« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004.05.31

花粉症再発

今年はイネ科の花粉が激しいのか、今になって、また花粉症の症状に苦しんでいます...

仕方がないので、耳鼻科で薬をもらってきました。

先週の木曜日は、最悪でした。金曜日からは、飲み薬と、目薬と、点鼻薬でなんとか症状を抑えています。

イネ科のアレルギーを持っていることは承知していたのですが、この時期に、ここまでひどい症状が出るのははじめてのような気がします。

耳鼻科には、同様の患者さんも来ていらっしゃいました。私だけじゃないみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とよかもバンパーク

下記ページでも話題にしましたが、5月29日(土)、5月30日(日)に豊田スタジアムで、「とよかもふるさと文化まつり」(スタジアム屋内)と「とよかもバンパーク」(屋外)が開催されました。

○竹筒ごはん
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/post_17.html

○とよかもバンパーク準備
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/post_22.html

私は東加茂郡の商工会青年部として、とよかもバンパークのほうで出展のお手伝いをさせていただきました。

竹筒をつかった炊き込みごはんの無料体験コーナーを企画したのですが、予想以上に好評で大盛況でしたよ。

0405311.JPG

東加茂郡、西加茂郡の各町村の特産品を持ち寄って、それを炊き込みご飯の具にしました。

参加者の方々に、タケノコ、シイタケ、マイタケ、地鶏、鮎、山牛蒡、香茸、発芽玄米、蕎麦の実、古代米などのなかから、お好みの具を選んでいただきました。

お米はもちろん、地元産のミネアサヒです。竹筒も、炭も地元のものを使いました。

2日間で、550名ほどの方々に体験していただきました。混乱を避けるため、整理券を配布したのですが、両日ともすぐに予定数に達してしまいました。

0405312.JPG

みなさん、上手に炊き込みご飯が炊けたようで、「おいしい!」、「うまい!」という声があちらこちらから聞こえてきました。うまくいって一安心でした。

5月30日の中日新聞朝刊20面には、「豊田で「とよかもふるさと文化まつり」」という見出しの記事が掲載されていましたよ。

そこには、「五平もちや手作りソーセージ、竹筒入りの炊き込みご飯などが人気を呼んでいた。」と、嬉しい紹介文がありました。

そうなんです、「竹筒ごはん」は大人気だったんです!!

2日目には、太さが合わなかったりして、使わないことにした予備の竹筒を無料配布しました。

0405313.JPG

こんなにたくさん並べても、持って帰る人はそんなにいないだろうなという予想に反して、こちらも好評で、すべて無くなってしまいました。

「これでビールを飲んだらうまいよな!」とか、「お花を立てるといいね。」とか、みなさん、いろいろな使い道を考えていらっしゃるようでした。

そうそう、お隣のテントでは下山村の方々が日本一のジャンボ五平餅を作っていらしゃいました。今回の五平餅は長さ16mだそうです!

0405314.JPG


天気の崩れを心配したのですが、幸い両日とも、雨の影響はほとんどなく、暑い日になりました。

ずっと外にいることになるので、念のため日焼け止めを塗っていったのですが、汗で流れてしまったのか、
腕などは真っ赤に日焼けしてしまいました。

あと、帽子をかぶってなかったので、頭皮が日焼けしてヒリヒリしてます。

紫外線には、もっと気をつけないといけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.28

とよかもバンパーク準備

竹筒ごはん」の記事で書いていますが、明日と明後日は足助町商工会青年部として、豊田スタジアムで開催される「とよかもバンパーク」のお手伝いに行ってきます。

今日は17時から、その準備のために、豊田スタジアムに行ってきました。

0405281.JPG

竹筒ごはんを焚くための、ドラム缶製コンロの設置、机の配置などを行ってきました。

野外スペースなので、天気がちょっと心配です。

0405282.JPG

隣では下山村の方々がジャンボ五平餅の準備をされてましたよ。噂には聞いていましたが、ほんとに大きいですねぇ!

0405283.JPG

下山村のイベントでは、15mのジャンボ五平餅をつくっていらっしゃるそうですから、今回の五平餅も同じくらいの長さなのでしょうか。

このジャンボ五平餅を焼くための、特製移動式コンロもありました。いろんな工夫があるんですね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.05.27

光ファイバ延期

先日、「光ファイバ事業地域説明会」が開催されました。

足助町では、町内各戸に光ファイバを引き込み、インターネット接続と、テレビ放送サービスを提供する情報基盤整備事業を進めています。

うちでの光ファイバ引き込み工事の様子については、下記ページで紹介しています。

○光ファイバ工事その1
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/04/1.html

○光ファイバ工事その2
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/2.html

このサービス開始時期が延期されることに対しての地域説明会が、町内各地(15ヶ所)で開催されました。

今回の説明会によると、インターネット接続サービスの開始時期は12月中旬に延期されるようです。

テレビ放送については、各家庭でのゲイン調整作業が必要なため、来年の1月~3月の間に順次サービス開始ということになるそうです。

インターネットについては、当初は6月にサービス開始予定でしたので、半年間の延期ですね...

説明会で配布された資料には、現在の整備状況と、今後必要な追加整備について下記のように記載されていました。

-----

■現在までの整備状況

平成15年度には、約12億5千万円の予算を使って、次の整備をしました。

○地域イントラネット(公共施設)基盤整備
・役場、公民館、小学校などを光ファイバ網で接続

○加入者系(各家庭まで)光ファイバ網整備
・拠点施設(足助情報局、サブセンター5箇所)設置
・拠点施設へのインターネットサービス提供用機器整備
・各家庭までの光ファイバ引き込み、光電変換装置設置

■今後必要な追加整備

サービス開始後に、事業者より、安定したサービス提供できるよう、次の整備が新たに必要となりました。

○映像機器用サブセンター設置
・サービス事業者がテレビ放送機器を設置する建物

○機器類の保護、緊急時の対応機能
・空調システム、遠隔監視システム、自家発電機の設置

-----

とりあえず、待つしかないですね。

無事サービスがはじまることを祈ってます...


IT関連の機器やシステムは、完成度の高いものを一度に作り上げるのは難しいので、そういう面で、ちょっと心配な気がしています。

今回の足助町のシステムでは、光ファイバを各戸に引き込むFTTH方式で、テレビ放送を行うなど、比較的新しい技術も使われています。

STB(セットトップボックス)などは、新規開発品のようですしね。

すでに光ファイバ網は引けているのですから、それを使って、十分なテストを行うといいかなと思ったりするのですが、
どうなんでしょう?

