« 中島みゆきさんの誕生日 | トップページ | 芥川賞2作品 »

2004.02.24

第11回足助町まちづくり委員会

昨夜、第11回足助町まちづくり委員会がありました。

下記ページで紹介していますが、「シャングリラ足助2004」では、これまで検討してきた「まちづくりの視点」と「5つの主要テーマ」について発表しました。

○シャングリラ足助2004
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/2004/syan2004.htm

今回は、この「5つの主要テーマ」について、「住民の立場で具体的にできることは?」というアンケート形式の事前課題がありました。

以下に、私が記載した内容を紹介します。私なりに、自分たちでできそうなことを考えてみたつもりです。

昨夜の委員会では、このアンケートの内容を各自が発表し、各テーマごとに担当の班で重点プロジェクトの洗い出しを行いました。

-----

まちづくり委員アンケート調査

問1 5つの主要テーマについて、住民の立場で具体的に
できることは?

(1)美しい山里の自然を守り、活用する

 ・EM菌活用や生ゴミ処理の活動を町内全域に広める。

 ・子供たちといっしょに山や川で遊ぶ機会を持ち、
  地域の自然に親しむ。

 ・愛・地球博県民参加ムーブメントのグリーンマップ
  (環境地図)作成に参加してみてはどうか。

(2)しなやかで力強い足助人を育む

 ・小学校と老人クラブの交流イベントなど、地域の高齢者に
  学ぶ機会を多く持つ。

 ・地元の遊び場を発掘する。
  (自然環境を利用したもの、歴史的なもの)

 ・ネットを活用して地域、世代を超えたコミュニケーションを
  盛んにする。

(3)足助らしい生業を興す

 ・今、足助にあるビジネスに、新たな道具の1つとして
  ITを積極的に取り入れる。

 ・地域にある、身近な資源(観光資源、ビジネス資源)の発掘。

 ・若い世代が趣味レベルから農作業、山仕事を体験してみる。

(4)山里の豊かな暮らしづくり

 ・地域の防災を、地域づくりテーマのひとつとして位置づけ、
  自主防災会の活動を強化する。

 ・パソコン倶楽部というような、中学生、高校生を含め、
  幅広い世代が気軽に関われる活動をはじめる。

 ・地域活動やイベントに、中学生、高校生が積極的に
  参加してくれるように計画段階から工夫する。

(5)地域の自治を高めるまちづくり

 ・地域づくり組織間の情報交換を密に行う。

 ・地域活動、地域イベントへの相互参加を盛んに行う。

 ・ホームページなどを活用して地域情報の発信を行う。

問2 全体を通して、重点的に取り組むプロジェクト、
   又は将来に向けて特に重点的に行なうことが必要
   と思われることなどを、思いのままご記入ください。

 ・まちづくりIT支援プロジェクト
  (ビジネス活用、高齢者、地域情報発信、中高生参加等の支援)

 ・農業、林業に楽しみながら取り組める環境づくり

 ・足助地域情報発信センターの立ち上げ
  (広報、インターネット、ケーブルテレビで情報発信)

 ・定住促進支援活動


「まちづくり委員会」があるから、こういうことを考えてみるようになったんですよね。良い機会をいただいたと思っています。

そうそう、私は勝手に「まちづくり委員」の任期は今年度いっぱいだと思っていたのですが、大きな勘違いで12月末まででした。

ちゃんと最初にいただいた設置要綱にそう書いてありました。

あと10ヶ月ほどですが、精一杯やらせていただきます。

|

« 中島みゆきさんの誕生日 | トップページ | 芥川賞2作品 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/230237

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回足助町まちづくり委員会:

« 中島みゆきさんの誕生日 | トップページ | 芥川賞2作品 »