« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

2003.11.28

明日は学芸会

明日は、地元小学校、保育園の学芸会があります。

消防団の分団長をやっている関係で、「平成15年度学芸会開催について(ご案内)」というご案内をいただきました。

そこには下記のように創作劇鈴木正三物語の紹介がありました。

>平成7年度から郷土の偉人鈴木正三に関する創作劇を取り上げ、
>その種類も
>
>「郷土の偉人-鈴木正三」
>「鈴木神社物語」
>「正三物語-ふるさと回想」
>「正三物語II-佐切念仏講由来」
>「鈴木正三物語III-天草・鈴木神社編」
>「鈴木正三物語IV」
>「正三和尚・正三の教え」
>「鈴木正三物語-天草復興編」
>
>と豊かになり、学芸会の伝統になりつつあります。
>
>本年度も5年生が創作し上演いたします。

昨年も見ましたが、鈴木正三の劇は素晴らしいできばえでしたよ。

昨年の様子は下記ページで紹介しています。

○地元小学校の学芸会(鈴木正三の劇)
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/asuke114.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.26

地元小学校から工場見学の質問

昨年、地元小学校3年生の子供たちが工場見学に来てくれました。

その時の様子は下記ページで紹介しています。

○工場見学(2002-06-25)
http://homepage3.nifty.com/takaki-jp/album003.htm

今年もまた、地元小学校3年生の担任の先生から、工場見学の希望をいただきましたよ。嬉しいですね。

早速子供たちは、事前学習として、うちの会社のホームページ(昨年、地元小学校の工場見学用につくりました。)を見てくれたようです。

○タカキ工業HP
http://www.takaki-jp.com/

担任の先生からは、子供たちの質問をまとめたメールが届きました。

以下がその質問と、答えです。


-----質問とその答え-----

(1)ホースのことで

 (a)ウインドウオッシャーホースは、トヨタの車だけですか?

  →トヨタの車だけではありません、ホンダ、ミツビシ、マツダ、
   スズキ、ダイハツ、スバル、日野の車用のウィンドウウォッ
   シャーホースも作っています。

 (b)何種類の車のウインドウオッシャーホースを作っていますか?

  →毎月変わりますが、現在は86種類のウィンドウウォッシャー
   ホースを作っています。

 (c)失敗したものは、どうしますか?

  →ホースが長すぎるなど、直せるものは直します。ホースが短
   すぎるなど、直せないものは廃却します。

(2)マイクロコンピューターのことで

 (a)やけどをしたことがありますか?

  →軽いやけどはしたことがあります。

 (b)手を切ったことは、ありますか?

  →手を切ったことはありません。

 (c)けんさして、動かなかったらどうするですか?(すてるか、
  つくりなおすか?)

  →原因を調べて直します。

 (d)ゲームのソフトも作れるのですか?

  →仕事では作っていませんが、パソコン用のゲームソフトなら
   作れます。

(3)働くことで

 (a)何曜日が休みですか?

  →土曜日と日曜日です。

 (b)一年で一番忙しい月とかがありますか?

  →一番忙しい月というと難しいですが、年度末となる1月、
  2月、3月は特に忙しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.24

香嵐渓もそろそろ見ごろに


昨日、家族で香嵐渓に行ってきました。

上の写真は、香嵐渓定番の待月橋ショットです。
川沿いのもみじは、それなりに紅葉していて、見ごろと言ってもいいかなという感じでした。もみじのトンネルなど、山側はまだ緑が多かったですけどね。

今年は香嵐渓までサイクリングで行ってみました。

7Kmほどの道のりですので、子供(小2)といっしょに何回も休憩しながらゆっくり行っても片道1時間弱でした。

当日は好天に恵まれましたし、この秋一番となった車の渋滞を横目に見ながら、快適なサイクリングになりました。

この日の香嵐渓の様子を紹介するページを作ってみました。がんばって飯盛山の山頂にも行ってみました。なんか、久しぶりにゆっくりと香嵐渓観光をした気がします。

○2004年11月23日の香嵐渓
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/2003/koyo1123.htm

