« 地元小学校工場見学2003 | トップページ | あすけウォーク2003(明和小学校区) »

2003.12.08

親子ふれあい活動で防災を考える

土曜日に地元小学校の保護者会がありました。

公開授業、PTA全体会に続き、親子ふれあい活動が実施されました。

内容は、「地震、そのときどうする? おぼえよう 災害の対応」と題して、消防士さんの講話と非常食の試食でした。

消防士さんの講話では、パソコンとプロジェクターを使った説明のあと、地震に関するクイズがあって、子供たちは大いに盛り上がっていましたよ。

非常食の試食では、アルファ米とカンパンを試食しました。

非常食なので、こんなことを言ってはいけないかもしれないですけど、アルファ米の味はイマイチだなと思いました。

それに比べ、最近のカンパンはおいしいくなりましたね。

防災について、子供たちといっしょに考える良い機会になりました。毎年こういう機会を持つといいですね。

|

« 地元小学校工場見学2003 | トップページ | あすけウォーク2003(明和小学校区) »

以前の足助日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/7040016

この記事へのトラックバック一覧です: 親子ふれあい活動で防災を考える:

« 地元小学校工場見学2003 | トップページ | あすけウォーク2003(明和小学校区) »