いただいた資料には、今後のスケジュールとして、7月から12月にかけて、下記の工事予定が記載されています。

・サブセンター増設工事
・インターネット上位回線整備工事
・テレビ放送用設備整備工事

試験、テスト、評価などが、この工事に含まれているのならいいのですけどね。

今後、技銃的な面でのトラブルが発生して、さらに、サービス開始が延期されるなんてことがないといいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.25

COMZINEでブログ紹介!

NTTコムウェアのCOMZINEサイトで、「私のネットライフ(ネットワーカーに本音で聞きたい10の質問)」というコーナーがはじまりました。

その第1回は先日「メール道」を出版された久米信行さんです。

○「老舗の三代目はメールの達人」
http://www.nttcom.co.jp/comzine/new/netlife/index.html

どんな話をされているのかなと読み進めていくと、2ページ目の「Q8愛用、愛読するWebサイト、メールマガジン、ブログ」のところに、田舎系スローライフとして「高木伸泰さんの「思いつくまま~足助から」 」と、私のウェブログがあるのを見つけてびっくりしてしまいました。

○「老舗の三代目はメールの達人」(2ページ目)
http://www.nttcom.co.jp/comzine/new/netlife/index2.html

ありがとうございます!
思いもかけないことで、感激してます!

このところ、久米さんが出版された「メール道」を、ウェブログ、メルマガで話題にさせていただいたり、アマゾンの書評に投稿させていただいたりしました。

このことについても、久米さんからは、下記のような嬉しいメールをいただいてます。

>高木さん
>
> こんにちは!くめです。
>
> ありがとうございます。
>
> 初書評は高木さんだということ忘れません。
>
> 素晴らしいメールマガジンも忘れません!!
> 
> 感激しました。

嬉しい言葉を、ありがとうございます!

アマゾンの書評については、システム上の問題があったせいもあって、たまたま私の投稿が初書評になったみたいなんですけどね。

しかし、こんなに活躍されていらっしゃる方と交流できてしまうメールって、ほんとに素晴らしいなと思います。

このメール縁に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.24

山里定住あすけ塾

5月30日(日)に、「平成16年度 第1回山里定住あすけ塾」が開催されるそうです。

「足助町役場 建設課」によるイベントですね。詳細情報、申込み方法などは下記ページで紹介されています。

○山里定住あすけ塾(足助町公式サイト)
http://www.town.asuke.aichi.jp/topics/jutaku/teiju_juku.htm

「山里あすけに定住したい方。初参加大歓迎」とありますので、足助で暮らすことに興味のある方は参加されるといいと思いますよ。

内容は、以下のようになってますね。

>1.山里定住あすけ塾 開塾オリエンテーション
>
>2.サツマイモ畑づくり(うね作り&苗の植え付け)
>
>3.交流会(昼食をとりながら)
>
>4.ミニ講義
>
>5.にこにこ住宅候補地の紹介など

そうそう、Toshi-shiさんの、「(遊)OZAKI組」には、「年度第1回山里定住あすけ塾。サツマイモ畑づくりと・・・私のミニ講演「外から見た足助の暮らし」」とありますよ!

○(遊)OZAKI組
http://homepage3.nifty.com/toshishi/



これまでの、「山里定住あすけ塾」の実施状況については、下記ページで紹介されてますね。

○山里定住あすけ塾 実施状況(足助町公式サイト)
http://www.town.asuke.aichi.jp/kensetu/080306.htm#juku

この内容を見ると、すでに足助に住んでいる人が参加しても、良いかもと思いました。

山里暮らしの良さを再認識できそうですよね。

定住促進が目的ですので、それだと趣旨に合わないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バタ・貧祭り

久米さんのメールマガジン「縁尋奇妙」で、「愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!」のことを知りました。

○愛のバタバタ貧乏脱出大作戦はブログ力で
 アマゾン1位になるか?(縁尋奇妙)
http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=277735

○「愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!」
http://www.senryakukeiei.com/batabin.html

今日、5月24日は、「愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!」をアマゾンで1位にしてしまおうという「バタ・貧祭り」だそうです。

○22位!&【バタ・貧】祭り107人のあなたありがとう!
http://plaza.rakuten.co.jp/ayumifujisawa/diary/200405240000/

ブログパワーと言うか、楽天日記パワーに溢れてますね。

本の内容もおもしろそうですので、私もこのお祭りに参加してみちゃおうかなと、アマゾンで注文してみました。

現在、アマゾンランキング7位です。見事1位を達成できるでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.05.22

竹カッポン

「竹馬」作成」に続いて「竹カッポン」も作りました。

040522.JPG

実は、「竹筒ごはん」のテスト用に用意した竹が余っていたんです。それを車庫の隅っこに置いておいたところ、子供が「リサイクルする!」と言って、竹カッポンを作ろうとしていました。

竹にキリで穴を開けようと考えたようですが、なかなかうまくいかないようでした。それにキリで開けた穴だと、ちょっと紐を通すには小さすぎますね。

ちょっと無理があるかなと思ったので、ドリルで穴を開けてやりました。「あとは自分でやる!」と言ったので、そこから先は任せてみました。

と言っても、紐を通して縛るだけですけどね。まぁ、なんとかうまくできたみたいです。

「竹馬の練習にもなるよ!」とか言いながら遊んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.21

竹筒ごはん

5月29日(土)、5月30日(日)に豊田スタジアムで、「とよかもふるさと文化まつり」(スタジアム屋内)と「とよかもバンパーク」(屋外)が開催されます。

ちょっと検索してみたところ、下記ページに詳細情報がありました。

○とよかもふるさと文化祭り(藤岡町ホームページ)
http://www.town.fujioka.aichi.jp/townnews/200405BAK/040509TOYO/040509TOYO.htm

内容としては、以下のように紹介されていますね。

■ふるさと文化まつり
・ふるさと豊田加茂広域圏のあゆみ
・ふるさと食の博物館 ・ふるさと花の博物館
・ふるさと物の博物館 ・ふるさとギャラリー
・ふるさとフリーマーケット

■とよかもバンパーク
・とよかも食堂 ・とよかも市場 ・とよかも劇場
・とよかも日本一 ・とよかも森の工房村
・とよかも遊園地 ・とよかも観光旅行
・とよかもまつりパレード ・とよかも動物村
・とよかもギャラリー&アート市場(屋内会場)

■加藤登紀子トークコンサート(29日(土)16:00~)

私も、東加茂郡の商工会青年部として、とよかもバンパークのほうで出展のお手伝いをさせていただく予定です。

内容はいろいろ考えた末、竹筒でごはんを炊く体験コーナーみたいなことをやろうということになりました。

下記ページにあるように、意外に簡単に竹筒でごはんが炊けるみたいです。

○竹でごはんを炊いてみよう(わくわく授業)
http://www.city.kariya.aichi.jp/school/fjhigas/2002/take.html

というわけで、一度、みんなでやってみました。でも、これがなかなか難しかったです。

040521.JPG

先日あった最終打ち合わせは都合がつかず、私は欠席してしまったのですが、熱源としてドラム缶をつかう方法で再度試してみたところ、うまくいったそうです。

当日は、その方法でやるそうですから、きっとうまくいくと思いますよ。


豊田市のサイトには、下記ページに情報が掲載されていますね。

○とよかもふるさと文化まつり(豊田市ホームページ)
http://www.city.toyota.aichi.jp/jouhou/040515-048-toyokamo.htm

>豊田加茂8市町村の住民交流と地域文化の掘り起こしをテーマに、
>豊田加茂広域市町村圏事務処理組合30周年記念事業と
>愛・地球博との提携プロジェクトで行う文化の
>「大お見合い大会」です。

とありますね。

テーマは「住民交流と地域文化の掘り起こし」ですか。
実は、いまひとつこのイベントの趣旨を理解できていないんですよね...

せっかく参加するのですから、あまり難しく考えず、この2日間を楽しんでこようと思っています!

みなさんも、もしよかったら遊びに来てください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.20

今年のツバメは3カップル!

一昨年から、久しぶりにツバメが巣をつくるようになりました。

昨年は、ツバメの巣は2つに増えました。

そして、今年は3つになりました。順調に増え続けてます...

このまま、毎年増え続けるのでしょうか??

0405201.JPG

0405202.JPG

3つのうちの1つは、ちょっと糞が下に落ちると具合が悪い場所なので、段ボール箱で受け皿を付けてみました。

0405203.JPG

既に2つの巣では、雛が孵っています。

昨年も一昨年も、雛は2回孵っています。今年もそれぞれの巣で2回雛が孵るのでしょうか...

昨年の場合も、うちの周りはツバメだらけのような気がしてましたが、今年はさらにツバメだらけになってしまいそう...

ツバメが来るうちは、どこも、こんなものなのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.19

町長さんからのメール(疲れ気味)

先日、足助町長の矢澤長介さんからメールが届きました。

豊田市との市町村合併や、町内各戸に光ファイバを引き込む情報基盤整備事業の難航と、気の休まるときがないような日々だと想像してます。

そんな、お忙しい中、わざわざメールを送ってくださり、ありがとうございます!

いただいたメールの一部を以下に転載させていただきます。

>高木伸泰さん コンニチワ
>
>ご無沙汰ばかりの 矢澤長介です
>やっとメールをする時間ができました。
>
>色々メールを有り難うね
>
>情報基盤整備事業には、大変まいってしまった。
>私が判らない事だから、話を聞き決断してきたが、まいった。
>
>なにはともあれ、次の時代のためと思って頑張るよ。
>それには、高木君たちの大きなバックアップを戴くことが
>何よりの力になります。
>
>お詫びと説明に町内を回ります。
>
>5月7、8、9日に天草へ行ってきたよ。
>
>本土ロータリークラブの創立20周年記念式典に
>お招きを戴いたから。
>
>昨年秋に「天草を救った代官鈴木重成公物語」を
>生誕の地足助で演じていただいたお礼の感謝状
>(ヒノキの板にレザーで彫ったもの)を渡し、
>挨拶をしてきました。
>
>ヒノキの感謝状に会場からどよめきの声が上がりました。
>
>また挨拶で、高木君が演劇に感激して
>本渡市長にメールを送った話をしてきたよ。
>
>この頃 色々なことで疲れ気味
>ぼけッと温泉に入ってのんびりしたい心境です。
>
>でも頑張らなければ・・・
>1年をきった町長職を責任を持って遂行しなければね。
>
>取り急ぎ返信のお詫びを  ゴキゲンヨウ バイバイ

情報基盤整備事業については、非常に苦労されていらっしゃるみたいですね。

下記ページに書いたとおり、私の家にも光ファイバが引き込まれたのですが、サービス開始は、10月に延期(当初の予定は6月)ということになっています。

○光ファイバ工事その2
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/2.html

ここまで来たのですから、なんとか良いサービスが開始できるようお願いしたいと思います。もちろん、できることは協力させていただきます。

関係者の方々の苦労は多いと思いますが、がんばってください!

「天草を救った代官鈴木重成公物語」の劇を、本渡市(熊本県天草)のロータリークラブの方々が足助町公民館で上演してくださったことはことは、メールマガジン第184号で紹介しています。

○メールマガジン第184号
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200309210700000000087170000

本渡市市長さんも庄屋様役として出演されていましたので、私からお礼のメールをお送りしたことがあります。

今回は、ヒノキの板にレーザーで彫った感謝状を贈られたんですね。

これ凄いですね。いつまでも記念に残るでしょうね。

任期いっぱいは、なかなかのんびりできないと思いますが、体調を崩されないよう気をつけてください。

このまま行くと、足助町も来年度からは豊田市に合併ということになりそうです。

そうなると、足助町最後の町長さんですね。

何かと大変かと思いますが、最後までよろしくお願いします!


これまでいただいたメールの一部は、下記ページで紹介しています。

○長さんとメール
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/chosanm001.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「メール道」ランキング2位!

「メール道」到着!」の記事に、clubSDCさんの「「作法」より「心得」」からトラックバックいただきました。

ありがとうございます!

clubSDCさんも

>23:50現在のアマゾンのランキングでなんと2位です!
>上にはハリポタの新作しかいないんですよ!

と書いていらっしゃいますが、「メール道」は現在、Amazonベストセラーランキング第2位なんですよね!

凄いですね! おめでとうございます!

現在の第1位は「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 」(9月1日発売予)です。

よく見ると、予約特典が3つもあるし、Amazon.co.jpのサイトにはハリー・ポッター専用コーナー(ハリー・ポッターストア)があるのに気がつきました。これはなかなか強敵ですねぇ...

そうそう、今回はじめてAmazonのレビューに投稿してみました。下記ページの下のほうに掲載されています。

○メール道(Amazon.co.jp)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757101295/ref=sr_aps_b_/250-2118222-4757011

書いてる途中で、文字化けページになってしまって、もう一度書き直して投稿したので、同じレビューが2つ投稿されてしまったりしないかと心配だったのですが、大丈夫みたいでした。(投稿してもすぐには掲載されないシステムになってました。一応審査があるのかな?)

ニックネームはどうしようか、ちょっと悩みましたね。実名でもいいかと思いましたが、せっかくニックネームとなっているのだから、別のにしようと「あすけのたかき」にしてみました。

ちっともニックネームじゃないですね...

ハンドルネームの「Key」だと、ありふれていて、誰なのか気付いてもらえなかったりするとちょっと寂しいかなと思って...

これを機会に、Amazonのレビューにもいろいろと投稿してみようかと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.05.18

まちづくり委員会打ち合わせ

昨日、「足助町まちづくり委員会」の事務局と正副座長の打ち合わせが、足助町役場で開催されました。

○足助町まちづくり委員会
http://machi.way-nifty.com/asuke/

私は、副座長という立場で参加しました。

打ち合わせ内容としては、「足助町振興計画」最終案の内容確認と、今後の活動についてです。

「足助町振興計画」については、全体構成等について意見交換を行いました。次回の委員会(6月3日開催予定)で、委員のみなさんに最終確認をしていただく予定です。

そこでの議論の内容を反映して完成させ、足助町長さんに提出ということになると思います。

今後の活動については、以下のような項目が挙げられました。これも次回の委員会でみなさんの意見を伺い、方向性を決めて行くことになります。

・足助町内の視察(まちづくり先進事例、整備事業対象地域など)

・ホームページを活用した情報発信(まちづくりガイドとしての役割)

・まちづくり委員会による実践活動の展開(振興計画の具体的行動例を実践)

委員のみなさんは、すでに町内で様々な活動を展開されていらっしゃる方ばかりです。お忙しい方が多く、まちづくり委員会として新たな実践活動を展開するのは、時間的になかなか難しい面があるのではないかという気がしています。

でも、まずやってみるということは大切なことですので、少しでも実践活動を手がけることができるといいなと思います。

足助町まちづくり委員会のサイトも、とりあえず作ってみようかとやってみたものですしね。


私としては、まず、つくりはじめてみたホームページをなんとか形にしたいと思っています。

もしできれば、IT活用で他にも何か実践活動ができるといいのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.17

「メール道」到着!

今日、「メール道」(久米信行さん著)が届きましたので、早速、拝読させていただきました。

メール道
4757101295久米 信行

おすすめ平均
starsメールは「ココロ」で書くもの
starsメール活用の「心得」に深く踏み込んだ本
starsメール作成の標準書として
starsずばりメールの本質をついた良書です
starsメールエチケットの基本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
メール道
久米信行著

出版社 NTT出版
発売日 2004.05
価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)
ISBN  4757101295

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

これまでも、久米さんがネット上で発信されている「メール道」に関する情報には、ずいぶん影響を受けさせていただきました。

私がメールマガジンの発行をはじめたのも、久米さんの影響が非常に大きかったです。

その、久米さんの「メール道」の考え方が、こうして1冊の本としてまとめられたのは、ほんとに嬉しいですね。ネットを活用される方には、どなたにもお勧めの1冊だと思います。

この本では、「メール道」として、「ご利益」、「心得」、「事前準備」、「作法」について書かれています。

特に「ご利益」、「心得」には、感銘を受ける点がたくさんありました。

「ご利益」の中には、「メールのおかげで、人生がより豊かになった」、「対人関係の問題を良好にするのに役立ちます。」とありました。これは私もネットを通じた交流が広まるにつれ、ほんとにそうだなと実感しているところです。

「心得編」のサブタイトルは「「作法」を知る前に、もっと大切な「心得」を」となっています。

やはり、この「心得」の部分がまず重要であって、これが「メール道」のメインテーマなんでしょうね。

先日、私のウェブログ日記に対して、「お手本にするべくブログを見つけたので・・・」と非常に嬉しい言葉をいただきました。

○嬉しい記事からトラックバック!
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/05/post_9.html

メールマガジンに対しても、「いまでは待ち遠しくてこちらから取りに行きたくなるほどの定期便となっています。」と身に余るほどの嬉しい言葉をいただいたことがあります。

○Ai県マガジンの投稿作品
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/03/ai.html

私などは、まだまだですが、それでも少しは「メール道」の「心得」が身について、その気持ちが届いたのかもしれないなと考えています。

本には、メールマガジンについて、「インターネットに「私の履歴書」をリアルタイムで一生をかけて書いていく仕事だとも言えます。」とありました。

私も、この気持ちでウェブログやメールマガジンを書き綴り続けたいなと思います。

「メール道」についての詳細情報は、下記ページを参考にしてください。

○「縁尋奇妙」=異人種交歓「雑」メール(めろんぱん)
http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=275663
※久米さんのメルマガでの「メール道紹介」です。

○メール道(NTT出版)
http://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/0129.html
※公式ページです。著名な方々による書評が並んでます。

○私のメール道
http://maildo.way-nifty.com/dojo/
※久米さんのウェブログ

○久米さんの著作『メール道』(カレン広報室)
http://www.current.co.jp/blog/archives/000345.html
※カレン社長さんによる紹介です。(このページ、社長さんも書かれてるんですね。)


○吉川壽一先生の突然の電話、シャンゼリゼと日経デザイン(「縁尋奇妙」日記)
http://plaza.rakuten.co.jp/enginekimyo/diary/200405140000/
※「メール道」の題字の話題です。(久米さんの楽天日記)

いつの間にか、楽天日記もトラックバックに対応してたんですね。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2004.05.16

「竹馬」作成

あすけルネッサンス2004」で、うちの子が竹馬に夢中になったことを書きました。

早速うちでも竹馬を作ってみました。

まず竹やぶに行って子供に竹を握らせてみて、適当な太さの竹を2本切ってきました。そこに、4枚の板切れを針金で縛りつけて完成です。超簡単バージョンの竹馬です。

竹の最下部に節が来るようにすると割れにくくなります。板を縛り付ける位置はズレ落ちないように、節のすぐ上にします。

040516.JPG

竹馬が完成すると、うちの子は汗だくになって練習してましたよ。うちの中でも、「竹馬歩き!」とか言いながら、イメージトレーニング(?)みたいなことしてました。

これで思うぞんぶん竹馬の練習に励むことができるでしょう。


どうも、雨の日が多く、思うように竹馬の練習ができないみたいです。

仕方なく、車庫の中で練習したりしてますが、やはり慣れないうちは、狭い場所では難しいみたいです。

もう台風2号が来たりして天気は荒れ模様になりそうですが、なんとか週末には回復して、外で練習ができそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.15

「遠くへ行きたい」で足助の紹介

明日、5月16日(日)7時30分からの「遠くへ行きたい」(中京テレビ)で、足助が紹介されるそうです。

番組の内容は、現在下記ページで紹介されています。今回のタイトルは「第1704回 増田明美 奥三河 花の職人町 愛知県足助町」となってますね。

○次回のみどころ(遠くへ行きたい)
http://www.to-ku.com/midokoro/thisweek.htm

主な話題は、「クマガイソウの山」、「チョウザメ(まる八)」、「ぶたのしっぽ」、「大蔵小学校」、「足助のかじやさん」、「三州足助屋敷」だそうです。

実は、「ぶたのしっぽ」のことはよく知りませんでした。廃校小学校を利用した工房なんですね。

そうそう、上のページは「次回のみどころ」ですので、放映後は下記ページからアクセスすることになるんだろうと思います。

○過去放送分のみどころとお徳情報!(遠くへ行きたい)
http://www.to-ku.com/info/backnumber.htm



大蔵小学校の紹介では、増田明美さんが、子供たちといっしょにマラソン大会で走っている様子が放映されました。

子供たちの元気いっぱいの走りと、笑顔が印象的でしたよ。

「ぶたのしっぽ」は、旧御内(みうち)小学校の校舎を利用しているそうです。

「ぶたのしっぽ」でネット検索してみましたが、詳細情報はみつけられませんでした。

そうそう、Toshi-shiさんの「足助のまちづくり」のページには、「旧御内小学校」の写真が掲載されていますね。

「木工アトリエが今後本格的に活動していく予定だ。」と紹介されています。この「木工アトリエ」が「ぶたのしっぽ」と
いうことなのでしょうね。

○足助のまちづくり((遊)OZAKI組)
http://homepage3.nifty.com/toshishi/machi/asuke/asuke.htm

| | コメント (1) | トラックバック (1)

嬉しい記事からトラックバック!

温泉あひるさんの「足助町のまちづくり」の記事からトラックバックいただきましたので、どういう記事なのかなと見に行ってきました。

そしたら、「Keyさんを見習って・・・」とか、「お手本にするべくブログを見つけたので・・・」など、私のブログに対して、嬉しい言葉がいっぱい並んでて、ちょっとびっくりでした。

感激です。ありがとうございます!

「お手本」というほどの記事は書けてないですけど、足助での暮らしの様子を楽しく紹介し続けられたらなと思っています。

温泉あひるさんは、犬山の方なんですね。同じ愛知県でもありますし、これからもよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まちづくり委員会HP更新

まちづくりのブログ」で、「足助町まちづくり委員会」のホームページを、ウェブログサービスを使って作ってみたということを紹介させていただいました。

その後、「足助町まちづくり委員会」のホームページの情報を少し増やしました。

○足助町まちづくり委員会
http://machi.way-nifty.com/asuke/

まちづくり委員会設置要綱」 、「町まちづくり委員会活動概要 」などです。

ページ右側にある「MENU」の下のタイトルをクリックすると各ページが表示されます。

またよかったら覗いてみてください。


5月17日(月)には、まちづくり委員会事務局と、正副座長の打ち合わせがありますので、私も出席してきます。

まちづくり委員会が作成してきた「足助町振興計画」も、「足助町振興計画(案)」として形になってきました。

ただ、豊田市との合併に向けた準備が進められている状況ですのでこの「足助町振興計画(案)」の位置づけは、今のところ下記のよう記載されています。

>この計画は旧足助地区の「まちづくり戦略計画」となり、新市に
>おける現足助町民の思いを将来につなげるための「仮称 あすけ
>新陰流計画(足助シャドウプラン)」として位置付けられます。

まだこれから検討が進められますから最終的な記述は変更されるかもしれませんけどね。

また、「足助町振興計画」が完成したら、紹介させていただこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.05.14

久々のモバイル

昨日、今日と久々にモバイルしてます。これも、喫茶店で書いてます。(昨日はちょっと書く時間がとれませんでした...)

現在の私のモバイル環境は、「Panasonic Let's note W2」 + 「AirH"」という状況です。

H"は、自宅では圏外なので、モバイル専用なんですけどね。仕事をうちでやるようになって、モバイル環境が必要になるときは少なくなりましたが、はやりあると便利です。

実はPDAなんかも結構好きで、ザウルスやモバイルギアを常時持ち歩いていたこともありました。特に、タッチタイプのできるキーボードが付いたモバイルギアは大好きでした。

でも、今は、いつもパソコンがすぐそばにあるので、PDAは使わなくなってしまいました。そのかわりに、軽くてバッテリーの持ちが良くて、持ち歩くときにも便利な「Let's note W2」にしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.12

ブログピープル付けてみました

ブログピープル利用」で書いてますが、前にブログピープルという、「サイト更新通知サービス」に登録しました。

でも、登録しただけで、ずっと利用してませんでした。

ようやく昨日、サイドバーに付けてみました。

今後、リンク先を少しずつ増やしていくかもです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.11

「朝もや」の絵

少し前に描いた「朝もや」の絵です。

うちのすぐ近くにある穂積橋から巴川上流を眺めたところです。

遠くの山が霞んで見える感じが伝わるでしょうか。

040511.JPG

鯉のぼりの季節も過ぎてしまいましたので、サイドバーの画像も、この絵に模様替えしておきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.10

私のパンデイロ(機材紹介)

菜の花畑イベント2004」で、演奏したブラジルのパーカッション「パンデイロ」は見に来てくださった方々に、結構インパクトがあったようです。

ユニクロCMにパンデイロ登場!」で紹介しましたが、4月からは山崎まさよしさんが「パンデイロ」を叩くテレビCMがオンエアされてますね。

というわけで、今、「パンデイロ」がホットなのかもと勝手に解釈し、この機会に私の持っている「パンデイロ」を紹介しちゃうことにします。

「パンデイロ」は、学生時代に軽音楽部でいっしょだったishikenさんのホームページで知りました。

○ishikenHP
http://sound.jp/ishiken/

ishikenさんは、パンデイロやドラムなど、パーカッション奏者として活躍されていて、パンデイロ教室もやっていらっしゃいます。

私は学生時代にバンドパートとしてキーボード(シンセサイザー)を担当していたのですが、この「パンデイロ」のことを知ってから、自分でも演奏してみたくなってしまいました。

そしてついに、ishikenさんもスタッフとして関わっていらっしゃる「Congabongo」さんのオンラインショップで「パンデイロ」を購入してしまいました。昨年の11月のことです。

ishikenさんから、最初は軽いもののほうが良いとのアドバイスをいただいていましたので、軽量モデルと紹介されていた「02-GP-211(パンデイロ(ショーロモデル)10”)」にしました。

0405101.JPG

あわせて、「ラティーナ・ウェブショップ」さんで、パンデイロの教則ビデオ「マルコス・スザーノ/パンデイロ・コンプリート・レッスン」を購入しました。これもishikenさんのおすすめでした。

パンデイロの裏側には、白いガムテープを、基本パターンの×と□に貼ってミュートしてます。

0405102.JPG

ishikenさんとは地理的に距離が離れていて、直接教えていただく機会がないので、教則ビデオや、「ishikenHP」、「パンデイロ講座」を参考にして、ひとりで練習に励んでいたら、8ビートなど簡単なパターンならなんとか続けて叩けるようになりました。