▼飯盛山


▼地図(ALPSLAB)
http://base.alpslab.jp/?s=25000;p=35/7/45.409,137/19/9.153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.22

足助にIターンされた島さんからのメール

足助にIターンされた島さんからのメール

メールマガジン第202号で、足助にIターンされて、夫婦で建築設計をされている島さんのサイトを紹介させていただきました。

○メールマガジン第202号(バックナンバー)
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200311160700000000087170000

○大きな森の小さなギャラリー(島さんのサイト)
http://www5e.biglobe.ne.jp/~omtg/

そしたらなんと、島さんから「愛読してます。ありがとう。」というお礼のメールが届きました。

実は、メールマガジンで紹介させていただいたことをお知らせするメールを送らせていただこうと思っていたんです。

島さんが、メールマガジンを購読してくださっていたとは、思いもよらないことでしたので、びっくりです。

こんなこともあるんですね。メールマガジンを発行していてよかったなと思いました。

ほんと、こういうのは嬉しいです。ありがとうございました。

許可いただきましたので、以下にいただいたメールの一部を転載させていただきます。

>高木さんのメルマガ、いつも愛読しています。
>身近なニュースですので楽しみにしています。
>
>今日、見ていましたらNHK放映のこと、私達のことが
>載っていましたので、びっくりしました。知らせて下さって
>有り難うございました。町づくり塾では、あのように微力ですが
>「里山保全」に向けて草の根的発想で私達自身、何ができるのか
>勉強会をつづけています。
>
>また私達夫婦は、建築家ですので「家」を通して
>里山や暮らしについて考えてゆきたいと思っています。
>
>いつかどこかで高木さんとお会い出来る日があると楽しみにして
>います。
>どうぞよろしく。
>一度私共のオフィスを訪ねて見て下さい。
>もう一つの足助の里山がご覧いただけるのではと思っています。
>御礼まで。
>
>                島 好常

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.18

自然薯料理


今年も、地元の有志で自然薯堀りをやりました。

その自然薯を使って、とろろ汁、フライ、お好み焼きなどを作り、みんなで秋の山の味覚を味わいました。楽しかったですよ。

私は昨年から参加してます。

昨年の様子は下記ページで紹介してます。

○自然薯(じねんじょ)料理
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/asuke121.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.17

防火水槽清掃

週末に消防団活動の一環として、地元地区の防火水槽の清掃を実施しました。

私の所属する足助町消防団第4分団は、地区ごとの活動を4つの班を設けて活動しており、その班毎に防火水槽の清掃を行っています。

現在は、各班が年に1つのペースで清掃を行っていますので、分団としては年に4つのペースで防火水槽の清掃を行います。

管轄地域には、山間部で河川などの自然水利が乏しいところも多く、各所に防火水槽が設置されています。

せっかく防火水槽があっても、底に土砂、泥などの堆積物が蓄積していると、いざというときに消防ポンプが泥を吸ってしまったり、本来の容量の水が確保できなかったりするので、清掃が必要になるわけです。

今回清掃した防火水槽は40立方メートルの容量のものでした。一旦水を抜き、土砂などの堆積物を取り除きました。

水槽の中は水草が生い茂り、汚泥が大量に堆積していました。そのため、その除去作業に大変苦労しました。

担当する班のメンバーのうち、当日都合がついた7名で朝8時から作業をはじめました。午前中には完了できるだろうと思っていましたが、底に溜まった泥をすべて出し切るのに、13時ごろまでかかってしまいました。

それから、さらに水を入れるのに約2時間かかりました。

堆積していた泥は臭いし、泥だらけなってしまうし、結構な重労働でなかなか大変でした。ちょっと筋肉痛になってしまいました。

清掃作業に参加されたみなさん、お疲れさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.14

メールマガジン200号のお祝いメール

メールマガジン200号のお祝いメールを何通もいただきました。

ありがとうございました。

○メールマガジン第200号(バックナンバー)
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200311100700000000087170000

