« 「菜の花畑の芸能祭」最終練習 | トップページ | カタクリの花がそろそろ見頃 »

2003.03.26

怒田沢(ぬたざわ)村物語

3月23日の中日新聞朝刊24面に「自分を支えた郷土に感謝 怒田沢村(現足助町)史つづる」という見出しの記事が掲載されていました。

現在は足助町の一部となっている怒田沢で生まれ育った元教師の木村さんが「怒田沢村物語」を出版されたそうです。

記事には「自分史を書くつもりで古里のことを調べているうちに“村の自分史”になってしまったという。」とあります。高齢者の方から生の声を聞き、エピソードや証言がふんだんに取り込んであるそうです。

この記事を読んでいて、今聞かなければ聞くことができないという言葉があるんだろうなと考えました。「怒田沢村物語」は限定500部の出版だそうですので、決して多くの人の手に渡るわけではないですが、「今の証言」を書き留めて残すということは大切だなと感じました。

|

« 「菜の花畑の芸能祭」最終練習 | トップページ | カタクリの花がそろそろ見頃 »

以前の足助日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/7038293

この記事へのトラックバック一覧です: 怒田沢(ぬたざわ)村物語:

« 「菜の花畑の芸能祭」最終練習 | トップページ | カタクリの花がそろそろ見頃 »