« 第11回足助町まちづくり委員会 | トップページ | 取材な日 »

2004.02.25

芥川賞2作品

芥川賞"少女"効果で「文芸春秋」最多部数更新」だそうですね。

私も記録更新に貢献してしまいました。手元に1冊あります。

「"女の子作家"最高潮…芥川賞・直木賞の授賞式」なんて記事もありますね。受賞2作品の著者が「女の子」だということが話題みたいです。

そういえば、どちらの記事にも受賞作品名は出てないんですね。そういうものなのでしょうか。

「文芸春秋」の記録更新に貢献したのは、もちろんこの2作品が全文掲載されているからなので、早速両方読んでみました。

まずは「綿矢りささん」の「蹴りたい背中」から読んでみました。サラっと軽く読めました。心理描写は世代的に共感しにくいかなとも思ったんですが、そういうわけでもなく、結構面白かったです。

「綿矢りささん」はとっても言葉にこだわっているんだそうですね。確かに、さりげない比喩が印象的でした。

「金原ひとみさん」の「蛇のピアス」は、テーマ的にも、描写的にも好みじゃないかなと思いながら読みはじめたのですが、一気に読ませられたって感じになってしまいました。

内容的に強い印象与えやすいってこともありますが、なんか、惹きつけられてしまうような力がある気がしました。

終わり方も、私には気持ちよかったし。

ま、どっちも楽しませていただきました。

|

« 第11回足助町まちづくり委員会 | トップページ | 取材な日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/233484

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞2作品:

« 第11回足助町まちづくり委員会 | トップページ | 取材な日 »