「足助・あすけの今昔物語(綱さんのホームページ)」を運営されている「綱さん」からもお祝いメールをいただいてます。

○足助・あすけの今昔物語(綱さんのホームページ)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~fujituna/

以下にいただいたメールの一部を紹介させていただきます。

>いろんな所ですれ違って、なかなかゆっくり話が出来ません。
>お許しください。お元気そうで何よりです。
>
>「足助(ASUKE)からの便り」200号、おめでとうござい
>ます。
>
>いつも本当に楽しみに読ませて頂いています。お忙しい中での発
>刊はたいへんご苦労が多いと思います。どうか無理をされずに息
>切れのないようにお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.13

NHK「さらさらサラダ」で足助の話題

明日、11月14日(金)午前11時05分から、NHK総合の「さらさらサラダ」で足助の紹介があるそうです。

下記ページの放送予定には「【ぷらっと出会い旅】愛知県足助町「足助の魅力」」とあります。

○情報フレッシュ便「さらさらサラダ」(NHK名古屋放送局)
http://www.nhk.or.jp/nagoya/salad/

以前、下記ページで「足助へのIターン物語」と題して紹介させていただいた「シゲさん」が取材を受けたそうです。

○足助へのIターン物語
http://homepage2.nifty.com/takaki_n/asuke089.htm

下記の掲示板で知りました。

○掲示板(シゲさんのサイト)
http://8306.teacup.com/yamasige/bbs

「Ⅰターン者で農にかかわっている人」ということでの取材だそうですので、観光とは違った面の足助が見られるかもしれませんね。

平日の昼間なので、ビデオに録画して見ようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.12

町長さんからのメール(地元小学校の研究発表会)

地元小学校の研究発表会に町長さんが来賓としていらっしゃると
いうことで、そのことを話題にしたメールを送らせていただきまし
た。

また、そのメールには、童門冬二さんの講演会「いま鈴木正三にま
なぶこと」を紹介したメールマガジン第198号を添付させていただ
きました。

○メールマガジン第198号(バックナンバー)
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200311041900000000087170000

そしたら、研究発表会後に返信のメールをくださいました。

いただいたメールの一部を以下に転載させていただきます。

>メールを有り難う
>
>先手を打ってこちらから送りたいが できない。
>仕事場でなく、自宅でメールのやり取りをしないとだめかな!
>反省しきり
>
>則定小の研究発表会行ってきました。
>伸泰さんの顔を見ることが出来なく残念でした。
>
>親の皆さんが力強い裏方の仕事をやってくださったから
>これが成功に結びつける大きな要因ですよね。
>御苦労様でした。この時間にはまだ帰っていないかな!
>
>5年生の猪をテーマにした学習。
>足助の大きな問題に取り組んでくれたよね。
>この話し合いの中で、「家の人たちはどう言っているか」
>をと入れるともっと良かったと思いました。
>生きた学習・先生の知らないことは地域の力を使う学
>校の姿勢が必要・・・
>
>童門冬二さんの講演 わかり易くて良かったでしょう
>童門さんと足助の繋がりもわかって
>
>鈴木さまのことを書いた短編が 沢山あるから 
>それをまとめた本を出してほしいと頼んでおきました。
>分かりやすく 読みやすくないと 鈴木さまのことが啓発
>できませんからね。
>
>香嵐渓のピークのときに 親子でサイクリングで
>もみじ狩りいいですね。
>道路は渋滞しているから かえって安全だよ
>大島からこうらんけいまでは・・・
>
>また逢う日までゴキゲンヨウ バイバイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.11

地元小学校のイチョウの木


地元小学校の運動場に大きなイチョウの木があります。

上の写真は先週撮影したものです。少し散り始めていますが、みごとに黄色く色づいていました。

私が小学校に通っているころに、既に大きな木でした。毎年ギンナンが生るので、ちょっと臭かったりしたのを思い出します。

でも、それを給食のおばさんが調理してくれて、給食で食べた時には、とってもおいしかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.07

