« 「出動中/訓練中」看板 | トップページ | RSSリーダを試してみました! »

2004.03.16

ブログで商取引?

MYCOM PCWEBの「IT資本論 第20回 8つのパラドクス - 隠れた資産のパラドクス(6) 「共感」という財」に、

「そこで、たとえばちょっと流行している「ブログ」(blog)を利用した電子商取引を展開したらどうだろうか。」

という一節がありました。

タイトルにある「 「共感」という財」を「ブログ」を使って活用したらどうかということですね。

最近、久米さんの「縁尋奇妙日記」や、弟の「ビジネスマンの忙中閑有日記」を見るようになったこともあって、「楽天日記」が気になっています。

楽天」といえば、キャッチフレーズに「インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ」とあるように、大規模なものとなっています。しかし、私自身はそれほど利用する機会がなく、どういうものなのかよくわかっていませんでした。

「楽天」全体のことはいまだによくわかりません。でも、「楽天日記」については、すでに「「ブログ」(blog)を利用した電子商取引」を展開しちゃってるところだと感じます。

「楽天日記」は、それほど「ブログ」という言葉を全面に押し出して紹介されてはいないという印象ですが、RSS配信の機能があったり、各記事の固定URLがあったりするのは、「ブログ」の特長を取り入れてきているんでしょうね。

あとは、トラックバックを追加するくらいかな?

ただ、「楽天日記」は「楽天」の中のコミュニティとして、少し閉じた世界を作ろうとしているような気がしますので、オープンなトラックバック機能は採用しないかもしれないですね。(楽天内のみでのトラックバックならいいのかも)

というわけで、小さなところが「「ブログ」で「共感」という財」を活用してみようと、はじめてみるなら、「楽天日記」が手っ取り早いかなと思います。別に流行の「ブログ」を使うことが目的というわけではなく、「「共感」という財」が活用できれば良いわけですので。

そういう私も、「楽天日記」を使ってみたいなとは思っているのですが、すでにこちらの「ココログ」があるので、どういうものにするかがはっきりしなくて、はじめていません。

何か思いついたらはじめてみるかもです。

その前に、私の場合、ネットのツールをもっとビジネスに絡めないといけないなぁとは思っているんですけどね...


「株式会社カレン」さんのサイトが、ウェブログ(Movable Type)を使って全面リニューアルされたことが話題になっています。

○株式会社カレン
http://www.current.co.jp/

ここの「カレン広報室 ベスト・メッセージングBlog」を覗いていたら、「Blogで促進する顧客の「共感と参加」」で同じ記事を話題にされていました。

問題は顧客からの発信機能として、編集を介さないリアルタイムな「インタラクション機能」つまりBlogのコメントやトラックバックは必要か、という点です。

とありますね。

確かにこれは掲示板を管理するようなものなので、大きい企業ほど扱うのは大変なのかもしれません。でも、今のブログの流れを見ていると積極的に使っていく方向に進むんだろうなと思います。オーナーに力量が求められることは確かですけど。

そうそう、久米さんのメールマガジン「縁尋奇妙」でも紹介されていましたが、「『実践!Eメールマーケティング』(Vol.79)」では、ブログの可能性が鋭く分析されていて、非常に興味深かったし、勉強になりました。早速「ベスト・メッセージングBlog」とあわせて、RSSリーダに登録しておくことにしましょう。

|

« 「出動中/訓練中」看板 | トップページ | RSSリーダを試してみました! »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

 勝手にリンクさ出て頂きました。
実はBLOGについて良く判っていないのです。(笑)

ホームページを作りポータルサイトを作り、MLを書き、田舎の小さな寺を皆さんに利用して頂くためにあれこれやっていますが、まだ、これと言った物が見つかりません。

http://www.at-kisyu.com/kougenji/

WEBは奥が深いですね・・・

今後とも宜しくお付き合いの程、宜しくお願い致します。

                      合掌    

投稿: 利竜 | 2004.09.26 03:10

利竜さん こんにちは!
私のところはリンクフリーですので、問題なしです。

>実はBLOGについて良く判っていないのです。(笑)

トラックバックは、無差別に送ると印象を悪くし、逆効果となりますので、注意されたほうが良いと思います。
実は、私の記事にいただいたトラックバックも、削除しようか迷いましたが、利竜さんのブログを拝見し、悪い方ではなさそうでしたので、そのままとしました。

田舎からの情報発信ということでそれぞれがんばっていきましょう!

投稿: Key | 2004.09.27 19:13

 町(村)の写真を拝見しました、ウチの村と同じ(笑)町おこしに頑張っておられるのはご立派です。
 私は永く外で暮らしておりましたが、寺を継いで、周りを見回しましたらな~んにも無い!
 そこで、唯一の特産品である「高齢者」をネタに村興しをするしかないと、福祉事業を始めました。これなら材料は豊富です。(笑)
 まあ、人を集め、企業を集め、さあこれからという時に後ろを見たら誰も居ない・・・という農村独特のルールを理解するまで、相当の修行が要りました。
 百姓はしたたかで手強い・・・頭でっかちの和尚などには教えられる事ばかり。最近になって先を少し読みながら話が出来る様になりました。20年掛かりましたね(笑)
 頑張って参りましょう。
 

投稿: 利竜 | 2004.10.02 05:58

利竜さん こんにちは!
いろいろとチャレンジされていらっしゃるんですね。
私のほうは、町おこしに頑張っているというほどではないです。自分のできる範囲のことを、少しずつという感じですね。
農村独特のルールみたいなものがあると、新しいことをやるのに苦労されるだろうなと思います。でも、良いことなら、きっと理解されるのではないでしょうか。とは言っても、人間関係への配慮は必要でしょうけどね。

ま、でも、きっと田舎の時代だと思いますので、それぞれに地でがんばって行きましょう!

投稿: Key | 2004.10.02 22:46

自分も利竜さんのトラックバックは「単なる宣伝?」と思った一人です。その辺について、さらっと書いてあるページがあったので、参考までに紹介してみます。

http://kotonoha.main.jp/2004/06/01trackback-miss.html
トラックバック、よくある勘違い [ウェブログ]

「記事の関連性」が読み手に理解できるかどうか、が大事なんでしょうか?(一言で言えるほどカンタンではないのかもしれませんが)今回の場合、トラックバックだけでなく、コメントもされているのはよかったと思います。

投稿: みん” | 2004.10.05 19:53

みん”さん こんにちは!

トラックバック、コメントをくださる方の意図の見極めは難しい面がありますね。今回の場合、削除するかどうか迷いました。

削除しないことにしてからも、マナーなどのことをお伝えすべきか、悩んだのですが、既に他の方から、あちらの記事に苦情のコメントが書き込まれていたのできっとわかっていただけただろうなと思って、私からはお伝えしませんでした。

スパムと判断すれば即削除ですが、まだ慣れてない方に対しては、それほど排他的にならずにいられたらなと思っています。(作為的なスパムメールの現状を見ると、難しいことかなとも思いますが...)

投稿: Key | 2004.10.06 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/305587

この記事へのトラックバック一覧です: ブログで商取引?:

» 朝市のお野菜です! [「朝市直送便」から]
 檀家さん達が食べているお野菜を、朝市からお手元へ直送する事になりました。  広源寺は紀州の山間にある小さな寺ですが、その歴史は400年以上前となりますが、仏... [続きを読む]

受信: 2004.09.17 02:52

« 「出動中/訓練中」看板 | トップページ | RSSリーダを試してみました! »