« 2003年5月 | トップページ | 2003年7月 »

2003.06.30

足助町消防団観閲式


昨日は、町民グランドで足助町消防団観閲式が開催されました。好天に恵まれ、足助町消防団の各分団がいくつもの訓練を披露しました。

上の写真は、うちの分団(第4分団)が披露した小隊訓練と、全分団で実施した一斉放水の様子を撮影したものです。

小隊訓練は、週末ごとに何度も訓練を重ねてきましたので、レベルの高い、素晴らしい小隊訓練を披露することができました。団員のみなさん、お疲れさまでした。

(小隊訓練の時、分団長は控席で待機でしたので、小隊訓練の様子を撮影できたというわけです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.27

県操法大会激励

7月12日(土)に愛知県の操法大会(消防団行事)があります。

今年、足助町のある東加茂郡からは下山村西部分団の方々が小型ポンプ操法の部に出場されます。

昨夜は、足助町消防団の分団長が勢揃いして、お隣の下山村まで激励に行って来ました。2チームが競い合って県大会に向けての訓練をしていました。

どちらのチームも良い動きをしていましたので、順調に仕上がっているなと感じました。下山村では全村を挙げて応援しているというような印象でした。くれぐれもケガのないように訓練に励んで欲しいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.24

足助町観光ボランティアガイドさんの研修

今朝の中日新聞20面に「観光の極意は人の気持ち 足助の観光ボランティアガイド 三重の関宿で研修」という見出しの記事が掲載されていました。

記事には「足助町観光ボランティアガイドのメンバーが22日、三重県関町に残る旧東海道の「関宿」を研修に訪れ、地元の関宿案内ボランティアの会の活動や町並み保存について学んだ。」と紹介されています。

掲載されている写真には、よくメールをくださるボランティアガイドさんの姿も写っています。今回の研修が、足助町の観光ガイド活動にきっと生かされていくことと思います。

最後は「物を売るより、人の気持ちを売るのが本来の観光。人の生活が根付く関宿の姿に感銘を受けた」という言葉でしめくくられています。

「物を売るより、人の気持ちを売るのが本来」というのは、観光だけではないですよね。今は自信を持って、この考え方を推し進められる幸運な時代だと思います。足助でも、みんながこの方針で行動するようになっていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.21

則定堰堤の鮎


今日、久しぶりに天気がよかったので、則定堰堤の魚道を見に行きました。

魚道は雨が続いたせいか、水量が多く、まだ少しにごっていましたが、小さな鮎の魚影がたくさん見えましたよ。

階段状になっている魚道をがんばって遡上する鮎もたくさんいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.20

源氏蛍


昨夜、消防団の定例会議が消防団の詰所でありました。会議を終えて外に出ると、蛍が飛んでいました。近づいてみると源氏蛍でした。

源氏蛍の現物ははじめて見た気がします。大きいとは聞いていましたが、平家蛍のことを思うと、ほんと大きいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.18

町長さんからのメール(梅雨の合間に)

町長さんが梅雨の合間に送ってくださったメールが届きました。いつもありがとうございます。

町長室は今、笹ゆりの香りがいっぱいのようです。

百年草で蛍の養殖をはじめたことも教えてくださいました。

下記ページで紹介されていますが、百年草では期間限定で蛍鑑賞のできるバーベキュー・ガーデンをやっているようですね。源氏蛍が鑑賞できるなんていいですね。

○蛍 バーベキュー・ガーデン(百年草)
http://www.hyakunensou.com/2003hotaru.htm

いただいたメールを以下に転載させていただきます。

>町長の矢澤長介です。
>
>久しぶりのメールです
>6月議会も終わり 梅雨の合い間のひと時に パソコンに向かっ
>ています。
>
>机の横庭には 笹ゆりの花が3輪咲き 好い匂いが漂っているよ!
>うらやましいだろう!!
>
>今年の鮎の遡上はどうだったですか?
>
>山里足助の初夏の風物詩は、水を張った水田に伸び始めた水稲の
>苗・ホタルが飛び交う里・清流に育つ美味い鮎・・・
>
>鮎の解禁があったけれど、良い話は一つもなし。寂しいね。
>
>ホタル・・セントクリークゴルフ場の調整池に平家ホタルが大発
>生(農薬づけと>思われていたのに)
>
>百年草の対岸に水路をつくり ホタルの養殖を手がけたよ
>百匹は飛ばそうと・・・3日前の夜には10匹位飛んだよ。
>
>今度 町づくり委員になってくれて有り難う
>若い発想 若い視点で たのみます。
>
>久しぶりに時間が出来たから 長文のメールをと かかったけど
>やっぱりだめだ。
>
>本日はこれまで ゴキゲンヨウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.17

梅狩りの記事

昨日の中日新聞朝刊16面に「家族連れら梅狩り満喫 足助の円通院」という見出しの記事が掲載されていました。

記事には「足助町明日川(あすがわ)の円通院の梅園で15日、収穫祭があり、町内や豊田、名古屋市などから家族連れを中心に約400人が訪れ、梅狩りを楽しんだ。」と紹介されています。

足助の梅狩りの話題が新聞記事になっていて、ちょっとびっくりでした。参加者が400人も集まるというのは凄いですね。

これまでも時々紹介させていただいている、Toshi-shiさんの「足助“外様”歳時記」のページでも、この梅狩りについて紹介されていました。

○2003年6月(足助“外様”歳時記)
http://member.nifty.ne.jp/toshishi/asuke/200306.htm

梅は1Kgあたり300円で持ち帰ることできるそうです。「足助太鼓」の演奏があったことも紹介されています。盛大なイベントだったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.13