地元小学校の研究発表会

今日、地元小学校で研究発表会が開催されました。

○国語科研究発表会のご案内(則定小学校HP)
http://www.town.asuke.aichi.jp/edu/norisada/kyoumu/annai.htm

学校関係の方々が、外部から150名ほど見学にいらっしゃったそうです。

PTA役員の方々が、駐車場整理や、来賓対応などを担当されてました。

駐車場整理のために、消防団のトランシーバーを借用したいとの依頼がありました。有効に活用されていたようです。

来賓の方々で駐車場がいっぱいになってしまうということでしたので、私も久しぶりに歩いて小学校まで行きました。と言っても、1Kmほどの距離なんですけどね。

そうそう、小学校の校舎裏に、先生方が鈴木正三公、重成公の壁画を作成されていると聞いたので、覗いてきました。

「鈴木正三物語」と題した大作でしたよ。天候の関係で、まだ一部未完成なんだそうです。

下の写真がその壁画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.06

第6回足助町まちづくり委員会

昨晩、足助町役場で「第6回足助町まちづくり委員会」が開催されました。

現在、4つのグループに分かれてテーマ別の検討を進めていますが、これまでの検討結果について発表しあいました。

「私は山里の豊かのな暮らしづくり」という主要テーマのなかで、下記の3つの項目について発表しました。

(1)溜まり場
 ・既存施設などを気楽に活用できる仕組みを考える
 ・年代や目的に応じた溜まり場づくり
 ・多目的に利用できる新たな溜まり場を創る

(2)定住促進
 ・足助に住み続けたい、住んでみたいと思われるようなまち
 ・心豊かな山里の理想郷
 ・足助の良さを再認識し、魅力と誇りある地域づくりを推進
 ・不便さを解消し、暮らしやすい生活基盤の整備

(3)情報化
 ・ネット活用で地域づくり活動を活発に
 ・世代や地域を超えて、同じものに感動したり参加できたりする
 ・医療や在宅介護の充実
 ・ITを活用した産業
 ・IT人材の育成

次は、重点プロジェクトのストーリーづくりを行い、検討結果のまとめ作業に入ります。

あ、本題とは外れますが、せっかく夜に香嵐渓まで行く機会に恵まれたということで、ライトアップの様子を撮影してきました。紅葉にはまだちょっと早い感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.04

いま鈴木正三にまなぶこと

週末に足助町公民館で、作家の童門冬二さんの講演会がありました。

テーマは「いま鈴木正三にまなぶこと」でした。

鈴木正三は、地元地区出身の江戸時代の思想家です。

聴講中にメモした内容は以下のようなものです。

・天草で島の人に声をかけると「これも鈴木さまのおかげです。」
 という言葉を聞く。

・天草の乱は年貢の重さに対する異議申し立てという性格のもので
 あった。

・町づくりは住む人の心が大切。

・天草の乱で、人の心が荒れている。→重成は心の復興を兄(正三)
 に頼んだ。

・宗教を超えた「やさしさ」、「人のことを思う気持ち」を説いた。

・天草復興には年貢が重すぎることが壁となった。
 →重成の命懸け(切腹)の嘆願により石高半減が実現し、復興の
 バネになった。

・士農工商の時代に、「商人の行為はホトケの代行者である」と言
 い切った。

・戦国時代は身分を超越でき(下克上)、個性が重んじられていた。

・武士がコントロールする管理社会を容認できない。→出家

・形式ではなく、宗派を超え、人が救えれば良い。

・足助の塩俵は信用されていた。(足助の検品にかける精神が信頼
 を得ていた。)

・「足助の心、足助精神を天草に」という気持ちがあったのではな
 いか。

・心を持ってつくりあげるシャングリラ(理想郷)

私は、「いま鈴木正三にまなぶこと」は、「地域づくり、まちづくりの精神」と受け取ってきました。

童門さんのプロフィールは下記ページにあります。

○童門冬二の歴史ロマン旅
 「天草で神になった男」~天領初代代官・鈴木重成~
http://www.rkk.co.jp/start/shigenari/count/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »