« 日経アドバンテージに登場! | トップページ | あれ?!1年違いなんだ »

2004.04.02

菜の花畑イベント感想メール

3月28日(日)に地元地区で開催された「菜の花畑イベント」の様子を「菜の花畑イベント2004」で紹介させていただきました。

「菜の花畑イベント」に来てくださったかたから、当日の感想メールをいただいていますので紹介させていただきます。


まずは、いっしょに出演してくれた友人からのメールです。

>昨日はお疲れ様でした。天気にも恵まれ、しっかり顔が焼け
>ました。(笑)
>
>毎年そうなんですが、色んな音楽が楽しめて良かったです。
>また誘ってください。

1年目は観客として見に来てくれました。2年目、3年目は演奏者としていっしょに出演してくれました。

練習のために、4回も足助まで足を運んでくれてありがとう!

また来年もよろしくお願いします!


現在名古屋在住の友人からのメールです。

当日は、私たちの演奏のデジカメ撮影を依頼しました。撮影してもらった画像は、「菜の花畑イベント2004」のページで使わせていただいてます。

>私もしっかり焼けました。(^-^;)手がくっきり。
>いい天気でほんと、よかったですね。
>
>音楽だけじゃなくて久々に土の匂いを感じたり感触を足の裏で
>楽しめて新鮮でした!とーっても嬉しかったです。
>
>デジカメ、画像を使っていただけてよかったです。
>ほっとしましたぁ・・
>
>んも、一枚もだめだったらどーしようかと心配してました。(^^;
>音楽祭、来年もアナウンスして下さいね!
>(菜の花たくさん咲くといいな♪)
>
>楽しみにしています。

デジカメ画像はばっちりでしたよ!

「久々に土の匂いを感じたり感触を足の裏で楽しめて新鮮でした!」を見て、私には身近すぎて感じられなくなっていた素晴らしさだなあと思いました。そんな素晴らしさも楽しんでいってくれたんですね。

また、来年もアナウンスしますね!


足助のまちづくりを研究」で紹介させていただいた、鈴木さんからも次の日にメールをいただきました。

イベント当日に、「ゆめ推進委員会」の委員長さんを紹介させていただいたところ、早速次の日に取材の機会をいただけたそうです。

その取材の様子も書いてくださってます。

>高木さん、こんばんは。
>
>今帰ってきました。4名もの方がお話下さいました。
>こちらが恐縮いたしました。
>
>こちらの準備が充分でないため、きっと話しにくかったのでは
>ないか、と思っています。こういう、インタビューは話す側より、
>聞く側の準備が遥かに重要だと痛感しています。
>内容についてはまたお知らせいたします。
>
>ところで、昨日はとてもいい天気で、よかったですね。
>いい雰囲気でしたよ。大島の住民が里道を改修したりするなど、
>準備が大変だったでしょう。
>
>参加が480名、地区外を除いての参加者は400名くらいで、
>地区住民の約半分が参加した計算になるとのこと、素晴らしい
>参加数だったと思います。次回ももっと楽しい素晴らしいものに
>してください。期待しています。

ゆめ推進委員会の方々が、取材に協力的でよかったですね。「足助のまちづくり研究」がんばってください!

参加者は480名もあったんですね。天気も良く、たくさんの方々に楽しんでいただくことができて、よかったなと思います。


少林寺拳法メルマガとの交流」で紹介させていただいた、「少林寺拳法名古屋藤ヶ丘・長久手南マガジン」の「マガジン編集局」の方からは、私たちの演奏を撮影した動画ファイルが届きました。

そのお礼のメールを送らせていただいたところ、下記のような返信をいただきました。

>高木さん
>
高木> それほど大々的なものではないですが、地元のみんなで楽しい
高木> 1日を過ごすよい機会だと思います。子供たちは、ほんと自由
高木> に飛び回って遊んでいましたしね。
>
>家の子たちも裏のお社のブランコと滑り台でかなり遊んでいました。
>それと、いい空気の中でおにぎりを食べるとおいしいですね。
>
>大人になって忘れかけていたものを思い出したような気がしました。
>
>それではまた楽しい「足助(ASUKE)からの便り」を待っています。

お子さんにとっても楽しい1日となったようでよかったですね。

メールマガジンは、3年目に突入しましたが、まだまだ続けていくつもりですので、よろしくお願いします!