鮎漁解禁

今年は6月8日(日)が巴川の鮎漁解禁日でした。

うちのすぐ近くでも前日から川岸のテントを張って解禁日を待つ人たちが何名もいらっしゃいました。

下記ページでは、解禁日の様子を撮影した画像が紹介されています。紹介されているのは、うちより下流で、豊田市内になります。

○巴川と鮎釣り(志郎やんのホームページ)
http://www5.ocn.ne.jp/~suzuki46/tomoe.html

私は鮎釣りをしないので、それほど気にしてなかったのですが、上記ページによると、成果はいまいちのようですね。

また、下記の巴川漁協さんのホームページを見てみると、「冷水病」が心配という記述があったりします。

○巴川漁協のページ
http://www.geocities.co.jp/Outdoors/8329/

今年は、見に行くタイミングが悪かったのか、則定堰の堤魚道を元気に遡上する鮎に出会えませんでした。「冷水病」というのも関係があったりするのでしょうか?

○昨年の鮎遡上の様子
http://homepage3.nifty.com/takaki-jp/album001.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.12

郵便局にもツバメの巣


近所の郵便局に行ったら、軒先にツバメの巣がありました。

こんなところに巣を作っちゃったんですね。夜になると明るくて落ち着かないなんてことはないのでしょうか。

郵便局の職員さんたちも、こんなところに巣を作ることを許しちゃってるところが、微笑ましい気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.11

足助城の紹介記事

6月7日の中日新聞朝刊25面の「あいちの散歩道」というコーナーで「足助城」が紹介されていました。見出しは「400年前の乱世に思い」となっています。

記事にはまず、足助城について「町が1990年から3年間続けた発掘調査で、遺構や多数の陶磁器片が見つかった。柱の穴の幅などから建物の形、大きさを割り出して復元。93年に城跡公園としてオープンした。」と紹介されています。

足助城は足助町の町並みを見下ろす真弓山の山頂にあります。戦国時代の山城が忠実に再現されており、そのため質素な造りになっています。

実は、私は足助城が完成してから真弓山に登ったことがなかったりします。いつも下からは見上げてはいるんですけどね。また今度、登ってみることにします。

記事では見出しにつなげ、足助城が今川、武田、松平(徳川)氏と、名だたる戦国大名から、代わる代わる攻められたことがとりあげられています。

そして、足助城が名だたる戦国大名から狙われたのは、三河各地や尾張、信濃、美濃へ通じる道が四方に延び、古来からの交通の一大要衝だったからと紹介されています。宿場町として栄えていた時代があったことを想像できますね。


○足助城(足助町観光協会ページ)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/siro/siro.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.06

鈴木正三ゆかりの恩真寺が豊田市の史跡に

昨日の中日新聞朝刊17面に「禅僧・鈴木正三ゆかり 恩真寺の境内など 豊田市史跡に指定」という見出しの記事が掲載されていました。

鈴木正三の開いた恩真寺の境内や周辺の山林の一部を市の史跡に指定し、本年度から2年計画で、史跡内に見学用の遊歩道を設置するそうです。

鈴木正三については、下記のように紹介されています。

「正三は現在の足助町則定の武士の家に生まれ、関ヶ原の戦いにも加わったが、42歳で出家。恩真寺を開いた。島原の乱(1637年)で荒廃した九州の天草地方に赴き、復興のために尽力。勤勉に働くことの大切さを説いた「万民徳用」の思想で知られる。」

この正三の生誕地が、うちの地区なんです。こちらでは「鈴木正三史跡公園」をつくる計画になっています。足助町と豊田市とで足並みを揃えて鈴木正三関係の史跡整備を進めているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.05

カエルの子


近所の田んぼをのぞいたら、オタマジャクシがたくさんいました。

子供のころ、よく捕まえてきて育てた覚えがあります。水槽に入れて飼う場合は、成長したときに水中から出られるように、陸のかわりになるような石を入れておいてやらないとカエルになりきれないと何かの本で読んだ気がします。

しかし、オタマジャクシからカエルに変態していくのは実に不思議な感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.03

ツバメの子

うちの軒先にかけた巣で育っている、ツバメの子たちも、ずいぶんと大きくなりました。つぶらな瞳がかわいいです。

いつの間にか、羽毛も生え変わっています。巣立ちはいつになるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.06.02

歩くASIMO

昨日、子供を連れてJR名古屋タカシマヤに「鉄腕アトムの軌跡展」を見にいきました。

○鉄腕アトムの軌跡展(JR NAGOYA TAKASHIMAYA)
http://www.jr-takashimaya.co.jp/event/main.html

展示会そのものは、ちょっと漫画やアニメのマニア向けっぽい感じで、子供のうけはイマイチでした。

しかし、本年5月にタカシマヤに入社したという、ホンダの2足歩行ロボット「ASIMO」には興味津々でした。

私も「ASIMO」が歩くのを生で見るのは、はじめてでした。ほんと、よくできていますね。

「ASIMO」は以前いっしょに仕事をしていた後輩が設計に関わっていて、今年の年賀状にも「是非一度現物を見てみてください。」と書いてくれていました。これで、「本物を見ました。なかなかやりますね!」とメールを送ることでできそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納税証明申請書

先日、足助町役場で納税証明書を発行してもらいました。

役場に行く前に、足助町公式サイトにある税務課の「税証明について」というページを見てみました。

○税証明について(足助町公式サイト)
http://www.town.asuke.aichi.jp/zeimu/040103.htm

そしてらそこに、窓口申請書がPDFファイルとして置いてありました。早速これをダウンロードし、必要事項を記入したものを役場窓口に持っていきました。

たいしたことではないですが、ちょっと便利な気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年5月 | トップページ | 2003年7月 »