それならば、今春の「菜の花畑イベント」で演奏してみようという気になってきてしまいました。「菜の花畑イベント」は屋外イベントですし、これまでの状況からするとPA設備が使えるとは限りません。そこで、パンデイロ用にマイクを購入することにしました。

マイクは、クリップが付いていて、パンデイロに簡単に固定できる「AKG C418PP (C418)」を「サウンドハウス」さんで購入しました。

このマイクは別途ファンタム電源が必要になります。いろいろ探してみたところ、ファンタム電源内蔵の5CHミキサー「PHONIC MM502(衝撃特価(税抜)4,800円)」を見つけたので、これにすることにしました。

さらに、マルチエフェクター「ZOOM RFX300(衝撃特価(税抜)6,900円)」というのも見つけてしまいました。今は、マルチエフェクターもこんな値段で買えちゃうんだなぁと、ちょっとびっくりでした。

実は、野外だと音の反響が少ないのでリバーブが欲しいなと思っていました。しかし、きっと何万円もするのだろうなとあきらめていたんです。でもこれを見つけて、「この値段なら買っちゃおう!」ということにしてしまいました。

「AKG C418PP (C418)」は、パンデイロの枠にクリップで簡単に固定できて、ほんと便利ですよ。演奏中でもコードの届く範囲なら、自由に動けるというのがまたいいですね。

出力アンプは、前から持っていた50Wのキーボードアンプ(YAMAHA KS50)を使ってます。マイクを通してアンプから出したパンデイロの音は凄いですよ!

ほんと叩いていて楽しくなってきます。エフェクターがなくても凄いですけど、エフェクターでリバーブをかけると、また別の世界が楽しめますね。

そうそう、長時間パンデイロを叩いていると、左手が汗で滑るので、枠の持ち手部分には皮革を両面テープで貼り付けてます。これもishikenさんのアドバイスによるものです。

0405103.JPG

ミキサーとエフェクターは、シーケンサー(YAMAHA QY70)(パンデイロとは直接関係ないですけど。)といっしょにエフェクターケースにまとめて入れてます。セットで持ち運べて便利ですよ。

0405104.JPG

今年の「菜の花畑イベント」は終わりましたが、今でも時間があるとパンデイロを叩いていてます。家族にはうるさがられていますけどね...

でも、ほんと気軽に叩けて楽しめる楽器ですね。

この楽しい楽器に出会わせてくれたishikenさんに感謝です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.05.09

バクちゃんで生ゴミ処理

今うちでは、毎日出る生ゴミを「バクちゃん」に分解してもらっています。

「バクちゃん」は、家庭から出る生ゴミを減らそうと、地元学区の地域づくりを推進している「ゆめ推進委員会」のみなさんが普及を進めていらっしゃいます。

○ゆめ推進ホームページ
http://homepage3.nifty.com/asuke/yume/

「バクちゃん」については、下記の資料(PDFファイル)に説明があります。

○則定からのPR!!(PDFファイル:ゆめ推進ホームページ)
http://homepage3.nifty.com/asuke/yume/doc/panel3.pdf

「バクテリアが元気よく働いて、生ごみを炭酸ガスと水に分解して無形にしてしまいます。」と紹介されていますね。「バクちゃん」の名前の由来はバクテリアなんですね。

「バクちゃん」で検索してみたところ、下記ページをみつけました。

○バクちゃんの生ゴミ処理器(静岡第一テレビ)
http://www.tv-sdt.co.jp/html/eco/Gomizero/Bakchan.htm

下記ページにはもう詳しい作成マニュアルがありますね。

○長瀬町くらしの便利帳バクちゃん生ゴミ処理器
http://www.town.nagatoro.saitama.jp/life/lf_ku15.html

「ゆめ推進委員会」では、この「バクちゃん」を、すぐ使えるようにセットして、地元の商店で販売してくださっています。

冬は気温の関係でバクテリアの活動が低下するため、管理が難しいと聞いていましたので、春まで待って購入してみました。

「バクちゃん」とつきあいはじめて1ヶ月になりますが、今のところうちで出る生ゴミは全て「バクちゃん」が分解してくれちゃってます。

「バクちゃん」は発泡スチロールの箱に入っています。生ゴミを分解するときに水蒸気がたくさん出ますので、私はフタに穴を開けて、網を張ってみてます。

0405091.JPG

発泡スチロールの箱の最下部は上げ底になっていて、その下に空気穴が開いています。その上に木炭、鹿沼土が敷き詰められ、樹脂製の網が敷かれています。購入してきたときには、この容器と下記の床土用素材がそれぞれビニール袋に詰められた状態になっていました。

・杉チップ
・腐葉土
・堆肥(バーク)
・鶏糞
・米ぬか

これらを容器に入れて混ぜ合わせると、バクちゃんの活動がはじまります。混ぜ合わせてから2日ほどしたら、床土の温度は50℃近くになっていました。(ホームセンターで温度計を買ってきて入れてます。)

それほど特別な素材ではないような気がするのですが、これらを混ぜ合わせるとバクちゃんが活発に活動して、こんなに温度が上がるなんて、不思議な感じですね。

0405092.JPG

この中に、毎日、生ゴミと米ぬかを混ぜ合わせて入れています。生ゴミは2~3日で分解されているようです。

米ぬかやてんぷら油の廃油を入れるとバクチャンの活動が活発になって温度が上がるそうです。うちには精米機があって、定期的に精米してますので、米ぬかの処理もいっしょにできて好都合です。

毎日、床土全体をかき混ぜて新鮮な空気を入れたり、温度が40℃~60℃になるように米ぬかやてんぷら油の廃油を入れたりと、結構手間をかけてあげないと「バクちゃん」は元気がなくなってしまうようです。

うちでは、生ゴミ処理器を購入したというより、新しいペットが来たみたいな感じになってます。

というわけで、私が「バクちゃん」の世話係をやってます。毎朝、犬の散歩の後に「バクちゃん」の温度チェックと、床土全体をかきまぜるのが日課です。

子供も毎日のように「今日のバクチャンの温度は?」と聞いてきます。温度が30℃以下に下がってしまうと、「元気がないなぁ...」と、心配になったり、50℃以上になると「今日は元気だ!」となんとなく嬉しくなったりします。

0405093.JPG

なかなか面白いものですよ。

生ゴミは二酸化炭素と水に分解されるため、なかなか中身は増えないそうです。確かに1ヶ月間、生ゴミを入れ続けましたが、それほど増えてきてはいません。床土は1年くらいはこのまま使えるそうです。ほんと不思議なものですね。


以前紹介させていただいた「EM菌」も、不思議なものでした。

○「EM工房もみじ」開所式
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/04/em.html

「EM菌」も「バクちゃん」も、微生物の力によるものですね。

こういう効果を身近に体感する機会が続いたので、今後は、環境問題の対策として、もっともっと微生物の力を借りる生活になって行ったりするのかもしれないなという気がしています。