最後に、メールマガジン購読者の「もみあげちゃん」からいただいたメールを紹介させていただきます。

「もみあげちゃん」には、イベント当日に花束をいただいてびっくりでした。ありがとうございました!

>昨日の菜の花畑は今おぼろ月夜に照らされ、淡い黄色のにおいに
>包まれていることでしょうね。
>
>山があり、小川が流れ田んぼがある。日本の里山の原風景に心身
>ともに癒されて帰ってきました。お百姓さんにとって今は、田お
>こしに入る前のつかの間の安気なひと時でしょうか?
>
>普段、家の前をバスが走り、5分以内のところに生活の全ての機関
>がある所に住む私にとって、あの空間は本当に贅沢なものであり、
>あこがれなのです。
>
>土手に寝そべりながら、風やお日様、そして田んぼの土の匂いを
>思い切り吸い込み、肌で感じ、日本人だからこそ感じられる感覚
>を堪能しました。いつも、手の届く所に住んでいらっしゃる高木
>さんは、どんな感覚なんでしょうか?
>
>楽しみにしていたパンディロはリズム感と音感がとてもよくマッチ
>していて感激しました。
>
>単純な構造の割りにいろんな音や響きが出るのに驚きました。
>メロディー楽器があれば、ドラムはなくてもいいほど、いい仕事、
>してくれちゃいますなぁ…
>
>後で楽器に触らせてもらったけれど、高木さんの技量にも感心し
>ました。練習の成果、ばっちり!でしたね。(拍手)
>
>奥様やお子さんとも息のあった演奏で、しあわせまで分けても
>らったようでした。
>
>駐車場までの帰り道、すこーし道に迷い、そのお陰で友だちは四
>葉のクローバーを見つけることが出来、駐車場のおじさんに、岡
>崎からこのイベントだけに来たことに驚かれ、なんだかとっても
>いい日だったなぁと、しみじみと想いにふけりながら帰途につい
>たのです。
>
>とりあえず、お礼の気持ちをお届けしたく、ちょっと長くなって
>しまいましたがメールお届けしました。
>
>本当にお誘いくださいましてありがとうございました。

いただいたメールを読んで、自分には見慣れてしまっていて見えなくなっているものがあるなと感じました。

来てくださった方の感想から、確かに開催場所というか私たちが生活している地域そのものに大きな魅力があるんだろうなとあらためて気づかされた気がします。

パンデイロの演奏のこともほめていただいちゃいましたね。ありがとうございます!

パンデイロは、簡単なパターンならすぐ叩けますよ。私なんかは、まだまだですが、それでも叩いていると純粋に楽しいなって感じる楽器ですね。

みなさん、ほんとにありがとうございました!

また、よかったら来年も楽しみにきてください!!


イベントの後も、こうして参加者の方々からメールをいただいたことを大変嬉しく思います。

来年は、「愛・地球博」に関連した趣向もというような話も聞きました。

足助町が1市町村1国フレンドシップ・パートナーとしてもてなす国はロシアだそうですので、ロシアの方々にもいっしょに楽しんでもらったりするのかも。

そんな話もありますが、ともかくまずは、自分たちが楽しむことを第一にしたいなと思います。

|

« 日経アドバンテージに登場! | トップページ | あれ?!1年違いなんだ »

菜の花畑イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/386076

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花畑イベント感想メール:

« 日経アドバンテージに登場! | トップページ | あれ?!1年違いなんだ »