竜草」といい、別名「幽霊草」というものですよ。私も詳しいことは何もわかりませんが、NHKや新聞の歳時記として、季節には毎年のように載ってきます。珍しい物のようです。

投稿: うめさん | 2004.05.06 11:45

うめさん、情報ありがとうございます!

「銀竜草」(別名「幽霊草」)と言う植物なんですね。
早速検索したところ、下記ページを見つけました。

○ギンリュウソウ(銀竜草)(おしゃべりな部屋)
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/ginryousou.html

○第十二話幻の花銀竜草(あまごと岩魚と翌檜)
http://www.eonet.ne.jp/~ko56tani/asunaro12.html

地上に姿を見せるのが10日ほどなので、人目に触れることが少なく、珍しいものということのようですね。

私は思いがけず出会うことができて幸運でした。

投稿: Key | 2004.05.06 18:45

やはりみつけてましたか。見方、写し方によっては幽霊草ですね。すべての情報は客観的ではなく、主観である、というか情報の送り手の意思が入っているということでしょうね。

投稿: 懐中電灯 | 2004.09.16 01:46

懐中電灯さん コメントありがとうございます!

確かに、すべての情報には送り手の意思が入っているのでしょうね。特にマスメディアや行政の発信する情報などは、ときどき送り手の意思が入っていることを忘れてしまうこともあるような気がします。
情報を受け取る場合は、常に意識する必要がありますね。

投稿: Key | 2004.09.16 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/539528

この記事へのトラックバック一覧です: あすけウォーク(六ツ和地域):

« 焼津旅行の水彩画 | トップページ | あすけルネッサンス2004 »