「EM菌」や「バクちゃん」の普及活動をしてくださる方々が身近にいらっしゃったので、私もちょっとだけ環境にやさしいと言えそうな暮らしができそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.05.07

液状化の実験

ゴールデンウィークの焼津旅行で、「ディスカバリーパーク焼津」に立ち寄りました。

○ディスカバリーパーク焼津
http://www.discoverypark.jp/index.html

ここの展示館に面白いものがありました。下記ページで紹介されている「宇宙ゴマ」と「地盤液状化実験ボトル「エッキー」」です。

○展示館:展示物ガイド
http://www.discoverypark.jp/tenjikan/tenji-kan/tenji_butu_guide01.html

「宇宙ゴマ」は磁石の反発力で、コマが空中に浮いた状態で回ります。実物を見ると、非常にインパクトがありますよ。

「地盤液状化実験ボトル「エッキー」」は、地盤液状化現象により、振動を与えると、砂の中に沈んでいたカラーボールが「ポコッ!」と顔を出します。その瞬間がなんとも言えず面白くて、うちの子も大喜びでした。

これは簡単に作れるということでしたので、早速うちでも作ってみました。

まず、ペットボトルの中に砂と水と丸ピンを入れます。水のにごりが激しいようなら、何度か水を入れ換えると透明度が上がります。

0405071.JPG

丸ピンは100円ショップで買ってきました。こういうときにはほんと100円ショップが便利ですね。

0405072.JPG

一旦ペットボトルを逆さにしたあと元に戻し、静かに机の上におきます。すると、液状化した地盤に丸ピンが沈み込んで隠れてしまいます。

0405073.JPG

このペットボトルを棒などで、コツンと叩いて振動を与えると、丸ピンが「ポコッ!」と顔を出します。ほんと面白いですよ。

0405074.JPG

ちょっと検索してみたら、これを考案された納口さん(防災科学技術研究所)による解説ページをみつけました。

○科学教育用地盤液状化実験ボトル「エッキー」(防災科学技術研究所)
http://www.bosai.go.jp/ahsd/cwcmt/1.html

「地震のときの液状化で地中のマンホールが浮上する現象は、この現象と同じものです。」だそうです。

また、下記ページには、写真と絵でわかりやすく説明してありますね。簡単にできて面白いので、小学生くらいのお子さんがいらっしゃる家庭にはおすすめの科学実験です。

○エッキー(地盤液状化実験ボトル)をつくろう(中村理科工業)
http://www.rika.com/top/jikken763240.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.05.06

あすけルネッサンス2004

昨日、香嵐渓で開催された「あすけルネッサンス2004」に行ってきました。

「あすけルネッサンス」はゴールデンウイークの恒例イベントで、木や使った工作や、アマゴ釣りなどが体験できます。詳細については足助町観光協会ホームページの下記ページで紹介されています。

○あすけルネッサンス(足助町観光協会ホームページ)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/renaissance/rune.htm

香嵐渓に到着すると、巴川の上にたくさんの鯉のぼりがなびいていました。これもこの時期の恒例ですね。

0405061.JPG

香嵐渓広場では、手作り工房が開催されていました。木を使った工作で、みなさん思い思いのものを作っていらっしゃいました。

輪投げ、玉入れなど、木製の遊具も置いてあって子供だけでなく大人も楽しそうに遊んでいる姿が印象的でした。

0405062.JPG

遊具のなかでは、以外に竹馬が人気でしたね。子供の頃遊んだことのある人などは、得意そうに乗ってましたよ。

私も竹馬は久しぶりだったのですが、やってみると結構うまく乗れました。うちの子は、はじめてだったのでなかなかうまく乗れなくて、時間を忘れて夢中になってました。今度、うちでも竹馬を作ってみようかと思います。

0405063.JPG

子供はアマゴ釣りを楽しみにしていたのですが、残念ながら雨で巴川が増水し、前日に釣堀を撤去してしまったため、アマゴ釣りは行われていませんでした。

昼食に五平餅を食べ、釣りができないのでそろそろ帰ろうかと思いながらも、川岸の方に行ってみると、アマゴのつかみ取りが行われていました。そこには、親しくさせていただいている足助町観光協会ホームページの管理人さんもいらっしゃいましたよ。

早速、子供といっしょに裸足になって、巴川の浅瀬でアマゴのつかみ取りにチャレンジしました。結構川の水は冷たかったです。つかみ取りの会場は、浅瀬を網で囲ってありましたので、網のほうに追い詰めるとうまく捕まえることができました。

捕まえたアマゴは、その場で塩焼きにして食べることができます。焼きたてを野外で食べるのは、また格別なおいしさですね。

0405065.JPG

偶然にも、ここで友人家族と遭遇しました。子供たちはいっしょになって川遊びに熱中していました。

0405066.JPG

「あすけルネッサンス」は、もともと観光用のイベントなんだろうと思いますが、地元の人たちが行っても、家族で1日楽しめる良いイベントですね。


川岸でバーベキューを楽しんでいるグループが何組もありました。

この季節のバーベキューは気持ちよくていいですね。

香嵐渓でバーベキューをやっても良い場所と、ルールは下記ページに記載されていますので、これを守って楽しくバーベキューをしましょう!

○Korankei Life River(足助町観光協会ホームページ)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/barbeque/liferiver.htm

そうそう、足助町消防団第2分団のみなさんは、ゴールデンウィーク中の5月2日(日)に、香嵐渓周辺を巡回されたそうです。

○第2分団ドットコム
http://www.dai2bundan.com/

下記ページに巡回の様子を撮影した画像が紹介されていますね。

○GW香嵐渓巡回活動(第2分団ドットコム)
http://homepage.mac.com/d2b_asuke/PhotoAlbum2.html

香嵐渓でバーベキューをしていらっしゃる方に、昼夕の2回、火気取り扱い注意のお願いをし、同時にゴミ拾いも行ったそうです。

素晴らしい活動ですね。

下記ページで書いてますが、昨年度、足助町消防団では分団長会から「式典、競技中心の活動から脱皮し、より地域に貢献できる活動、より地域に密着した活動へと変わっていかなければならない。」という趣旨の検討結果報告書を団長、副団長に提出しました。

○足助町消防団新旧分団長会議
http://asuke.air-nifty.com/blog/2004/02/post_8.html

それが具体的な活動となって現れてきているようで、とっても嬉しい気がしてます。

今回の活動は、ゴールデンウィーク中ということで団員の方だけでなく、家族の方々の理解も必要だったと思います。

豊田市への合併もあって、いろいろと大変かと思いますが、がんばってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.04

あすけウォーク(六ツ和地域)

