« 道路凍結 | トップページ | 燃える紅葉スペシャル2002(クチコミランキング) »

2003.01.22

成木責め(なりきぜめ)

1月16日の中日新聞朝刊16面に「果樹の実「なります」足助で「成木責」」という見出しの記事が掲載されていました。

記事では15日に「三州足助屋敷」で小正月を祝う伝統行事として、「成木責め(なりきぜめ)」などが行われたことが紹介されてます。

成木責めは、ナタを持った人が果樹に向かって「なるかならんか、ならねば首をちょんぎるぞ」と言いながら幹に切りつけるふりをするんだそうです。そして、周りの人は「なります、なります」と声を合わせて応じるそうです。その後、小豆がゆを幹に塗りつけるとのことです。

なんだか、とっても微笑ましい行事ですね。

三州足助屋敷のホームページでは、ミニイベントとして、「成木責め:実のなる木に今年もたくさん実をつけるようにさせる行事」と紹介されていますね。「させる」に下線が引いてあるのがポイントのようです。

○三州足助屋敷ホームページ
http://yashiki.town.asuke.aichi.jp/

|

« 道路凍結 | トップページ | 燃える紅葉スペシャル2002(クチコミランキング) »

以前の足助日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6074/7038037

この記事へのトラックバック一覧です: 成木責め(なりきぜめ):

« 道路凍結 | トップページ | 燃える紅葉スペシャル2002(クチコミランキング) »