« 「EM工房もみじ」開所式 | トップページ | 鯉のぼり立てました! »

2004.04.17

ブログ記事が意外な方のところまで

久米 信行さんの「縁尋奇妙日記」で、「高木親子の2ショットを、日経アドバンテージに発見してうれし」と題して、「日経アドバンテージに登場!」のことを紹介していただいてます。

ありがとうございます!

久米さんから、この件に関していただいたメールのCC:には、日経アドバンテージ編集長の上村孝樹さんのメールアドレスがあって、びっくりしました。

ウェブログやメールマガジンで書いたことが、ネットを通じて意外な方のところまで届いてしまうこともあるんですね。

ほんと面白いなと思います。

久米さんは、ココログでは「私のメール道」を書いていらっしゃいます。

|

« 「EM工房もみじ」開所式 | トップページ | 鯉のぼり立てました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホント、面白いですね。
昔風に律儀にするなら取材の後にお礼のお手紙でも、となるかもしれませんが、メールで手軽にお返事したり(そのやりとりをメルマガで紹介)、ブログで公開したりすることで思わぬ波及効果が出てますね。
プラス方向の感情や考え方が、どんどん繋がって広がっているように見えます。いつの時代も、ポジティブで感謝を忘れない人柄が大事ですね。これからのご発展も期待してますよ!  みん”

投稿: みん” | 2004.04.17 22:12

ありがとうございます。
手紙の礼状というのはきっと非常に良い効果を生んでいたのだろうなと思います。電話の普及などによって減ってしまったのでしょうけどね。
メールは、その礼状の良い効果を手軽に活用できるツールなんでしょうね。
ブログは、ホームページの持つビジュアル性、公開性、リンク機能などを備えた情報を簡単に作成できますので、それを補助的に使うことで、手紙の礼状から一歩進んだものになるのかなという気がしています。

投稿: Key | 2004.04.19 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/453588

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ記事が意外な方のところまで:

« 「EM工房もみじ」開所式 | トップページ | 鯉のぼり立てました! »