以前、「あすけウォーク(六ツ和地域)参加者募集」について紹介しました。

この、「あすけウォーク2004六ツ和山里の道」が、昨日開催されましたので、私も子供といっしょに参加しました。

スタート地点の佐切小学校には、朝9時に到着しました。佐切小学校区は、うちの隣の小学校区であり、車で10分ほどで行けます。

佐切小学校のグランドには、クレーン車で鯉のぼりが吊り下げられており、イベントを盛り上げていましたよ。
このクレーン車は地元業者の方が所有されていて、町内各地の保育園を巡回し、このような巨大鯉のぼりで、子供たちを楽しませてくださっています。

0405041.JPG

佐切小学校は、「ヤギのリリのおくりもの」(岩崎 京子さん著)という絵本のモデルになった小学校です。グランドの端にはヤギたちが飼育されていましたよ。

0405042.JPG

天候は、朝からあいにくの雨模様でしたが、途中からは傘も必要ないくらいになりましたので、それほど影響はありませんでした。

今回のウォーキングコースは全長11Kmです。5ヶ所のチェックポイントを通過して、スタート・ゴール地点の佐切小学校に戻ってきます。

前半は上り坂が多く、なかなか大変でした。山道もたくさんありましたが、この日のために整備されていて、歩きやすかったです。

0405043.JPG

天気が良ければ、名古屋駅のツインタワーが見えることもあるというビューポイントもありましたが、この日は霧で真っ白で何も見えなくて残念でした。

途中、おしること、ウォークなべのサービスがありました。とってもおいしかったですよ。

0405044.JPG

ウォークなべは豚汁みたいな感じです。持参したおにぎりとウォーク鍋を昼食としました。

0405047.JPG

コース脇に見かける田んぼには、田植えを完了したものも、田植え前のものもありました。ちょうど田植えの最中という田んぼもありましたよ。町外からいらっしゃった方々には、のどかな田園風景も楽しんでいただけたことでしょうね。

0405045.JPG

途中の山道で、不思議な植物(?)を見つけました。茎にも、葉にも色素がなくて、ちょっと透き通ったような白色をした花のようなものです。もしかしてキノコの仲間なのかな?

0405046.JPG

9時過ぎに出発し、途中休憩したり昼食を食べたりしながら、13時頃にゴールインしました。

さすがに疲れましたが、自然の中を歩くのっていいですね。気持ちの良い汗をかくことができました。

町外から参加されている方から「毎回楽しみにしているですよ。」というお話を伺いました。スタッフの方は事前準備と当日の運営で大変だとは思いますが、素晴らしいイベントですので、これからもずっと続けて行って欲しいなと思います。


コメント欄に、途中で見つけた不思議な植物についての情報をいただきました。

情報ありがとうございます!

あの、茎にも葉にも色素のない植物は「銀竜草」(別名「幽霊草」または「水晶蘭」)だそうです。

早速「銀竜草」で検索したところ、下記ページを見つけました。

○ギンリュウソウ(銀竜草)(おしゃべりな部屋)
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/ginryousou.html

○第十二話幻の花銀竜草(あまごと岩魚と翌檜)
http://www.eonet.ne.jp/~ko56tani/asunaro12.html

光合成をしない腐生植物だから色素がないのですね。

地上に姿を見せるのが10日ほどなので、人目に触れることが少なく、珍しいものということのようです。

私は思いがけず出会うことができて幸運でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

焼津旅行の水彩画

みん”さんの「着いてます」によると、カナダのオタワのアパートから日本の自宅まで帰るのに24時間かかったそうです。

みん”さんとは、その翌日にお会いしました。

みん”さんの帰国にあわせ、「菜の花畑イベント2004」のバンドメンバーらと温泉旅行に行ったんです。

宿泊したのは、「世界中探してもこんな素敵なロケーションはない!」というキャッチコピーの「HOTEL AMBIA 松風閣」でした。

○HOTEL AMBIA 松風閣
http://www.sanri.co.jp/shofukaku/

海が目の前一面に広がっていて、素晴らしい景色が楽しめましたよ。ちょっと雲が多く、富士山がよく見えなかったことだけが残念でした。

久しぶりに遅くまで飲んでしゃべり続けてしまいました。昔を思い出して楽しかったです。

今回の旅行では2枚の水彩画を描いてみました。

1枚は、静岡県藤枝市にある「蓮花寺池公園」の展望台から見た風景です。子供といっしょに展望台で描きました。市街地にはたくさんの建物が並んでいたので、これを表現するのがなかなか難しかったです。なんとなく雰囲気が伝わるでしょうか?

0405031.JPG

みん”さんから、「パンデイロ」を見せて欲しいとのリクエストをいただいてましたので、この蓮花寺池公園で披露しました。やはり屋外で叩くと楽しいですね。

もう一枚は、宿泊した「HOTEL AMBIA 松風閣」の部屋から見える風景を、描いてみました。左に大崩海岸が見えます。条件に恵まれると、遠方に富士山が見えるはずですが、残念ながらその姿を見ることはできませんでした。

0405032.JPG

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.05.02

光ファイバ工事その2

光ファイバ工事その1」で、足助町の情報基盤整備事業による、光ファイバ引き込みの屋外工事の様子を紹介しました。

その後、屋内の工事も完了しました。

光ファイバの屋内引き込みに使う、ちょうどよい穴がなかったので、壁に小さな穴を開けてもらって引き込みました。

0405022.JPG

やはり光ファイバは曲率半径をあまり小さくできないようです。屋内の壁面引き回しでも、曲げの必要な部分はゆるやかなカーブを描くように固定されていました。

屋外から引き込まれた光ファイバは、一度、コンセントで受けられています。

コネクタ付の光ファイバの一端をこのコンセントに接続し、反対側を光電気変換装置(STB(セットトップボックス))に接続します。

0405021.JPG

光電気変換装置は「HITACHI」とロゴが入った、ビデオデッキくらいの大きさの黒い箱です。

専用リモコンを使って、テレビでホームページ閲覧ができるようになっています。専用リモコンには携帯電話と同じような操作で、テンキーによる文字入力ができ機能があるようです。携帯メールの得意な人が多い時代ですので、これは良い配慮だと思います。

0405023.JPG

せっかく、うちにも光ファイバが引き込まれましたので、早くインターネット接続サービスがはじまって欲しいなと思うのですが、「光ファイバサービス延期」に書いた通り、サービス開始は10月に延期となってしまいました。10月には順調にサービスが開始されることを祈ってます。


光電気変換装置は、個人の所有物になるのかと思っていましたが、どうも、足助町所有のものを住民に貸与という形のようです。

専用品のようですので、このようなことも、よく条件を把握しておいて、使用方法や取扱に注意しないといけないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »